* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛を読むひと』

2009/07/21 23:21 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米/独〕THE READER (2008年)
監督:スティーヴン・ダルドリー
原作:ベルンハルト・シュリンク
脚本:デヴィッド・ヘア
ケイト・ウィンスレット/レイフ・ファインズ/デヴィッド・クロス/レナ・オリン/アレクサンドラ・マリア・ララ/ブルーノ・ガンツ/ハンナー・ヘルツシュプルング/スザンヌ・ロタール/マティアス・ハービッヒ

15歳のマイケルは、親子程も年の離れた女性ハンナと出会い恋に落ちる。ハンナが教えてくれる肉体を伴った愛はマイケルに鮮烈な日々を提供し、変わりにマイケルは、ハンナの望む小説の朗読を日課とした。しかしある時ハンナは忽然と姿を消し、マイケルは深い絶望を味わう。8年後、法学生となったマイケルは講義の一環として裁判を傍聴するが、戦犯を裁く被告人席には、あのハンナが座っていた。裁判の進行と共に明らかになるハンナの過去、そして大切な時間だった朗読の意味さえも。そうして、深く眠っていたかつての愛は、悲劇的な現実によって形を変えて行く。

いや~、とうとうですよ、ようやくですよ。観ちゃった、映画館で♪この作品を読んだのは7~8年前になる。細部までは憶えていないが、この作品は私にとって印象に深いものなのだ。ドイツにはあの悲惨な世界大戦に触れた良書がたくさんあり、自らの罪と罰を語るという、意義のある姿勢に毎度感銘を受ける。ベルンハルト・シュリンクの作品もその例に漏れず、しかも非常に完成度の高い作品ばかり。理路整然としていて深みのある文章、全くもって、読んで損の無い素晴らしい作家なのだ。
さて映画ね(笑)、非常に原作を大事にした仕上がりだと思った。まず変えようの無い原作ではあるが、ギリギリ2時間ちょい超えというボリュームにしっかりと収められているし、物語が3部構成になっているのでその長さでも飽きさせない。
原作を読んだときに感じた大きな部分は、ハンナの愚鈍なまでのピュアさ。それゆえに傷付きやすく見え、しかし保身の術は持った女性だということ。自分を守ることは出来るが、そのために失うものもたくさんある、その1つがマイケルとの時間・・・。
ハンナが必死に『責任ある大人』であろうともがく姿が、もう切なくて悔しくて。マイケルの一歩引いた傍観者的で現代風の冷めた態度に無性にイライラした。痛みを知らない若者が、苦難を乗り越えた人を勝手に非難する。理不尽で、でも正当で、簡単には答えが出せない問題を、作者は物語の流れを通してじわっと訴えかけてくる。
さて重要な主人公ハンナを演じたK・ウィンスレット、さすがです、素晴らしいです、姐さんやりきりましたね!実年齢17~8歳くらいのD・クロスを相手に、時々切なくなるほど愛らしく見える。原作を読むと分かるが、ハンナはとにかく複雑な女性像だ。煩雑な強さが故に時折余りにも無防備になる、そして若い男を愛してしまった虚無感、そんな女性をとても繊細に演じていた。そりゃオスカー獲りますよ。
何が素晴らしいって、演技が全く浮いていなかったこと。『熱演』というと力が入り過ぎて、周囲とのバランスが崩れる場合があるが、そういう演技は観ていて逆に興醒めしてしまう。今回もそれが心配だったのだが、全くの杞憂だったのが嬉しい結果。
問題はD・クロス、監督が惚れ込んでのキャスティングだったというが、正直どうして?と疑問だったのだ。なんだかパッとしないし、マイケルという重要な役には合わない気がして・・・。と、こちらも杞憂、とんでもなく杞憂、失礼した!
この子良い!強い存在感とは言わないが、無名だという危機感も手伝ってか、もっと観ていたいと強く思わせる魅力がある。顔も良く見たら結構可愛い、笑うと(笑)。華奢なジョン・トラボルタって感じよ、ホント(この意見、誰か賛同して下さい)。こりゃ将来化けるんじゃないかな、それか激しく大コケするか?20歳超えた頃が楽しみだ。
全体的には、原作を愛する立場としてその世界観を保っていたように思えるし、作品の持つメッセージ的な部分もカバーしていたと思うので、良かったのじゃないかな。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。