* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 ぼくらは小さな逃亡者』

2013/02/06 22:29 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(0) Edit

アレックス・シアラー著/奥野 節子・佐々木 ひとみ訳/ダイヤモンド社
退屈な冬休み、デーヴィとマイクの楽しみは、貯めたお小遣いで買った花火をやること。爆弾花火を無人のビルに投げ込んでみたら、なんとそのビルが爆発を起こしてしまった!たかが花火のはずが大事件になってパニックを起こした2人は偶然通りかかったヴァンに乗ったカップルに助けられる。山小屋で休暇を過ごす予定のカップルは、暫く身を隠すようにデーヴィとマイクを諭し、4人はまるで家族のように数日を過ごすのだが・・・?

シアラーおじさんにはいつも癒される。癒されると同時に、時々なにか、心のどこかにちょっとした痛みが残る。でも個人的には、そんな作品の方が好き。だって、大人ですもの!(笑)。
本作もまさにそんな感じ。大人たちが抱える、冷酷で血の流れる絶えない諍いと、子供たちが抱える、不出来な親の切ない問題。どちらにとっても重要なことなのだろうが、子供たちは純粋な包容力で全てを乗り越えようとする。そんなシアラーおじさんの優しい目線が、だから余計に切なさを増すのねぇ。
ラストは予想したよりキリっと痛みがあって、自然の雄大さがもうほとんど詩的な感じで迫ってくる。当たり前なのだけど、文才の研ぎ澄まされた作家なのだと改めて実感させてくれる。いつか、いつでも良いから、1冊で良いから、大人向けの物語を書いてくれないかなぁなんて、またしても叶わぬ思いが込み上げた。
少年たちが大人になって、幼い頃の柔軟さや優しさは失われてしまったのかも知れないが、彼らの中に残った『何か』が、最後にそれとなく示される。それは山小屋での楽しかった一時か、命をかけてくれたことへの尽きない感謝なのか、大人の事情を知ったからか?
限りない優しさと、現実の厳しさを融合させた作風。稀有な作家シアラーおじさんの真骨頂を感じられる作品ではないかな?
ぼくらは小さな逃亡者ぼくらは小さな逃亡者
(2007/06/01)
アレックス シアラー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

『ぼくの見つけた絶対値』

2012/11/01 08:11 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(0) Edit

キャスリン・アースキン 著/代田 亜香子 訳/作品社
数学者者で技術者でもある『天才』のパパは、息子の事なんてほとんど考えていないのに、彼の将来だけは自分の跡を継ぐと決めてしまっているらしい。ママが亡くなってからしっちゃかめっちゃかの家で、生活能力ゼロのパパの代わりに主婦のように頑張ってきた。それなのに、パパは夏の間ルーマニアに研究に行ってしまい、残ったマイクは遠い田舎の遠い親戚、80歳過ぎのポピーとモーに預けられてしまう。辿りついた田舎町は面白変な人がたくさんで、なんと町をあげてルーマニアから養子を取ろうと計画していた。必要な費用は4万ドル!残された時間はあと僅か。マイクは皆と協力して、養子縁組計画を実現させようと奔走する。

『金原瑞人選オールタイム・ベストYA』とかいう、なんとも嬉し過ぎるシリーズが刊行されている。私の金原氏贔屓は何度もblogに書いてはいるが、あえて改めて言わせて頂こう、金原氏の推薦に間違いは無い、もしも間違いがあったなら、むしろ私の方から謝罪して差し上げよう!
と言うことで、常日頃から『金原瑞人訳』と書いてあれば迷うことなくご購入している私としては、なんとも頼もしいシリーズ。本当にこれまで一度も裏切られたことは無く、むしろ『まぁ、普通だな』と思う作品すらなかったりする。大抵は『最上級』なのだ。
本作は、翻訳こそ違え(もちろん代田氏の翻訳も名訳揃いです)、『ヤングアダルト作品とはかくあるべき』というべき要素が頭から尻尾の先までずっしり詰まった作品だった。無駄と思える文章がほとんどない、くらい私は言っちゃう。
全編を通して貫かれるのは、マイクがぶつけることができない父親への不満・・・や不安か?。マイクが訪れた一夏の田舎には、『まるでパパ』のような大人達がたくさん。マイクは養子縁組計画の責任者にされてしまうが、本人も悪い気はしない。それにパパと違って、彼らはマイクを『奇跡』とまで呼んでくれる。
マイクの鬱憤や怒りの矛先が上手い具合に枝分かれして表現されていくのだけど、それでも解りやすく、分散することで弱まりもせず、それぞれのディティールに融合されて上手い具合に昇華されていく。
とにかくキャラクターが素敵、まさに『愛すべき』奇人変人・・・は言い過ぎかも知れないが(笑)、魅力溢れる人々が紙面狭しと活躍する。ボノの瞳をもった不思議な浮浪者パスト、シャイなパンク少女で銀行の副支配人のグラディス、仕事は意外と真面目な3馬鹿大将、さらには通りすがりの警官までもが物語を彩っていく。
何より、マイクの大伯母モーが最高に愛らしい。困惑するとフードの紐をキュっと引っ張る癖、泣きたくなるなると掃除機をかける健気さ。勝手に色々な言葉を作ってしまう困ったところも全て素敵。親友ティローンとのエピソードは大いに貰い泣きをしたけれど、まさに地域全体のおっかさんと言った大らかな優しさには終始癒されっ放しだった。
痛快な養子縁組計画の流れの中で、喪失の痛みや孤独、悲しみを乗り越えるそれぞれの姿、そして再生と言った重要な要素が巧みに絡んでいく。特にポピーの喪失と再生は一筋縄ではいかなくて、ある意味ではマイクと対照的な、でも同じくらい切ない関係と別離が描かれている。ポピーに対するマイクの態度もハラハラさせるもので、結果的にマイクの少年らしい優しさと率直さと意地悪さ(笑)が、頑固なポピーを救っていく。
そうした要素が絡まりあって突き進んで行く割りに、ラストは割りとあっけなくて、そうしたところも、今時の親子関係にシンクロしているのかな?などと思ったり。でも十分感動できる仕上がりですけどね。
YAは割合と多いけど、いつも以上に一気読み必至の良作だった。

ぼくの見つけた絶対値 (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)ぼくの見つけた絶対値 (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)
(2012/07/21)
キャスリン・アースキン

商品詳細を見る

『怪物はささやく』

2012/06/18 22:01 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(1) | CM(0) Edit

パトリック・ネス 著・シヴォーン・ダウド 原案/ジム・ケイ イラスト/池田 真紀子 訳/あすなろ書房
13歳のコナーは、両親が離婚してから母さんと2人暮らしだった。父さんは新しい若い奥さんとアメリカに行き、新しい子供が出来てから疎遠になっている。それでも幸せに過ごしていたはずだったのに、母さんが重病になって全てが変わってしまった。学校でも孤独を感じ、毎晩のように悪夢にうなされるコナーの元へ、窓から見えるイチイの木が怪物に変身して現れるようになった。怪物はコナーに3つの物語を聞かせるという、その話が終わったとき、今度はコナーが物語る番なのだと。果たしてコナーは、『何か』を語って怪物を満足させられるのか?万物を癒せると言われるイチイの木に姿を変えた怪物は、何のために現れたのか?

原案S・ダウドと聞けば、これは読む義務があると感じる。前作『ボグチャイルド』は今でも、片鱗を思い出すだけで感動を追体験できるくらいだ。この名著に対する我が感想文を読み返してみても、いかに熱い思いを感じていたかがわかる、少し気恥ずかしいくらいだ(笑)。
S・ダウドは原案だけだと言うし、果たしでどのくらいまでプロットが固まっていたのか疑問だが(登場人物とおおよその筋は決まっていたとは紹介されていた)、死と再生を描いたこの物語を、自らが乳がんに侵されつつ、どういう心理的過程を経て組み立てたのか?時期はいつ頃だったのか?予言的なものか、何らかのメッセージなのか?とにかく、裏を想像せずして読みきれない内容だった。
かつて70歳を超えた母が祖父母の介護をしていた時、『もう早く死んで貰ってもいいのよ・・・』と漏らしたことがある。70歳を超えた母の年齢を考えれば、冷酷に感じるその言葉も理解出来た。
後十何年かしたら、私も母と同じように、その母の面倒を見ることになるだろう。そうなったとき、同じようには考えないと言い切れない自分に少々うんざりもした。
だから本作の含みも、メッセージも、コナーの気持ちも、全て良くわかる。だからこそ、じっとコナーを抱きしめて、苦しまなくて良いんだよと言ってあげたい。彼の感じたことは、人間なら備わっている、一種の心の防衛本能なのだからと。
コナーが感じた孤独、恐怖、悲しみ、自己嫌悪、少年が抱え込むには余りにシビアな感情だが、そこから生まれたのか、果たして現実だったのか?現れた怪物が語る物語はどれも理不尽で理解が難しい。
人生に横たわる計り知れないグレーゾーンに翻弄されたその先に、コナーはシンプルな解決法を見出す。いや~、泣いたわ、コナーの気持ちが切なくて、過ぎ去っていく儚いけれど濃密な瞬間が愛おしくて。
コナーも含めて、おばあちゃんも、お父さんも、もちろん学校の子供達も、誰もが当たり前に自分勝手で、当然のごとく、一般人はマザー・テレサではないと思わせる。その辺の描写がさり気なくもリアルで、そのリアルさが鈍らの刀のようにジワジワと切りつけてくる感じがした。鋭利ではないけれど、確実に痛みを与えるような。
何だか、こんなにも痛みを与える物語が児童書で良いのか?と思ったり、いやいや、だからこそ、本当の苦しみを持っている子には救いになるのではないか?と思ったり、感受性豊かな子供のほうが、この物語の真髄を本能で理解できるのではないか?などと思ったり。
それでもって、S・ダウドは自らの消え行く命を思いつつ、冷静に周囲を観察してこのプロットを組み立てたのか?と思ったりすると、改めて、なんて、なんて逸材が早々にこの世を去ったものかと悔しい思い。
そして、その意志を継ぐことを任されたP・ネスという作家。このアイリッシュバリバリの名前に食指が動かぬはずは無く、その輝かしい経歴を知るに至っては、見事に本作を走り出させてくれた、バトンを渡してくれた力量に期待せずにはいられない。「パトリック・ネス」で検索してみたところ・・・あった!!!新刊発売中、SFか!?

怪物はささやく怪物はささやく
(2011/11/07)
パトリック ネス

商品詳細を見る

『ダンデライオン』

2012/05/19 21:51 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(1) | CM(0) Edit

メルヴィン・バージェス 著/池田 真紀子 訳/東京創元社
14歳のタールは、父の暴力に耐えかねて家出をした。その恋人で同い年のジェンマは、両親の監視から逃れるために家出をした。都会で落ち合った幼い2人は、アナーキスト達が開放する空き家で暮らし、自由や安全を謳歌すると共に、次第にドラッグに溺れて行った。数年の好き放題の暮らしの末、ジャンキーに成り下がった2人。それでも理想を持ち続けた彼らの行く末は、破滅の淵か、再生への道なのか?

私個人としては、この作品を爽やかな青春小説だとか、感動的な再生の物語だとかは受け取れない。ジェンマは最初から最後まで救い難いし、最初は同情したタールも、次第に単なる腑抜けに感じられてきた。
本作と『トレインスポッティング』を比較する方が多いようだが、あの同調不能の狂気の中に隠された良く練られた物語、友情や恋などが絡むドラマなど、本作とは全く毛色が違うと思う。
つまらなかったわけではないが、ただ余りにもリアルだったのではないか?と思う。私は知り合いにジャンキーなどいないので実態は解らないが、著者が冒頭で表したように、実体験に基づく真実を描いたが故の救いの無さ、なのではないか?と。物語があるようで、実はない。そう感じてしまったのだ。
物語中頃までは、ジェンマの身勝手な保身が余りに子供らしくて苦笑いしつつ、若干イライラさせられつつ、しかしタールの健気な心情にやきもきしたり、それなりに楽しめた。登場人物それぞれの語りが入れ替わる手法で描かれているのだが、そうしたジェンマの身勝手さを見るタールだとか、それぞれの視点に立った目線の違いを感じる面白さ・・・には余り活かされていなかった。
どこまでも身勝手にドラッグに落ちていく若者。単に弱いだけなのに、それに理屈を付けて自分を正当化する様は滑稽すら通り越してしまう。その先にあるのが怒りなのか何なのかわからないまま読み進め、あのなんとも言えないラストで虚脱。
結局のところ、あの虚脱感を表したかったのか?だとしたら、ヤングアダルトに分類するのは間違いだろうな。タールとジェンマの生活に憧れる子供達は残念ながらたくさんいそうだし、ラストのあの虚無感を感じ取って恐怖を覚える子供は少なそうだ。
ラスト、この物語の最後に見出せるのは若者の希望か、それとも悪循環なのか?物語としては希望だと思いたいのだが、現実は?きっと多くの悪循環で満ちているんだろうなぁ・・・などと少し虚しくなった。ある意味で、奇麗事ではない若者の姿。色々な意味で多感な青春の時期を描いている作家の、また別の一面を見た気持ちになった。

ダンデライオンダンデライオン
(2000/02)
メルヴィン バージェス

商品詳細を見る

『テリーの恋』

2011/12/16 21:11 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(0) Edit

アラン・ギボンズ著/金原 瑞人・田中 亜希子 訳/主婦と生活社
テリーはちょっと貧弱で赤毛の15歳。少し奥手だけど、そんな自分の性格もジュリーと出会うまでもそれほど問題じゃなかった。美しい転校生ジュリーに一目惚れしたテリーだが、彼の恋路は強力な壁に阻まれる。それは、マンUファンのテリーに対してジュリーが宿敵リバプールのファンだと言うこと。それだけでも十分過酷なのに、なんと父さんが家を出てしまった。幸せだと思っていた家庭は崩壊しつつあり、愛しのジュリーへの思いは空回りしてばかり。15歳テリー、マンUと共に勝利は掴めるのか?

正直なところ、読まなければ良かった・・・と思う。あのラストは・・・、というか、あのラストのおかげで、この物語全体がどうなんだろう・・・?という印象に。後書きによると続編があるそうなのだが、全体的にその続編の長いプロローグのような感じ。それなりの帰結はあったのだが、問題定義だけで終わってしまった感じは否めない。
15歳という微妙な年齢のテリーは、子供らしくもあり、大人になろうとしている姿ありで共感を呼べるのだが、前半としてとりあえず結びを作ったと言う感じで、テリーの心の動きがなんとなく不自然に感じた。
続編に本作の完結すべき事柄が詰め込まれていることを予測させ、それが読めればなかなかに面白い連作だと思えそうだが、無理そうなのでなんとも・・・。お父さんはどうなっちゃうの?テリーはどうなっちゃうの?という疑問符を大量に残していくので釈然としないのだ。
マンUに対する深い愛情、ひいてはフットボールに対する思い入れの深さは非常に良く伝わってきて、そうした展開は面白いと思った。シーズンの始まりと共に始まったテリーの恋は、宿敵との対戦にて一旦幕を閉じる。その間、愛するマンUの勝敗と共に浮き沈みしていくテリーの日常は微笑ましかったのだが。
15歳ならではの安直な恋愛感も、なにやら身に覚えがあるようでなんとなしに気恥ずかしい。『あの頃は可愛かったよねぇ~・・・』と片付けてしまえそうだが、テリー君はもう少し反省しましょうね(笑)。
作風はコミカルでリズム感も良く楽しめるのだが、最後の最後で『前編だけを読まされた』という感覚が残ってしまう。是非とも続編の翻訳を期待したいところだが、時間が経ち過ぎているし難しいのだろうな・・・。

テリーの恋テリーの恋
(2003/04)
アラン ギボンズ

商品詳細を見る

『13ヵ月と13週と13日と満月の』

2011/11/16 22:01 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(0) Edit

アレックス・シアラー著/金原 瑞人 訳/求竜堂
カーリーは12歳の女の子、赤毛でちょっと太っているけれど、いつかは綺麗な女性になると信じている。友達はいるけど、親友はまだいない。転校してきたメレディスは、両親が事故で亡くなったためにおばあさんのグレースと暮らしている。彼女なら親友になってくれるかもと期待したが、メレディスには意外な秘密があった。魔女のグレースに騙されて、老人の身体と取り替えられてしまったという。要するに、メレディスの中身は魔女で年寄り、本当のメレディスはおばあさんのグレースだったのだ。メレディスの身体を取り戻そうと決心したカーリーは、おばあさんのグレースと取替え計画を練るのだが・・・?

全く毎回毎回、どうしてこうも全く違う面白い話を思い付くんだろう?と不思議で仕方が無い。と思っていたら、本作の後書きに作者が本作のプロットを思いついたエピソードを披露していた。なんて些細なことだろう、ほんの小さな少女達との街中での擦違いを、これほど面白い話にしてしまうとはなんたること!流石シアラーおじさん、100年に・・・とは言わないが、50年に1人の逸材、なんとも素晴らしい。
シアラーおじさんの凄いところは、物語が奇想天外ですこぶる面白い上に、混乱しない程度に入り組んでいて、最もだけど説教臭くなく、大人でも感じ入ってしまうような教訓がある。なんて愛すべき作品たちなんでしょう。
今回は、赤毛で太目で賑やかなカーリーが、親友探しの冒険をする。しかも相手は邪悪な魔女。12歳の軽やかな少女は、85歳の老人の身体に押し込められてしまうのだ。歩くことも困難で、時々物覚えも悪くなる。本当の老人ならそれまで生きてきた思い出や経験があって、それなりに満足した老人でいられるはずだが、僅か12歳の老人には思い出もなければ人生の未練もたっぷりある。
児童小説なので主人公が子供なのは当たり前なのだが、これが私くらいの年齢なら・・・もう良いか、85歳でも・・・なんて思ってしまいそう・・・。12歳だから挑戦できた心がまだ軽やかだから、魔女に挑戦することが出来たのだろう。
今回は単純に、物語はこれで終わりか?と思った出来事の先にもっと大きな展開がやってくる。比較的安心して読める作品ばかりなので、なるほどそうきたか!と思ってみたり。あのまま終わっても十分面白かったと思うが、この一捻りが作品の面白味を格段に上げている。
この作品を読んで子供たちは何を思うだろう?自分は若くて良かったと思うだろうか。お年寄りに親切にしようと思うだろうか。人生を充実して生きようと思うだろうか。当たり前の毎日など無いと思うだろうか。毎回言っているようだが、こういう作品を読んだ青少年には、大人以上に色々感じ取って貰いたいものです。

13ヵ月と13週と13日と満月の夜13ヵ月と13週と13日と満月の夜
(2003/05)
アレックス シアラー

商品詳細を見る

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。