* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『帰郷者』

2009/01/14 22:42 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

ベルンハルト・シュリンク著/松永 美穂 訳/CREST BOOKS
生まれる前に父を戦争で亡くしたペーター・デバウアー。スイスに暮らす父方の祖父母の元には、大人になるまでの毎夏訪れていた。亡き父の思い出は余り語られなかったが、祖父母が時おり持たせてくれるメモ帳代わりの用紙の裏には、カールという主人公が、極寒の東の戦地から故郷へ帰る物語が記されていた。大人になったペーターは、その物語が自分の育った町を舞台にしている事に気が付く。そこに何かの繋がりがある事を察知したかのように、ペーターは見つからなかった物語のラストと、詳細不明な作者の足跡を探し始める。そして行き着いたのは、父にまつわる意外な嘘と真実だった。

我知らず、待ちに待ったり、B・シュリンクの新作長編だ。後書きにもあったように、多少詰め込みすぎ?というぐらいの内容だ。確かにお腹一杯である、であるのだが、余りにも心地良い満腹感なので大変満足。
ミステリでデビューした著者らしく、失われた物語のラストと作者の正体を追いかけるという謎解きが、前半部における軸である。その過程は長い時間を経て、長い縦軸に、幾つもの横軸の物語が織り込まれていくのである。
物語は、謎を含んだ第1部と、ペーターの心の旅路的第2部とに分けられると思うのだが、個人的には、多くの謎を含んだ前半部の方が好みである。かといって、後半部が劣るという訳ではなく、深い人間心理をじっくりと描く、この作者ならではの重厚で面白味のある筆致は、むしろ後半部に生かされているとは思う。
物語全体を通して、オデュッセウスの神話が引き合いに出される。作中でもそれなりに説明はなされているが、本作をより深く理解する上では、『オデュッセイア』に対する認識と馴染みがあった方が良いのではないかと思う。映画『トロイ』ではショーン・ビーンが演じた人物ですね、剣と知を兼ね備えた男の冒険物語。
やはりこれも、第二次大戦に絡む『ドイツ』を描いた物語である。東西ドイツが統一された瞬間をも捉え、あたかもその直後の混沌とした旧東ドイツに紛れ込んだような錯覚すら起こさせる場面もある。とかく劇的に描かれる『壁崩壊』であるが、この作品ではあくまでも日常レベルの融合、不可思議とも言えそうな混乱がじっくりと描かれていて、大変興味深く読めた。
これまでも長編・短編を通して、戦後ドイツの様々な立場を、一風変わった視点を踏まえて描いてきたと思える著者であるが、今回はそこに『再生』という視点が加わったのではないか?『帰郷』とは、再生という意味合いが多分に強い言葉であると思う。ペーターの、ペーターの父の、カールの『再生』、ペーターの恋人バーバラもまた、繰り返した最後の帰郷で新しい人生を得る。
B・シュリンクの作品としては解り易い仕上がりだが、際限なく語る事の出来る作品である。いつもながらの静かで深い筆致は健在で、堅実な基盤の上に成り立った物語は、誠実で人間味があって面白い。つくづく、上手い作家だなぁと思う。
・・・・・違うんだ、これだけの作品を描くのに、未だ専任の作家では無いのである。まったく、神の才能の分配に、またしても嫉妬する(笑)。こうした面白い作品、書くほうが幸せか読むほうが幸せか?この作品に関して言えば、第三者として純粋に読める幸せを、充分に感じられる秀作である。

帰郷者 (新潮クレスト・ブックス)帰郷者 (新潮クレスト・ブックス)
(2008/11)
ベルンハルト シュリンク

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。