* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『第二の顔』

2009/02/05 23:19 ジャンル: Category:読書【幻想・奇想・奇譚】
TB(0) | CM(0) Edit

マルセル・エイメ著/生田 耕作 訳/創元推理文庫
10人並の容姿で平凡な人生を送るラウルは、ある日突然自分の姿が変わっていることに気が付く。年齢も若返り、容姿端麗の美青年になっていたのだ。外見は完璧では無かったかも知れないが、自分が作り上げた人生には満足していたラウル。仕事は何とかなるかも知れないが、自分にとっては唯一無二の家族を取り戻そうと、自分の妻を誘惑する事を思いつく。しかしその計画の途上、新しい外見はラウルにも周囲の人々にも思わぬ影響を及ぼし始める。

自分の外見が美しく変身したとしたら、皆さんならどうするだろうか?私はラウルと違って独り者なので、ラウルが真っ先に悩んだように家庭を取り戻す行動を起こすより、家庭を作る行動をさっさと始めるだろう(笑)。
今まで見向きもしなかったような男達にもチヤホヤされて、中でも1番素敵で人間的にも優れている人を相手に選ぶ、より取り見取りなんだもの、この世の春だわね。そして素敵な結婚をして、幸せに暮らしましたとさ。
でも?友達はどうする?あの楽しくて素敵な人達は?家族は?両親には認めて貰えないだろうし、姉とは絶対に友達にはなれない自信があるので、きっと絶縁状態になってしまう・・・。そんなことを考えていたら、無性に悲しくなってきた。
そんなリアルに思える状況が、割と克明に描かれている。ラウルの心境や行動の変化の描写は微妙なれど、最初こそ美しい姿に嘆いていたラウルは、周囲の真意を知るにつけ(特に妻のルネー)、その美しい姿を受け入れ始めるのだ。
なぜなら容姿が美しく変わったおかげで、人生のあらゆることが順調に進んでいくからだ。それも素直に納得できるのは、変身前のラウルが格別良い人ではなかったから。家族思いで仕事も真面目、でも心の中は様々な憧れや欲求が渦巻いている。自分に自信が無い分、努力でそれを繕おうとする姿勢は立派だが、消化しきれない憧れを腹に溜め込んでいるのはちょっと問題。
そして美しくなった途端、そうしたあらゆる問題が勝手に解消していくことに驚きつつも、かつての自分に対して不健康な優越感を感じてしまう。美しくなったラウルは犠牲的精神の高潔さを忘れ、自己中心的であり、そうした全てが美によって許されると思っている節がある。またそれが、事実許される世の中なのである。
最初は唯美主義的に感じたこうした事柄も、ラウルのちぐはぐな精神状態を垣間見るにつけ、美に対する寛容さを皮肉っているだけなのかも?と思えてきた。
それにしても、醜から美へ、このリアルな描写は?確実に私寄りの感覚で描かれた物語だ。もしかして著者M・エイメも、自らの外見に何かしら思うところのあった人なのかも知れない。少なくとも、美を持つ人の目線でないことは確か。
と思って調べてみたらビンゴだったみたい。著者近影によると、不細工ではないが、フランス的観点からしたら10人並か?口数も少なく、無愛想だったのだとか。作者の心中にこうした変身願望があったのかは定かではないが、主人公ラウルは著者と被るところがあったのだろうか?だとしたら、けっこう自虐的、または強烈な皮肉屋?いやいや、小さなことに悩まない、豪快な人物だったのだろう。

第二の顔 (創元推理文庫)第二の顔 (創元推理文庫)
(2008/03)
マルセル・エイメ

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。