* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヰタ・セクスアリス』

2012/08/15 18:48 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

森 鴎外 著/新潮文庫
哲学講師となった金井湛は、職業柄何か書いてみようと考える。考えて、自らの性欲の歴史を書こうと思い立つ。幼少の頃の絵草紙の思い出や、家を出て寄宿舎へ入った頃の事。年は上だが2人の友人と同盟を作り、これと言って派手さの無い女遊びや、強引に連れられて言った吉原のこと。自身にとって恋愛が与える感情を冷静に見つめ、青年期に感じた交々の事を書き綴る。

言文一致の流れが出た頃の作品を読んでみたくて、だとしたらやはり森鴎外かなぁ?という思考。雑誌丸ごと発禁処分とまで言うから、果たしていかなる?と少々ドキドキ(笑)しながら読み始めたのだが、何のことは無い・・・。日本ってやはり初心な国だったのねぇ(笑)。
いずれにしろ、恋愛に上手く馴染めない男の話だ。文章運びも硬く無く、やはり面白いと感じる。日本文学初心者としては、前例の太宰治と比べてしまうが、作者の人となりも大きく違うため、似たような題材を含んでいても全く毛色が違う。
当たり前と言えばそうなのだが、個人的には甲乙付け難し。鬱憤とした内面に深く切り込んでいく、例えるなら身体にまとわりついて網膜すら覆ってしまう霧のような太宰の作品に比べると、大分ドライで整然とした印象だ。正に回顧録といった趣が当てはまるのだが、今にして読む面白さには満ちている。
文章から浮かび上がる開発前の浅草や上野周辺の活気、穏やかだがそれなりに大変な市井の人々の暮らしぶりがまざまざと伝わってくる。特に華美な文章でもないのだが、まるで当時の記録映像でも眺めているような気にさせるのが不思議だ。それだけ、当時の息吹を明確に伝える筆致だと言えるのだろう。
特に面白いと感じたのはやはり言葉の使い方で、『硬派と難破』の由来というか、この頃の若者特有の歪みなのかも知れないが、使い方が今とまるきり違って驚いた。
金井くんの平凡で特に苦労も無い人生の、幼少期から青年期までを描いている。先に上げた硬派な男の存在など、意外に日本も、中世ローマ的な奔放さもあったのね(笑)などと楽しみつつ、物語の面白も然ることながら、現在に至っては資料的面白さも十分と思われる。

ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)
(1993/06)
森 鴎外

商品詳細を見る
スポンサーサイト

『トーイン クアルンゲの牛捕り』

2012/03/18 22:04 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

キアラン・カーソン 著/栩木 伸明 訳/東京創元社
古代アイルランド、コナハトの女王メーヴと王アリルが寝床にて、どちらの財産が多いのかと語り合った。双方の財産を比べたところ、アリル側にはフィンヴェナハという白い角持つ立派な雄牛がいた。何としてもアリルに勝ちたいメーヴは、アルスター地方にいるドン・クアルンゲという褐色の雄牛を手に入れようと決めた。早速使者が送られたが物別れに終わり、メーヴはアイルランド中の勇士を募って北のアルスターに戦を挑んでいく。しかしアルスター国では呪いによって男達が倒れ、唯一呪いを免れた若干17歳で伝説の英雄クー・フリンが迫るアリルの軍隊を迎え撃つ。

とまぁ、↑のような内容の物語だが、正直、物語そのものには大した意味は無い。姑息な手段を弄するメーヴに対して、伝説では半神半人とも言われるアイルランドの英雄、クー・フリンが孤軍奮闘する、要するにただそれだけだ。笑ってしまうぐらい人がバッタバッタと殺される、一辺倒なくらいに殺されていく。
ただし、資料的価値、その試みに対する議論においてはかなりの意味がある。古代アイルランド語を英語に訳するという試みは、著者の解説によると過去余り無かったらしい。しかも、アイルランド文化の研究家であり著名な詩人でもあるちょっと変わったおじさんとも言われるキアラン・カーソンが手がけたと言うから、今後研究対象に上げる人も出てくるだろう。
で、その英訳を、日本語に訳した重訳ということ。こんなにもレアな書物を翻訳出版するなんて、嬉しいと同時に、もう少し大衆的な本は翻訳されないのに?などと捻くれた事を考えてしまう(笑)。
私にしてみれば、これまで正に『伝説の』英雄だったクー・フリンの実態を掴めた気分、ただそれだけで嬉しい。本作はまさに『語り』を想像しながら楽しむべき『昔話』であり、稀代の語り部とも言えるキアラン・カーソンが語り直した伝説に他ならない。
単なる殺し合い、などと書いてしまったが、親友フェル・ディアズとの対決はなかなか読ませて、義のために闘い、親友を討ち取るまでの葛藤やその後のクー・フリンの人間的な苦悩する様などは詩的な情景が脳裏に浮かぶ。この辺り、さすがにキアラン・カーソンの筆致が活きたか?という感じだ。
こう言っては何だが、元来いささか、大雑把にして細かいことを気にしない・・・的な?アイリッシュのこと、古代の文献がそもそも読解可能な状態で残っていると予測する方が無理な話。しかし、グリム童話すら『アイルランドの昔話』にすり替えてしてしまうずーずーしさと語りの文化から、幾多のクー・フリン伝説があってしかるべきなのだ。
そんな中で残ったクー・フリン像とすれば、まず何は無くとも美丈夫、まばゆいばかりの美しさだったらしい。そしてひとたび戦となると、野獣の如き残忍さを見せ、本人もその残忍さに抗えない恍惚感を感じていたらしい。戦っていないときは陽気で朗らか、なかなか悪戯好きなタイプだった、らしい。
いつの世でも愛される要素を存分に持った男な訳だが、アイルランドでは知らぬ人はいないほどの英雄だ。しかも北方面なので、かつての内戦なども様々絡め、とかく引き合いに出される英雄なんである。ついでに言うと、メーヴ女王やコンホヴァル辺りもかなり有名な伝説上の人物。これでセント・パトリックなんかもカメオ出演すれば、メジャー級オンパレードだ(笑)。
さてさて、現在本作を土台とした映画が制作段階・・・らしい。本作の出版に合わせた話では無いと思うが、考えればこれまで映画化されなかったのが不思議なくらいの題材。
気になるクー・フリンはマイケル・ファスベンダーに決定しそうなのだが、個人的には断然ジョナサン・リース・マイヤーズを。でなければ年相応の新星を期待する。コンホヴァルはリーアム・ニーソンで。まぁもちろん、ブレンダン・グリーソンも何かの王様役で。当然ジェームズ・ネスビッだってアルスター軍の役で何かしら。私が知っているアイリッシュの美人女優はいささか古いので、メーヴ役が思いつかない。。。何だったらニコール・キッドマンで、ああ、似合いすぎる・・・。
などなど、楽しい想像を膨らませながら、あっと言う間の読了だった。フェル・ディアズの役者が思いつかなくて・・・・。

トーイン クアルンゲの牛捕り (海外文学セレクション)トーイン クアルンゲの牛捕り (海外文学セレクション)
(2011/12/21)
キアラン・カーソン

商品詳細を見る

『外套・鼻』

2012/02/07 21:33 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

ニコライ・ゴーゴリ著/平井 肇 訳/岩波文庫
『外套』
生真面目で人付き合いの苦手なアカーキイ・アカーキエウィッチは、それまでの人生つましく暮らして来た。しかしある年の冬、それまで着古してきた外套がとうとう駄目になってしまった。そこで一大決心をして高価な外套を新調したところ、彼の中の慎ましさに対する価値観までもを揺るがす変化をもたらし、それが思いもよらない結果を招くことに・・・。
『鼻』
イワン・ヤーコウレヴィチという理髪師は、朝食の席で、パンの中から常連客である八等官のコワリョフの鼻を見つける。怖くなったイワンはこっそり川へ捨ててしまうが、鼻をなくしたコワリョフは堪らない。上手いこと顔を隠して街中を探すと、なんと自分の鼻が自分より高い身分で偉そうに歩いているところと出くわした!

ようやく、ようやく初ゴーゴリ。古典の中ではロシア文学が一番好きだと思えるのだが、大御所の作品はほとんど読んだことが無いのが実情。若い頃に色々かじっただけに、読んでもいないのに『いまさら・・・』などと偉そうなことを考えてしまう。
さて、そんな中でも長らく気になってきたゴーゴリを、既に翻訳すら古典として価値を持っている名訳で楽しめるなんて、岩波文庫さまさまなんである。名訳として親しまれるだけあって、なんとも軽妙で面白い。確かに古さはあるのだが、今読んでも格段の違和感を感じないのは、元の文章の斬新さや訳者の力量なのだろうか?
物語は不思議な魅力で包み込んでくれたダニイル・ハルムスの不条理さに繋がるものを感じたが、ハルムスがゴーゴリに繋がっていると言うべきなのかな。『外套』はシリアスな重みのある作品なのかと思ったら、ラストに向けて意外な展開が。一気に不条理感が増し、狐につままれたような読後感をたっぷり味わえる。考えようと思えば色々追求できそうな気もするが、なんかもう良いやぁと(笑)。アカーキイ・アカーキエウィッチは外套を取り戻したんだから良いや!と(笑)。
実は『鼻』の方が読みたくて長らく気にしていたのだが、こちらの方が更なる不条理感に満ちている。何しろ鼻が出世しちゃうのだ、持ち主より偉いのだ。それとなく『鼻』の容姿は説明されているのだが、その全貌全く掴めず(笑う)。『なぜ、どうして』を度外したした鼻とコワリョフの邂逅、この設定を押し通せる力技が素晴らしい。
古から伝えられてきた民間伝承のような趣の2作品だと思う。書かれた当初から、既に淘汰され勝ち残ってきた風格があったのではないかと想像する。結局のところ研究対象としてもロシアの歴史に照らし合わせて見ても色々な価値のある作品なのだと思うが、私は良いや、単純にこの世界感を楽しませて貰ったので満足(笑)。

外套・鼻 (岩波文庫)外套・鼻 (岩波文庫)
(2006/02/16)
ゴーゴリ

商品詳細を見る

『説きふせられて』

2011/10/14 23:10 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

ジェーン・オースティン著/富田 彬 訳/岩波文庫
19歳の多感な時期に将来を誓った男性がいたアン、しかし当時海軍士官だった彼の将来性を考えて、身内からやんわりと、だが強靭な反発にあう。聡明ではあるが大人しく従順なアンはその意見を聞き入れ、婚約を解消してしまう。それ以来目ぼしい縁談も無く27歳となったアンは、思いがけずかつての婚約者と再会することとなる。いまや大佐となったウェントワースは、アンの父エリオット卿の住まいであるケリンチ邸を借りたクロフト提督の義理弟だったのだ。動揺するアンであったが、かつての自らの仕打ちを考え、遠巻きにウェントワース大佐のことを見守る決心をするのだった・・・。

ああ、癒される。J・オースティン最後の作として死後に出版された本作。老い・・・というのではないが、より磨きのかかったような穏やかな筆致は、円熟の余裕すら感じられる。自らの美しい容貌を崇拝し、地位や名誉に固執する父や姉、奔放で我侭な妹、陽気だが地味でつまらない親族、ずる賢い未亡人、主人公を崇拝するこれまた目立たない青年。一見粗野だが快活な魅力のある恋敵、お人良し過ぎて滑稽ですらある牧師、平民すれすれのその家族、お相手ウェントワース大佐を取り巻く聡明で心優しい人々、アンを悩ます悪漢?貴族などなど、メロドラマのおなじみ要素が満載だ。
古臭いメロドラマと言えばそれまでだが、これほど古さを感じさせず、むしろそれを楽しめ、王道のメロドラマを素晴らしい人間ドラマに変化させる筆致はまさに天才芸・・・芸ってのもまぁ、失礼か(笑)。落ち着く先は分かっていながら、アンの控えめさにイライラし、ウェントワース大佐の偏屈さにもイライラし(笑)、穏やかな時間の流れの中に巧みに組み込まれていくドラマにもう夢中。
J・オースティンの全作品を読んだわけではないが、若い恋の顛末を描いた他作品に比べると、若い恋は一度破綻し、それを立て直していく大人の対応というものがじっくりと描かれている点が面白いと思った。大抵の作品の特徴として、主人公は若くとも聡明で思慮分別に長けた模範的な女性ではあるのだが、今回は特に年月というものに、物語やキャラクター造詣の要素が絡んでいる。
理想のお相手であるウェントワース大佐がいささか早計で、戦時においては立派な仕官なのだろうが、平時ではちょっぴり頼りない、良く言えば人間臭いところも違いが感じられて面白かった。何しろ大抵は、こちらも思慮分別のある理想的な男性像が描かれるがゆえ。このウェントワース大佐、『マンスフィールド・パーク』のエドモンドに近いところがあるような?と思ったら、両方とも後期の作品に当たるのね・・・なんだか納得。
アンの謙虚さや、その割にはウェントワース大佐に対するなんとは無しの自信などがいささか鼻についたのではあるが(笑)。結局のところやはり、200年余りも昔に書かれた巧みな恋愛小説にどっぷりはまっり、午後の紅茶でも香って来そうな良質な時間を過ごせたのでした♪

説きふせられて (岩波文庫)説きふせられて (岩波文庫)
(1998/10/16)
ジェーン オースティン

商品詳細を見る

『狼女物語 美しくも妖しい短編傑作選』

2011/06/20 23:51 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

G・マクドナルド著他/ウェルズ 恵子 編/大貫 昌子 訳/工作舎
『イーナ』マンリー・バニスター著
『白マントの女』クレメンス・ハウスマン著
『向こう岸の青い花』エリック・ステンボック著
『コストプチンの白狼』ギルバート・キャンベル著
『狼娘の島』ジョージ・マクドナルド著
『狼女物語』キャサリン・クロウ著

悲哀漂う狼男の物語とは違い、妖艶で猟奇的な印象すらある『狼女の物語』。吹雪のよるに現れる美しい女性、その美を武器にして領主の心を奪うその正体は?孤島で出会った不思議な母娘。一晩の宿を求めt学生の不思議な体験。計算高く、気高く、孤高の狼女の物語を集めた作品集。

想像したより古典寄りの作品集で結構面白かった。ただ、編者が求める狼女の理想像が偏っていたのか、狼女の物語は系統的に似ているものが多いのか?比較的読後の印象が偏っていた気がする。唯一漠然と狼女の姿を描き、悲壮感の中に孤高の気高さと悲哀を感じさせた『狼娘の島』が、印象が違って面白かった。霧の向こうにぼんやりと見えるスコットランドの孤島がはっきりと脳裏に描けるような感じも好み。
似たような中からベストを選ぶとするなら、『イーナ』かな。全編の中でも短いほうだが、狼女の個性が際立っていて、台詞はほとんど無いが迫力のある情景描写が物語を濃縮しているように感じられた。野生と人間性の混乱や共存を巧みに描いていた点も良かったが、根本に野性的な愛がくっきりと描かれていたのも面白さを感じた点だ。
全編を通して共通する点は多かったが、中でも強く感じたのは、前面に押し出された『女』という感じ。こりゃかなりフェミニスト小説だよね・・・なんて思ったり(笑)。男性優位だった100年、200年前、文字通り男性を喰い、性の魅力を最大限に活かし独力で生きる狼女の物語を、当時の女性達はどのように受け止めて読んでいたのだろうか?そして男性はどのように受け止めたのだろうか?その辺もちょっと気になったりして。まぁ、それほど古く無い作品も混じっているのだが。
個人的にはもう少し幻想的な展開を期待していたのだが、まるで鎧のように『女の自我』がまとわれているような印象が強くて、十分に幻想的な展開もその雰囲気が半減されて感じられたのかも知れない。どことなく感じる娯楽以外の闘争心。もう少し柔らかい作品のほうがより楽しめたかな?という気はする。

狼女物語?美しくも妖しい短編傑作選狼女物語?美しくも妖しい短編傑作選
(2011/03/21)
マンリー・バニスター、クレメンス・ハウスマン 他

商品詳細を見る

『ケルトの薄明』

2011/06/08 00:32 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

ウィリアム・バトラー・イエイツ著/井村 君江 訳/ちくま文庫
アイルランドを代表する詩人、作家であるイエイツのもう1つの顔、それはケルト文化の継承家。イエイツがアイルランド各地から集めた妖精譚、幽霊話、不思議な話、おかしな話にまつわる思い出を集めた作品集。物語形式もあれば、それを語った人々の思い出がもある。古の息吹を感じるアイルランドの物語。

この作品、一度途中まで読んで辞めていた作品だった。辞めた理由は忘れたが、恐らく図書館から予約本が届いて辞めざるを得なかったのだろう。しかし、余暇が出来ても再開しなかったのには訳がある、どうもこれ・・・肌に合わないのだ。お口に合わないのだ、感性に合わないのだ。
アイルランドを代表する、世界的に有名なイエイツ。彼の詩的で繊細な語りがそもそも合わない・・・。己のがさつな根性がつくづく情けない。しかし私、実は『アイルランドを代表する』作家たちの文章がかなり苦手。ジョン・バンビルしかり、ジョン・マクガハンも、、、実はちょっぴり。なんと言うか・・・文学的過ぎるというか、意識が高尚過ぎるというか、、、なんというか、、、己の無知で粗野な知能が憎らしい。
概要をざっくり説明すると、妖精物語とはちょっと違い、イエイツが編んだ妖精譚などケルト文化を伝える幾つかの作品集の礎となった、語り部達の思い出話、、、といった作品だ。アイルランド各地を歩いて数々の物語を集めたというイエイツが出会った人々、まさに生きるケルト伝説のような人からお話好きのご近所さんレベルまで、様々な人のことが語られている。加えて、その人が語ってくれた物語を転載している場合もある。伝説となった、その存在自体がケルト神話となった人の話もある。
面白いのは、御伽噺を語った人々が、一様に『自分が経験した話』としてイエイツに語っているところ。実際そうなのだ、ケルト神話の類を読んでいると、大抵『事実』として描かれている。『昔々あるところに~』なんてファンタジーなどではない、大真面目なのだ。そしてそれが、私がアイルランドを愛する1つの大きな理由である。彼らがそうした話を大真面目に信じるには様々な理由があるのだが、その理由も私が好む1つである。私も、そんな信念を持ちたいと思って憧れている。
本作を読んでいると、イエイツ自らが妖精を信じ、幽霊を信じ、不可思議な出来事を信じていたのが良く分かる。しかしその反面、文学を志していたイエイツが現実を直視しなければならず、そうした不可思議と相容れない感情の狭間で揺れていたのも良く分かる。ある意味で、イエイツという人を詩作以外から知る貴重な資料とも言えるのではないだろうか。
結論として、私は詩を解さない、よってイエイツも詩は読んだことが無い、よって、、、イエイツという人に余り興味が無い。顔立ちは端正で素敵だと思うんだけどね(笑)。よって、、、どうにもこの作品が私の脳髄に浸透してこなかった。苦労しました、読みきるまでに。。。無念。

ケルトの薄明 (ちくま文庫)ケルトの薄明 (ちくま文庫)
(1993/12)
ウィリアム・バトラー イエイツ

商品詳細を見る

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。