* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アメリカを売った男』

2009/09/02 15:10 ジャンル: Category:映画【サスペンス・ミステリ・犯罪】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕BREACH (2007年)
監督:ビリー・レイ
脚本:ビリー・レイ/アダム・メイザー/ウィリアム・ロッコ
クリス・クーパー/ライアン・フィリップ/ローラ・リニー/デニス・ヘイスバート/カロリン・ダヴァーナス/ゲイリー・コール/キャスリーン・クインラン

FBIに努めるエリック・オニールは、昇進を夢見て地道な努力を続けていた。そんな努力が買われてか、エリックは熟練の捜査官ロバート・ハンセンのアシスタントに任命される。しかしその実態は、長年スパイとして活躍してきたハンセンの、ソ連側との2重スパイの嫌疑を固めるための監視役だったのだ。重要な任務と知りつつも、ハンセンの人間味に触れ、次第に彼に心を開いていくエリック。しかしそれは、スパイとしての撹乱作戦なのか?水面下で渦巻く複雑な心理戦に巻き込まれたエリックは、やがて2001年2月の、運命の時を迎える。

実話だそうな、R・フィリップが出ているし、敵対するはC・クーパーってことで、これは重厚で面白味のあるドラマが観られそうだ!と思って借りたので、またしても調査不足・・・って、ちょっと作品紹介を観れば直ぐ分かるのにね(笑)。
実話ならではの地味さは拭えない、とはいえ、舞台が舞台なだけに現実離れしていることは事実だ。しかし、FBIの内部ってあんなに簡素でひっそりしてるの?表向きはセキュリティ重要ポストにハンセンを就かせたらしいが、あれほど隔離された状態だったら、裏に何かあるだろ?とは、スパイでなくても気づくのではないだろうか?
それに、あれだけ容疑が固まっていて追跡環境も抜群なら、最後の一押しにエリックは必要だったのか?という疑問が残った。それまでの捜査環境を駆使すれば、自力で何とかなったろうに・・・と思ってしまう。
ハンセンの心の闇や葛藤などを含ませて、エリックの存在意義を持たせようとしていたようだが、そこだけ妙にドラマチックで妙に不釣合い。老練のスパイもガタが来たが・・・と思わせるが、それなら尚更エリックは必要ないわけで。
実話って難しい。実話ならではの魅力が最大限活用できる場合もあるが、実話だからこそつまらない・・・というオチもある。特に、実際の事件に関わった人が『特別顧問』などといって関わって、挙句美化されたような存在で描かれる場合は尚更。その人の意見、過大評価してませんか?という気にさせるのだ。
息詰まる心理戦を見せてくれるのか?と楽しみにしていたのだが、その辺はかなり薄弱。実話だからこの程度だったのか、エリックを大きく描きすぎた上での失態か?若き苦悩する捜査官の姿という側面はまずまず描けていたと思うのだが、ハンセンかエリックか?という視点のブレが余計作品を薄くしていたように思う。
これもまた、C・クーパー、R・フィリップという2人の『熟練』の役者によって、救われた作品だったのではないだろうか。

アメリカを売った男 [DVD]アメリカを売った男 [DVD]
(2008/10/03)
クリス・クーパーライアン・フィリップ

商品詳細を見る


ぽすれん『アメリカを売った男』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。