* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アフター・ウェディング』【多分ネタばれ・・・、じゃないかな?】

2009/05/25 21:24 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔丁/瑞〕EFTER BRYLLUPPET (2006年)
監督:スザンネ・ビア
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
マッツ・ミケルセン/ロルフ・ラッセゴード/シセ・バベット・クヌッセン/スティーネ・フィッシャー・クリステンセン/クリスチャン・タフドルップ/フレデリック・グリッツ・アーンスト/クリスチャン・グリッツ・アーンスト/イーダ・ドゥインガー

インドで孤児院の支援活動をしていたヤコブは、資金調達のために故郷デンマークへ戻った。成功した実業家ヨルゲンが、資金援助の条件に、ヤコブとの面談を指定したからだった。ヨルゲンとの面談は進み、彼の娘の結婚式にも呼ばれたヤコブ。彼がそこで出逢ったのは、今はヨルゲンの妻となったかつての恋人へレネだった。しかも結婚した娘アナはヤコブの実子だという。ヤコブと同じくらい動揺するヘレナだったが、畳み掛けるように夫の余命が僅かであることを知らされる。この再会は偶然か、ヨルゲンが仕掛けたものだったのか?

『悲しみが乾くまで』が思いの他良かったので、急いで本作も観なくっちゃ!と思っていた矢先に、自動発送で届いた。これは運命だわ!と喜んだものの・・・?物語の基盤からして、何かおかしい気がする。私には、『自己中な愛』を可能な限り美しく描いたようにしか見えなくて・・・。
病によって成功した人生を終えなければならないのは確かに酷だ。残される家族への配慮に心を砕くのは感動的だ。だからといって、1人の人間の人生を奪って許されるのか?インドでの人生を充実させていたヤコブ、彼を慕う幼い少年もいた。それなのに、莫大な遺産を得る予定の妻(元恋人)と、20年間存在すら知らず、結婚までした娘の傍にいてくれと呼びつける、挙句、可愛い孤児達への、これまた莫大な資金援助をダシにして脅しをかける。
結果的にヤコブは説得されたわけだが、脅し効果が90%。仮にインドにヤコブが残っても孤児院は閉鎖されたのだろうし、ある意味、ヤコブが身売りした形だが、それでも、ヤコブの生き方をヨルゲンが決めて良いわけは無い。
ヤコブが熱意を傾けたインドから離れることによって、潤滑な資金に恵まれ、全てが改善され、孤児達にも満足の結果となる。可愛がっていた幼子も、『たまには帰ってくるんでしょ?ここは凄く住みやすくなったよ』と、ヤコブとの別離をあっさり乗り越えてしまう。結局はヨルゲンの予言通りだったわけだ。
でもね?ヤコブを慕っていた大勢の子供達、そこには、お金では買えない何かがあったはずなのに、ヨルゲンを正当化するために、インド方面はあっさり無視というのが解せない。第一、ヘレネもアナも、自力で立ち直れるほどしっかりした女性に思えたし。
私の目には、大人(ノルウェー組)対子供(インド組)と映ってしまって、貧困地域で暮らす子供達と、新婚早々の旦那が浮気していたという心の傷だったら、どちらが守ってやるべき存在なのよ?と、妙なわだかまりが残った。
それでも、見るに堪えないわけではなく、むしろ惹きつけられる。それは恐らく、ヨルゲンの正当化に成功しているからだろうし、物語の核がブレていなくて、作品全体に強い吸引力があったからだろう。展開上の気になる粗は的確に処理されてはいるし、全体的に魅せるドラマではあるのだ。

アフター・ウェディング スペシャル・エディション [DVD]アフター・ウェディング スペシャル・エディション [DVD]
(2009/01/09)
マッツ・ミケルセンロルフ・ラッセゴード

商品詳細を見る


ぽすれん『アフター・ウェディング』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。