* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『穴 HOLES』

2009/05/28 23:10 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(2) Edit

ルイス・サッカー著/幸田 敦子訳/講談社文庫
盗んでもいない靴のせいで、グリーンレイク・キャンプに送られたスタンリー。その昔にジプシーのおばあさんを騙した、『あんぽんたんのへっぽこりんの豚泥棒のひいひいじいさん』のせいで、スタンリーの家族は呪われているのだ、いつでも、間の悪いところに居合わせる。刑務所よりはマシと思って選択したキャンプだったが、灼熱の太陽の下、干上がった硬い大地を毎日掘らされる。人格矯正のためのというが実は目的は他にあり、その秘密を知ったスタンリーは冒険へ乗り出す羽目に。

これはとても優れた作品。児童小説ではあるが、構成がとにかく上手い。優しい文体で解りやすい運びではあるが、その中に驚くほどの内容が詰まっている。詰まってはいるのだけど、それと感じさせない児童文学らしい淡さもしっかりある。
ベースは、太っちょで苛められっ子のスタンリーが、濡れ衣を着せられてキャンプに送られ、そこで初めて友達を作り、仲間というものを知る。しかし労働はきつく、環境も悪い。そんな過酷な状況の中で、少年達が成長していく物語である。
スタンリーの家族に呪いがかけられた所以として、スタンリーの『ひいひいじいさん』の物語と、それに少し絡んだ無法者ケイト・バーロウの物語が挿話される。この2つのエピソードがまた情緒豊かに描かれていて、まるで別の作品を読んでいるような気分になる。特に美しい女教師キャサリン・バーロウの顛末は、うっすら涙を誘うほど。
この2つの挿話だけでも十分に1つの物語になりそうなのに、あくまでもスタンリーの冒険物語の説明的位置である。別々の物語がメインの展開を邪魔する事無く融和され、一連の大きな伏線としてしっかり活用されている。
この驚くほどの構成力、一冊の本に収めておくには惜しいほどのボリューム。こういう作品は、きっといつまでも子供達の胸に残るだろう。なんだか羨ましいぐらいだ(笑)。

穴  HOLES穴 HOLES
(2006/12/15)
ルイス・ サッカー

商品詳細を見る

映画!?
映画ですと!?
早速調べてみましたよ。主演がシャイア・ラブーフなんですねぇ~、大分若いけど(笑)。
原作が原作なだけに、結構評判良い!しかも利用しているレンタルサイトにもあった~、出演者も結構豪華ですよ。見たいような・・・う~ん?
夏休みに子供スペシャルとかでやってくれないかしら?
[ 2009/07/27 22:51 ] [ 編集 ]
さっそく感想をアップしました!
いや~、マジで素晴らしい構成ですね~。これって児童小説なの?なんかいろいろと賞もとってるみたいだね。←でも超納得。

あれだけいろんな話を入れててちゃんと繋がってるんだから凄いっす!hiyoさんは映画バージョンはご覧になった?気になるわ~。
[ 2009/07/24 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。