* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ベティの小さな秘密』

2009/04/30 21:50 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔仏〕JE M'APPELLE ELISABETH (2006年)
監督:ジャン=ピエール・アメリス
原作:アンヌ・ヴィアゼムスキー
脚本:ジャン=ピエール・アメリス/ギョーム・ローラン
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ/ステファーヌ・フレス/ヨランド・モロー/マリア・デ・メディロス/バンジャマン・ラモン/オリヴィエ・クリュヴェイエ/ダニエル・ズニク/ロリアーヌ・シール/ヴィルジル・ルクレール/ジャン=ポール・ルーヴレ

ベティは10歳の女の子、精神病院の院長をしているパパのおかげで、町から離れた場所で暮らしている。親友はお姉ちゃんだけなのに、新学期から寄宿学校に行ってしまった。ママは家を出てしまうし、パパはなんだか寂しそう。孤独を感じていたベティが出会ったのは、精神病院から脱走してきたイヴォンという青年。ベティは彼を物置小屋に匿って、甲斐甲斐しく面倒をみることにする。

かっわいいお話だったわねぇ~、夢見がちな少女時代の瑞々しさと、滑稽だけど真剣な大人への背伸び、早熟な淡い恋など、『少女時代』を物語るキーワードがてんこ盛り。ちょっぴり不可思議な雰囲気や排他的でダークな印象など、『ローズ・イン・タイドランド』に通じるものを感じるが、ベティの方が圧倒的にピュアで愛らしくて健気。なんと言っても、イヴォンを誘惑したりしないし(笑)。
主演のベティ役、A・G・K・ベルージがとにかく可愛らしい。8割はなんとも微妙な影のある表情をしているのだが、時折笑顔になると別人のように愛らしい。曇り顔と笑顔の劇的な変化が、ベティという存在を演技以上に表現していたように感じた。
物語自体は割合と単純で、10歳になった少女が少しだけ大人の世界を垣間見て、可愛いだけの末娘から脱皮しようとする。家族から愛されて、ちょっと見幸せそうなベティだが、実は孤独で押し潰されそうなのだ。そんなベティが、イヴォンの世話をすることで、孤独感を紛らわすのがなんとも女の子らしくて微笑ましい。
ベティは夢見がちな女の子かも知れないが、別の意味でもとても現実的。表面的なことより物事の内面をしっかり捉えていて、母親よりもローズに慰めを求め、学友よりもイヴォンに共感を求める。確かに、人付き合いが下手・・・とも言えそうだが、とにかくどこまでも真直ぐに見つめ、射抜くような大きな瞳が印象的だった。なんだか、この子には汚いことがあっさりばれそうだなと(笑)。
ディープな要素も含まれているが、多分な子供らしい優しさが緩和剤材料で、全体のバランスはとても良い。果たして人間は、いつの頃からこの瑞々しさを失うのか・・・、ということで、たっぷり大人な目線で(笑)。
この映画に公開当時から目をつけていたのは、またしても私の良い男レーダーが、イヴォン役のB・ラモンに発動していたから。ネットで調べてもほとんど情報が掴めないので、こりゃ観るしかない!と。可愛いわよ(笑)、メジャー化期待!
そして嬉しいおまけ、パパ役のS・フレスが・・・。『ふたりの5つの分かれ路』ではそれほど素敵だとも思わなかったのだが、やはり役柄のせいだったのだろうか?ベティを愛し、自らの仕事を信じ、妻の愛に苦悩するパパ、セクシ~(笑)。
あんなにセクシー・ダイナマイトなパパだったら、ベティの男性観が心配だわ。『パパよりも素敵な人が理想』なんて言ったら、むちゃむちゃハードル高いじゃないの。実際にも娘さんがいるようだが、こうなると、俳優の娘ってのも楽じゃないわね・・・。

ベティの小さな秘密 [DVD]ベティの小さな秘密 [DVD]
(2009/04/03)
アルバ・ガイアステファヌ・フレイス

商品詳細を見る


ぽすれん『ベティの小さな秘密』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。