* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間【映画】ベスト10

2008/12/30 12:34 ジャンル: Category:2008年☆日記☆
TB(0) | CM(0) Edit

毎年恒例、いや、勝手に恒例(笑)、年間映画ベスト10の時期がやって参りました。なんともまぁ独り善がりではありますが、お付き合い下さい。
今年は鑑賞した・・・というより、感想を書いた日付をお付けして、時期が若ければ、それだけ私の記憶にも残っている良作、と言えましょうか。
では、早速行ってみましょう!

1.『ボビー』 [01/27]
<映画になり得る全ての要素が素晴らしかった、本物の『映画』として語れる秀作>
2.『サラエボの花』 [06/26]
<描いた、そして語った。過去をそして現在を乗り越える女性の強さ、健気さに>
3.『ビフォア・サンセット』 [12/16]
<構成と企画、そして言葉の全てが愛すべき名作>
4.『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』 [12/27]
<滑り込み今年1番の面白さ!次回作への期待を大いに込めて>
5.『ジェイン・オースティンの読書会』 [10/15]
<私の夢や憧れの体現、愛すべき彼女達の友情を祝して、そして名作家に>
6.『ヒトラーの贋札』 [09/01]
<善と悪、生きるという尊さと信念の重み、語るべき事の多い作品>
7.『ONCE ダブリンの街角で』 [06/08]
<好きなんだもん!素晴らしい楽曲の数々を祝して>
8.『フリーダム・ライターズ』 [04/01]
<言葉、語ることの重要さ、何より、耳を傾ける事の偉大さと真実の感動に>
9.『恋人までの距離(ディスタンス)』 [12/04]
<素晴らしい企画の第一歩を祝して、在りし日の淡い思い出を蘇らせて>
10.『君のためなら千回でも』 [09/04]
<子供の純粋さ、冷淡さ、罪の重さ、しかし償えるという人生の寛容さと強さに>
11.『サルバドールの朝 [04/05]
<全体は重苦しいが、ラストの演技はダントツで今年1番の素晴らしさ>
12.『その名にちなんで [07/28]
<優しく寛容で素晴らしい母の愛らしい1言に敬意を表して>
13.『トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [11/30]
<文句ある?>
14.『ミルコのひかり [10/11]
<想像力の限りない可能性を見事に表現し、教えてくれた良作>
15.『ボルベール <帰郷> [02/03]
<母に、娘に、女性に。愛されるべき女性達の美しい物語>
16.『スターダスト [03/22]
<好きだ、単に好きなんだ!>
17.『ゴーン・ベイビー・ゴーン [10/06]
<映画人となりつつある監督に敬意を表して。その今後に期待して>
18.『ペネロピ [10/04]
<今年1番、カラフルで愛らしいロマンスに>
19.『オフサイド・ガールズ [06/11]
<視点の面白さ、近くて遠いアジアの国を代表して、素晴らしい発想に快哉>
20.『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [11/16]
<カラフルで愛らしく、名優の素晴らしい1言に感動したので>

【番外編】(順不同)
『JUNO/ジュノ』 [11/17]
<話題作、期待に違わず面白かったが、小粒感は否めない>
『4ヶ月、3週と2日』 [11/11]
<素晴らしい作品だし、描ききったという思いがあるが、ディープ過ぎるかな?>
『アイム・ノット・ゼア』 [11/06]
<大好きだ!・・・が、ウケは悪そうなので(笑)>
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』 [03/27]
<素晴らしい才能の放流、完璧な作品だが、ちと古い>
『ダージリン急行』 [10/02]
<好きなんだけどねぇ、無難にまとまり過ぎたか>
『旅するジーンズと16歳の夏』 [09/04]
<愛らしく若い友情の清々しい物語だが、これもまた凡庸>
『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』 [02/09]
<特殊な映像と物語、個人的には大変好みだが・・・?>
『ツォツィ』 [03/13]
<ラストへの展開はピカ1、希望を見出せる秀作>
『テラビシアにかける橋』 [08/08]
<大好きな作品だが、いささか子供向けか>
『地上5センチの恋心』 [12/11]
<大人のキュートなロマンスだが、トップ10に入れるにはありきたり>
『ダーウィン・アワード』 [05/15]
<大変面白かったのだが、決め手に欠けた>

さてさて、ご同意いただける作品はあるだろうか?
今年はなんと・・・やっちまったよ、観るも観たり総計『208本』。とうとう超えた大台。昨年暮れに『それほどヒマで良いわけもなく』と書いたのに、『目指せ200本!』の方を達成させてしまった。。。ヒマ・・・だったのか?
いや違う、これなる理由は良く解っていて、それは『計画性』にあるのだ。昨年まではただ漫然と映画を観ていた。ヒマだったのだ、本当に。しかし今年は、昼間の仕事、バイト、勉強の合間を縫っていかに趣味を充実させるか?そこには緻密な計画があるのみだった。
日々計算してDVDのレスポンスを図り、勉強、映画、遊び、仕事と、計画性を持った結果がこの数字に反映されている。何事も漠然と行うより、緻密な計算の元に行動するとより高い成果が得られると実感した次第。
と言う事で、来年も仕事、勉強、遊び、趣味と滞りない日々を・・・、つか、208本分勉強したら今頃・・・、いや、考えまい(笑)。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。