* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第81回アカデミー賞

2009/02/23 22:49 ジャンル: Category:2009年☆日記☆
TB(0) | CM(0) Edit

いやった!やりましたね、米国アカデミー賞外国語映画賞、日本映画『おくりびと』見事受賞。いや~、後追いでこんなこと言うの、本当にカッコ悪くて恥ずかしいのだが、何だか獲るような気がしていた。(しかもまだ観ていない(笑))
米国での評判も上々だということだったし、届け日本の心というか、監督の言葉を借りるわけではないが、現代劇がこうして評価された事も嬉しい。チャンバラ・侍・忍者だけじゃないんだぞ!ということで(笑)。アメリカ人も観るとこ観てる。ここ数年のアカデミーは、観るとこ観てますよ、うんうん。
なんだか全く勝手な話、自分のことのように嬉しい(笑)。いや~、本当に『あの』舞台に、モッくんが上がったんだねぇ~。広末涼子もアメリカで人気が出つつあるようだが、だって綺麗だもんねぇ、栄えますよ、スクリーンに。子持ちだって知ったら、アメリカの男子ショックだろうな(笑)。

そしてそして、短編アニメ賞、加藤久仁生監督の『つみきのいえ』が受賞。おめでとうございます。チロっと画像を見たのだが、なんだフランスアニメっぽい(笑)、ホワっとした色合いの素敵な感じでしたね。ストーリーもとても興味深くて、どんな過去、どんな家を積み上げているんだろう?と考えて楽しんだ。

他、気になる受賞者たち・・・。
ペネロペ・クルス、助演女優賞おめでとう!ようやく。素敵な女優さんです、そろそろ正当な評価が与えられるべき時期。良い映画にたくさん出て、故郷スペインを決して忘れない素敵な女性でもある。ということで、また勝手に嬉しい。
助演男優賞はやはり、ヒース・レジャー。考えたら、それだけ愛されていたという事なのね。演技ももちろん素晴らしかったけれど、たぶんそれだけじゃ無い。生きていたらもしかして・・・?でもね、もう二度とノミネートされる事が無い彼、最後のノミネート、みんなの愛ですよ。私は1人、会社で涙ですよ・・・。

そしてそして、ケイト・ウィンスレット、こちらもようやく、ようやく『主演女優賞』獲得。ああ、嬉しい、嬉しい。まず、ケイト・ウィンスレットが好きだから。素敵な女優さんだと思います。飾らず、真摯に演技に取り組む人だと思うし、華麗さが目立つ女優達の中にあって、あの安定感のある雰囲気も好き。意志が強そうで、それでいて穏やかそうな顔立ちも良い。
そしてもちろん、『愛を読むひと』からのノミネートによる受賞だという事が嬉しい!ベルンハルト・シュリンクの名が、併せて皆様のご記憶に残れば最高。
そして主演男優賞、ショーン・ペン!!!素晴らしい評価でしょう。またコメントもふるってる、サービス精神も旺盛。手堅い結果で満足です。

しかしそれにしても・・・、『スラムドッグ$ミリオネア』、主要含む8部門独占。ここまで底力があったとは、予想もしなかった。作品賞と監督賞を持っていかれたら、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』もかたなしね。監督賞は獲ると思ったのになぁ~、作品自体は事実上コケてるみたいだけど。
脚本賞も『ミルク』に獲られ、脚色賞も『スラムドッグ$ミリオネア』に獲られ、結局案の定な賞だけ地味に獲得。もう少し健闘するかと思ったが、最多13部門もノミネートしておいて・・・。9部門10ノミネート(なんでか?というと主題歌賞で2曲ノミネートされているから)の『スラムドッグ$ミリオネア』8冠(唯一落としたのは『音響効果賞』)に比べると、ホント、酷な扱いね、話題だけだもんね。
しかしその『スラムドッグ$ミリオネア』、アカデミー賞発表を前にして、徐々にアメリカでの興行成績が伸び始めていた。今朝のニュースで『なるほどね』と思ったのは、この不況の最中、貧困に耐えて暮らしながら、希望を見つけるために奮闘する青年の姿が、今のアメリカ人の共感を呼んでいる(らしい)こと。
個人的には『オバマ=政治ネタ』が盛んかと思っていたのだが、『不況ネタ』が優勢だったとは、、、世界的に恐慌に陥っている証拠なのかも。
しかししかし、ダニー・ボイル監督やりましたね。個人的にはそんなに好きな監督、というわけでもないのだが(笑)。映画の質感は結構好き、はまると面白い監督。それにしても8冠ね、記録保持、11ノミネート11獲得の『ロード・オブ・ザ・リング』と大して変わらない・・・。今年が地味だったのか、『スラムドッグ$ミリオネア』がそれほど良い作品なのか?・・・良い作品にファイナル・アンサー・・・(すみません)。

いやそれにしても、今回は『おくりびと』ノミネートに始まって、勝手にドキドキワクワク、発表が楽しみなアカデミー賞だった。結果的にも、個人的に好きな人、作品ばかりが受賞して大変嬉しく、今後の鑑賞が楽しみになる結果だったのである。
ちなみに今回の式典前『弱気コメント』、我ながら結構良い線突いてる(笑)。

作品賞『スラムドッグ$ミリオネア』

監督賞 ダニー・ボイル監督『スラムドッグ$ミリオネア』

主演男優賞 ショーン・ペン『ミルク』

主演女優賞 ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

助演男優賞 ヒース・レジャー『ダークナイト』

助演女優賞 ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』

外国語映画賞 『おくりびと』

長編アニメ賞 『ウォーリー』

ドキュメンタリー長編賞 『The GardenMan on Wire』

ドキュメンタリー短編賞 『Smile Pinki』

脚本賞 『ミルク』

脚色賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

撮影賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

編集賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

美術賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

衣装デザイン賞『ある公爵夫人の生涯』

作曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

歌曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

録音賞(音響賞) 『スラムドッグ$ミリオネア』

音響編集賞 『ダークナイト』

メークアップ賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

視覚効果賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

短編実写賞 『Spielzeugland』(Toyland)

短編アニメ賞『つみきのいえ』

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。