* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リアル・ブロンド』

2009/04/20 21:25 ジャンル: Category:映画【ロマンス】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕THE REAL BLONDE (1997年)
監督:トム・ディチロ
脚本:トム・ディチロ
マシュー・モディーン/キャサリン・キーナー/マックスウェル・コールフィールド/ブリジット・ウィルソン/エリザベス・バークレイ/ダリル・ハンナ/ャスリーン・ターナー/バック・ヘンリー/ クリストファー・ロイド/デニス・リアリー

35歳にもなって、経験値0で役者志望のジョーには、長年付き合っている恋人マリーがいた。マリーはスタイリストでキャリアもあるが、男性に性的目線で見られることに(もちろんジョーは別)強迫的な不快感を持っていた。金髪フェチで俳優仲間のボブは、メロドラマの出演を機に人気が出始めるが、頑なに高水準を目指すジョーには一向にチャンスが巡って来ない。とうとうエージェントを頼ることにしたジョーだったが・・・。

M・モーディーンって、今年でもう50歳なのねぇ。いや~、私の青春は遥か遠い。思ったより目立たなかったなぁ(既に過去形?)。そんなM・モディーンの37~8歳の頃の作品。うむ・・・若干劣化が・・・。物語もあって無いような感じで、別につまらなくは無いけれど、諸手を挙げて受け入れたい程でもなく、どう判断したら良いのか迷う。
かなり最大限に好意的に解釈するなら、売れるために髪をブロンドに染める女優達、そうと知っていながらフェイクのブロンドでも求める芸能界の浅はかさを、嘲笑しているのではないか?という感じ。そのショウビズ界の縮図がボブであり、物事の真偽を弁え、己が道を追求したジョーは、価値ある真実の体現ということか?
まぁ確かに、女性の本質を見ないで『ブロンド』だけにこだわったボブは愚か過ぎるし、彼の迎えた結末も愚かの極み。つき合わされた恋人サハラが可哀想過ぎる。そんなボブは昼メロのスターになり、と言うことは将来性も若干危うい。手近なフェイクに飛びついて、無駄な本物を追う愚かしさ描いているとも言えるが・・・。
主役のはずのジョーのキャラクターがいまいち掴みきれず、キャラクターの濃さと解りやすさなら遥かにボブの勝ち。しかも割りにあっさり才能を認められちゃうし、それならなんで35歳になるまで芽が出なかったのさ?という疑問も・・・。たとえ『本物』でも、運の無さゆえに、むしろそれだけが理由に日の目が見られないという皮肉を描きたいのかも知れないが、いや~、運も才能の内って言うしね。
偽と本物を様々な隠喩で表現していたのかと思うが(誇大解釈過ぎ?)、恋愛も本物とフェイクの落差がついてオチ・・・って事で、ちょっと、、、恐ろしいほど鑑賞後に何も残らなかった作品だった。虚しいわ・・・。

リアル・ブロンド [DVD]リアル・ブロンド [DVD]
(2000/04/25)
マシュー・モディン

商品詳細を見る


ぽすれん『リアル・ブロンド』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。