* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『情愛と友情』

2009/04/09 22:59 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔英〕BRIDESHEAD REVISITED (2008年)
監督:ジュリアン・ジャロルド
原作:イーヴリン・ウォー
脚本:アンドリュー・デイヴィス/ジェレミー・ブロック
マシュー・グード/ベン・ウィショー/ヘイリー・アトウェル/エマ・トンプソン/イケル・ガンボン /エド・ストッパード/フェリシティ・ジョーンズ/グレタ・スカッキ/ジェームズ・ブラッドショウ/ジョナサン・ケイク/ジョセフ・ビーティー

画家志望のチャールズ・ライダーは、オックスフォードへ入学早々、侯爵家の長男セバスチャン・フライトと知り合いになった。セバスチャンに誘われて訪れた一族の屋敷ブライズヘッドは荘厳で美しく、チャールズはすっかり魅せられてしまう。2人の友情は暫く順調に続いたが、チャールズがセバスチャンの妹ジュリアと恋に落ちたことで、その関係は大きく変わってしまう。やがて時が流れ、ジュリアと再会したチャールズ。互いに想い合う2人は共に生きようと決心するのだが、家柄や過去の傷よりも深い溝が、2人の間に横たわっていたのだった。

こんなに直ぐに観られるとは思わなかった♪しかもたっぷり特典映像付き!おまけに原作の単行本も発売されるし、良い事尽くめなんじゃない、素敵なんじゃない!
物語は製作者サイドが語るように、『イギリス人にしか解らない精神的な部分』が強いのだと思う。だからイギリス人の役者を使いたかったのだと言わしめるほど、ディープなイギリス精神なのだろう。演技だけでは繕えない、滲み出る英国魂なのね。
主題は少しばかり宗教絡み。前半は若さと背信、純粋な恋、計算のある関係などちょっとしたメロドラマチックさがあり、後半一気に信仰色が強くなる。無心論者であるチャールズが挑む世界とは?常識対常識か、非常識対非常識か?この辺のことは、無心論者でご都合主義の私には分からないのである。
第一ねぇ~、そんな小難しいこと考えていられますかっっってぇの!!!B・ウィショーとM・グードですよ。涎を垂らさないようにするのが精一杯だわよ。いんや~、B・ウィショーが可愛かった~、真っ赤なパジャマも変な髪形も可愛かった~、ゲイの役もまた似合ってる~、でもやはり、丸坊主の方が似合ってる~。
M・グードも本領発揮ですな、さすがですな、あの着こなしの卓越ぶり。嫌になる、素敵過ぎて嫌になる。実生活でもこの2人、仲が良いっていうからたまらん。しかしねぇ・・・?M・グードが一般的に『素敵』であることは良く解る、それぐらいの美的感覚はある。それ単体なら、うっとりと何時間でも眺められる。けどね?隣にB・ウィショーがいるとダメね、無意識に視線がB・ウィショーに吸い寄せられちゃって(笑)。
とにかくですね、私的にはもう、ふぎゃ~でうわ~でおわ~でいや~で参った参ったの配役、まともに観ていられるはずがない。脇役陣もまた揮ってる。チャールズの父親役P・マラハイドがまず最高、あの顔をこういう風に利用したか~と(笑)。
ジュリア役のH・アトウェルも絶妙。気が強そうで、それでいてどこか脆そうで、年齢の幅がある役はちょっと難しいか?とも思ったが、それよりも、キャラクターに適した骨太な美しさが際立っていた。そんなジュリアを見事に制し、ブライズヘッド城の女主人を堂々と演じた、E・トンプソンがとにかく凄かった。
まるで氷のような瞳、緩むことの無い唇、鋼鉄の女主人の威圧感。M・グートとの対決場面が幾つかあるが、演技で完全に食われるという場面を、初めて目の当たりにした気分。むしろ、良くぞ乗り切ったと、M・グートを褒めたいくらい(笑)。
とにかく、個人的にはたっぷり楽しめた作品。物語や映画全体の評価は、原作読破後ということになるかな。

情愛と友情 [DVD]情愛と友情 [DVD]
(2009/03/18)
マシュー・グードベン・ウィショー

商品詳細を見る


ぽすれん『情愛と友情』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。