* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『永遠の僕たち』

2012/06/28 23:45 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕RESTLESS (2011年)
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:ジェイソン・リュウ
ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ/加瀬亮/シュイラー・フィスク/ジェーン・アダムス/ルシア・ストラス/チン・ハン

両親を失った交通事故で、自らも臨死体験をしたイーノック。その日以来見えるようになった神風特攻隊の幽霊ヒロシとだけ心を通わせる孤独な日々だった。あることがきっかけで学校も退学になったまま、イーノックは毎日のように他人の葬式にこっそり出席して過ごしていた。そこで出会った癌患者のアナベル。余命3ヶ月である彼女は、明るく人生を受け止めようとしていた。最初はそんな彼女を拒絶しようとするイーノックだが、徐々にアナベルトの距離を縮めていき・・・。

G・V・サント監督作品にしては非常に解りやすい作品。透明感のある青春、印象的な役者のカットなどは当たり前に健在で、観客の幅がぐっと広げられた感じだ。日本人には気になる加瀬亮も、さすがに帰国子女の英語力を活かし、この監督作品ならではの存在感があって良かった。
現在日本の俳優が徐々にハリウッドに出始めているが、その英語力は・・・残念と言わざるを得ないというのが正直な観想だが、加瀬亮のこの英語力を持ってすれば・・・と思いつつ、こちらはこちらで、受けとしてはやはり・・・そのぉ、貧相・・・。いやいや!いや!なんと言うか、アメリカ受けするか?というとかなりコアな感じなのではないか?とか(笑)
イーノックの心の歪や葛藤などがストレートかつ嫌味無く描かれていて、葬儀巡りをする非常識さも繊細さにすり替えられているように感じられる。両親を亡くした心の傷にアナベルの死は重くないか!?という疑問も、ラストで見事に昇華されていた。言葉ではなく見せるあの演出も溜まりませんね。比較的曖昧にされがちな鬱憤や苦悩の爆発も結構派手にやらかしていて、イーノックという少年の全てが鮮烈に描き出される。
G・V・サント監督の、『若者』の描き方が好きだ。郷愁にも似た淡さと、瑞々しさと、繊細と狂気の狭間にある不安定さ。さて、そんな監督らしい若さを瑞々しく陰鬱に演じたのがH・ホッパー。かの名優デニス・ホッパーの子息であり、顔そっくりなかなりの二枚目。大分強引ではありますが、触れずには終われないでしょ?
スチール写真を見た時から大分可愛いと思っていたが、あれほどお父様に似ていて、それでいてやはり違う甘い感じがある。ラストの柔らかな微笑みに完全にやられましたよ。こりゃ先々が楽しみだよ!しかぁし!G・V・サント監督作品に出た若手って、実は余り伸びないのよね・・・。

永遠の僕たち コレクターズ・エディション [DVD]永遠の僕たち コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/04/25)
ヘンリー・ホッパー、ミワ・ワシコウスカ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

『ローラーガールズ・ダイアリー』

2012/05/19 22:19 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(1) | CM(0) Edit

〔米〕WHIP IT (2009年)
監督: ドリュー・バリモア
原作: ショーナ・クロス
脚本: ショーナ・クロス
エレン・ペイジ/マーシャ・ゲイ・ハーデン/クリステン・ウィグ/ドリュー・バリモア/ジュリエット・ルイス/ジミー・ファロン/ダニエル・スターン/アンドリュー・ウィルソン/イヴ/アリア・ショウカット/ゾーイ・ベル/ランドン・ピッグ/アリ・グレイナー/ユーレイラ・シール/カルロ・アルバン

17歳のブリスは、母の夢を叶えるためにいやいや美少女コンテストに出場していた。家でも母の理想を押し付けられてフラストレーションが溜まるばかり。そんな彼女は、友人と見に行ったローラー・ゲーム魅了され、新人トライアルを受けてみることにする。ゲームは素人だが、圧倒的なスピードを記録したブリスはめでたく憧れのチームに入団。気の置けない仲間も出来て、ローラー・ゲームにのめり込んでゆくブリスだったが、ついに彼女の新しい趣味が家族にばれてしまい・・・。

D・バリモアの初監督作品!ということで話題になった本作だが、世間はとかくこういう『初監督作品』には厳しい。旬の女優を起用して話題作りも万全かと思われたが、やはり全面的に好意的には受け入れられなかったようだ。ということでいささか観るのを渋っていたのだが、ようやく鑑賞する気になった。
普通に面白い、というより、さすがに映画界の中で生まれ、生きてきた人だなと思う。教科書通りと言えばそれまでだが、非常に解りやすいのではあるがポイントはしっかり押さえ、それでいてありきたりに染まらない雰囲気が出せている。実に清々しいガールズ青春映画なのだが、俗っぽ過ぎず、過去の映画の良い部分を正確に再現している感じだ。遊びは感じられないが、逸脱も無いので安心して楽しめる。
惜しむらくは、少しばかりインディー風を狙ったように思えて、その域には全く到達できていなかったところ。そこはやはり第一線で活躍してきた大衆度というか、娯楽度というか、インディーズであったことは一度も無いであろう人には、あの雰囲気は難しいだろうねぇ(笑)。
一般的に思われているD・バリモアの人柄がそのまま表れたような、あっけらかんとした大らかな楽しさが感じられる作品だった。この方も幼い頃から色々あったから・・・そういうイメージって真実だと思うわけですよ。なので、飾らない女性達の楽しさを素直に受け入れられる気がする。あざとさが無いのね、監督自ら身体張ってバトルを繰り広げてる様も笑える(笑)。
キャスティングもなかなか良くて、嫌味の無い素敵な俳優が揃っている。時々はたと気付かされるのだが、やはりC・ヴィグって綺麗なのよね、スタイルも良いし。J・ルイスが相変わらず捨て身のキャラ作りで(笑)、素敵な俳優さんだと思います。当時キラキラの旬だったE・ペイジももちろん良かったが、やはり、、、M・ゲイ・ハーデンの迫力には叶いませんわな!
女性パワー全開の本作、同じように楽しめるパワフルな女性は沢山いると思うな。

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]
(2010/12/15)
ドリュー・バリモア、エレン・ペイジ 他

商品詳細を見る

『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』

2012/02/21 22:24 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕ME AND ORSON WELLES (2008年)
監督:リチャード・リンクレイター
原作:ロバート・カプロウ
脚本:ホリー・ジェント・パルモ/ヴィンス・パルモ
ザック・エフロン/クレア・デインズ/クリスチャン・マッケイ/ベン・チャップリン/エディ・マーサン/ジェームズ・タッパー/ゾーイ・カザン/ケリー・ライリー/レオ・ビル

高校生のリチャードは、ひょんなことからオーソン・ウェルズが主宰するマーキュリー劇団の『ジュリアス・シーザー』に出演することになる。平凡な高校生だったリチャードが、初めて出会った世界。劇団員から可愛がられ、広報担当の美しいソニアに恋をした。破天荒なオーソンに振り回されながら、舞台を作り上げる世界に魅了されていくリチャードだったが、ソニアへの思いが高じてオーソンとの間に亀裂が生じてしまう。

嫌いじゃないよね、こういう映画。地味だけど、ノスタルジック漂う雰囲気にジンワリと広がる青春の痛み。なかなか綺麗な仕上がりで、その中で際立つオーソン・ウェルズの豪快さ。このアンバランスなバランス感も面白く、何となく先は読めているようで、オーソンが故に終わりまで図れない感じ。
物語の進行と同時に、絶賛を博す『ジュリアス・シーザー』の舞台が出来上がっていく様も興味深く、この舞台だけでも観たい気にさせるよね。現実の世界でも役者として熱意を注ぐ人達が、在りし日に実在したであろう同じ人々を演じる熱意が見え・・・た気がしないでもない(笑)。
一見違うようで、巧みに青春の姿の王道をきっちり描いている。年上女性への思慕、熱烈なまでの気持ち、同年代の女子との共感。無条件に尊敬する偉人、その人との間に見える醒めた現実。垣間見る大人の世界、学校とは違う魅力的な日々と一夏の輝き、大人への脱皮などが結構上手く組み込まれている。ラストもなんだか爽やかで、冒頭からコロコロと転がった物語が、リチャードの奇妙で刺激的な経験の終わりと相まって良い感じ。彼を待ち受ける未来にあって、苦いけど、唯一無二の思い出として何度も輝くんだろうなぁなんて思ったり。
『古き良き時代』という言葉の意味を知ることが出来るような雰囲気、全体の印象を端的にまとめるなら、『心地良い余韻の残る映画』かな。

僕と彼女とオーソン・ウェルズ [DVD]僕と彼女とオーソン・ウェルズ [DVD]
(2011/11/04)
ザック・エフロン、クリスチャン・マッケイ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』紹介

『闇の列車、光の旅』【たぶんネタばらしちゃてます】

2012/02/13 17:12 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔墨/米〕SIN NOMBRE (2009年)
監督:ケイリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ケイリー・ジョージ・フクナガ
エドガル・フローレス/パウリナ・ガイタン/クリスティアン・フェレール/テノッチ・ウエルタ・メヒア/ディアナ・ガルシア/ルイス・フェルナンド・ペーニャ/エクトル・ヒメネス/ヘラルド・タラセナ

ホンジュラスでギャングとして生きるカスペルは、家族はいないが仲間に守られ、弟分の少年スマイリーも仲間に引き入れ、日々を暴力と縄張り争いの中で暮らしていた。しかし中流階級の恋人を殺され、強引に移民が乗りあう列車の強盗に借り出されたとき、彼の中で何かが変わる。幼い頃父がアメリカへ行ってしまったサイラは、強制送還されて戻った父と叔父と共に、嫌々ながらアメリカへ渡ることにした。強盗のために乗り込んだ列車でサイラと出会ったカスペル。偶然から行動を共にすることになった2人は、手探りで孤独を分かち合い、共にアメリカを目指すのだった。

この映画、観るか観ないか迷いに迷って1年くらい経ったかな?なんだか急に、良質な南米の青春物が観たくなって借りてみた。結果、良かったね。派手ではないが堅実な作りで、若い役者達の青さの残る演技が瑞々しくて切なくて、それがまたこの映画の雰囲気にぴったりはまってて。
愛とか恋とかじゃないんだね、尊敬とか信頼とか、カスペルとサイラが感じたものは、なんかそういうもの。刹那的な境遇を無意識に感じ取って、最後の時をより崇高な気持ちで満たそうとしたかのよう。
ラストはあれ、、、なんだろうね。ある意味では正しいことをして逃亡する羽目になったカスペル、ほとんどの人は彼が『逃げ延びること』を単純に望んだだろうに。死ぬことなんて怖くないと言っていた彼が、最後には生きることを望んだ。望んだ影にはサイラがいて、そこには純粋な尊敬があって、きっとカスペルは『尊敬』なんてことを知らずに生きてきたんじゃないかと思うけど、そんな彼が得た人間としてより崇高な感情を、あっさり壊してしまうなんて・・・。
彼が考え無しに引き込んだ少年に繋がることで、何かしらの罰や意味が込められているのだろうけど、徹底して単純な私にしてみれば結局は自己責任なのではないかと。カスペルが責めを負う必要はないだろうと。自業自得ということか?
これまで無為に暴力に費やしてきた人生を、命を懸けて1人の女性を救うことで贖罪したということかも知れないが、まぁ、とにかく納得いかなかったのです、無駄にロマンチストだからね(笑)。
さて最後に、監督の事に触れておかなくては、私としてはもはや義務なのです。両親の仕事の都合で世界各地を転々とした経歴の持ち主というが、父親が日本人であんなに格好良く生まれつくのか!?・・・すみません、日本男子に喧嘩を売っている訳ではありません。
元モデルか?と思って色々探してみたが、それらしいショットはあるものの、本業にしていた訳でも無さそう。現在アメリカ在住というが、こうまで中南米にどっぷり浸かった作品を監督した真意はいかに?容姿ばかり調べてて、肝心なところはおろそかだった(笑)。
何にしろ、美形の上に才能もあるって、毎度思うが天は二物を与えずなんて誰が言い出したことやら・・・。今後が楽しみな監督さんです。

闇の列車、光の旅 [DVD]闇の列車、光の旅 [DVD]
(2011/02/04)
パウリーナ・ガイタン、エドガー・フロレス 他

商品詳細を見る


ぽすれん『闇の列車、光の旅』紹介

『シーズン・チケット』

2011/12/16 21:23 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔英〕PURELY BELTER (2000年)
監督:マーク・ハーマン
原作:ジョナサン・タロック
脚本:マーク・ハーマン
クリス・ベアッティ/ロイ・ハッド/グレッグ・マクレーン/チャーリー・ハードウィック/ティム・ヒーリー/トレイシー・ウィットウェル/ケヴィン・ワッテリー/ウィリー・ロス/アラン・シアラー

15歳のジュリーは学校へ行かず、親友のスーエルとだらだらと日常を生きていた。そんな彼らの大好きなものはニューカッスル・ユナイテッド。一度もスタジアムへ行ったことの無いジュリーは、スーエルと協力して夢の『シーズン・チケット』を手に入れることにした。半端仕事をして、酒もドラッグも煙草も辞めて頑張るジュリーとスーエルだが、ジュリーは放蕩親父が現れたり、姉さんが家出をしたり、母さんの具合が悪かったりで落ち着かない。彼らの夢は果たして実現できるのか!?

原作がもう、近来稀に見る・・・はオーバーだが、本当に素晴らしい作品だったし、監督がM・ハーマンだしというので期待しすぎたか・・・。DVDのレンタルもないしでただ待つしかできなかったのも、希少価値に対する欲目を増幅させる結果になったか?
ストーリーラインは確かに原作に沿っているので『忠実』と言えなくもないのだが、原作において素晴らしかった点がことごとく削られているのはこれいかに?ジュリーの苦悩や姉との絆、スーエルのひょうきんさの影に隠れた鋭利さなど、もっとずっと奥深い模様があったのに。
その上に『シーズン・チケット』というシンボルがあって、彼らがそれを得るための努力の意味や、勲章としての『シーズン・チケット』の意味などなど、単に『サッカー』を超えた含みが見事に昇華されていたあの原作・・・。
ジュリーが学校へ行かなくなったのも、スーエルとつるんでいる理由も、15歳にして人生を達観せずにはいられなかった事情も、いまいち上手く描かれていなかった。そして何より、過酷な環境の中にいて失うしかなかったはずなのに、実際は失えなかったジュリーの『子供らしさ』を描ききったあの痛烈さ・・・、惜しい、実に惜しい・・・。
なんだか単なる不良少年の物語になってしまっていたようで・・・、こういうのもおこがましいが、薄っぺらいという印象が拭えない。イギリス映画好きとして、雰囲気は最高に良かったのだけど。本作の大方の評価を見てみるとかなり高評価なので、原作に囚われ過ぎなければ良作だったのかな?

シーズンチケット [DVD]シーズンチケット [DVD]
(2011/12/09)
クリス・ベアッティ、グレッグ・マクレーン 他

商品詳細を見る

『わたしを離さないで』【大方知っているでしょうがネタばれ】

2011/11/30 21:27 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔英/米〕NEVER LET ME GO (2010年)
監督:マーク・ロマネク
原作:カズオ・イシグロ
脚本:アレックス・ガーランド
キャリー・マリガン/アンドリュー・ガーフィールド/キーラ・ナイトレイ/シャーロット・ランプリング/イゾベル・ミークル=スモール/チャーリー・ロウ/エラ・パーネル/サリー・ホーキンス/デヴィッド・スターン/ナタリー・リシャール/アンドレア・ライズブロー

ヘールシャム校で暮らす子供たちは、変わった暮らしと未来が決められていた。規律と静寂に包まれた学校では、外界との接触が完全に絶たれ、子供たちは穢れなく育っていくのだった。物静かで優等生のキャシーは、何事につけ不器用で優しいトミーに恋をする。幼い2人はお互いを頼るように近付いて行くが、思春期を迎えたころ、トミーは勝気なルースと恋人同士になってしまう。それでも離れることができない3人は、18歳になるとヘールシャムを出て別の施設に移される。そこで彼らは、来るべき運命を受け入れることになるのだが・・・。

K・イシグロの作品は短編しか読んだことがないのだが、映画という形で知ることができれば良いかな?という感じだった。つまらないとかくだらないとかではなく、私には重過ぎる雰囲気。
と言うわけで原作は未読なのだが、映画化としては良くできていたのでは無いかな?原作のファンの方はまた違う感想なのかも知れないが、個人的には作品の意図も汲み取れたし、おそらくは小説特有の深い内面描写や、そうした感覚や思考によって動いていく曖昧とした物語も良く表現できていたと思う。
現代でもまだその道徳観に関して議論されているクローンだが、本作では一般的な道徳観を通り越して、クローンの側からの道徳観を語る。脳死に至った人々の臓器を活かす移植や、不死に挑戦する人間の愚かさなど、ある意味で人間として生きることに対する問題を秘めながらも、若者達の刹那的な恋愛というライトなテーマで包括している構成はさすがだなと言う感じ。
主人公たちに感情移入するから、彼の運命に抗いたい気持ちは当然なのだが、見終わって一歩引いてみて、環境が生み出す人間の個性や常識についてつくづく考えた。死に至る運命を甘んじて受け止め、その運命以外で生きることを追い求めたキャシー達の決断や選択が理解でき、なんかまぁ、結論としてはとんでもなく色々なことを考えたよね。
彼らはなぜ逃げなかったのか?とか、クローンに魂はあるの?とか、見ず知らずの他人に奪われる人生を受け止めてしまえる時点で、やはり魂は無かったのじゃないか?とか。それともこの物語は、定められた時間の中で、人はいかにしてその生を全うするのか?という普遍的なものだったのか?どのように死ぬかではなく、どのように生きるのか?そして、ただ1人の人を愛する美しさ、友情が人生に与える影響・・・とかね。
まぁ色々と悩ましい内容の作品だったが、A・ガーフィールドがすこぶる可愛いという歴然とした事実だけは揺らぐことが無かったわね・・・(失礼!)

わたしを離さないで [DVD]わたしを離さないで [DVD]
(2011/09/28)
キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド 他

商品詳細を見る


ぽすれん『わたしを離さないで』紹介

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。