* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブレイブ・ハート』

2009/10/16 12:06 ジャンル: Category:映画【戦争・アクション】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕BRAVEHEART (1995年)
監督:メル・ギブソン
脚本:ランドール・ウォレス
メル・ギブソン/ソフィー・マルソー/パトリック・マクグーハン/キャサリン・マコーマック/ブレンダン・グリーソン/アンガス・マクファーデン/デヴィッド・オハラ ス/イアン・バネン/ジェームズ・ロビンソン/トミー・フラナガン/ジェームズ・コスモ

中世のスコットランド、国はイングランドに支配されたも同然で、イングランド王の息のかかった貴族達の蛮行が続いていた。そんな貴族に、幼い頃父と兄を殺され、さらに恋人までも殺されたウィリアム・ウォレスは、見事な戦術と勇気でイングランド王に楯突き、持ち前のカリスマ性から多くの支持を得るまでになった。次々と味方を得て戦いを続けるが、迫り来る脅威にイングランド王エドワード1世が反撃を始める・・・。

民間伝承の域を出ない物語を、最大限の憧れと熱意で膨らませた超大作・・・だろうか。なかなか面白かった。様々な憶測があるウィリアム・ウォレスだが、その要因の一つは出生が明らかでない、要するに貴族では無かったことだろうか。1200年代後半のことなので、そんな下々の者のことは記録にも残っていない。
ウィリアム・ウォレスの名を聞くのは、彼が成人して闘い始めてから。しかしこの名前、スコットランドに行けば1度は目にするだろう。僅か数年で、その後数百年に渡り名前を残した男。彼の体は細切れにされ、スコットランド各地に送られたと言う。その伝説は今もスコットランドに残っており、事実私も、その一箇所に行った事があるらしい・・・。余り記憶が無くて(笑)。どこだかの教会で、そんな話を聞いた。
ロバート・ザ・ブルースになるともう少し話は違い、元々貴族だったがゆえに、出生も経緯もはっきりしていると言える。そんな彼ですら、実にうまいこと物語に組み込まれていた。その態度の矛盾ぶりより、やはり愛国者としての立場が強く、こちらも、スコットランドへ行けばその功績にぶち当たるだろう。早い話が、イングランドを痛めつけたヤツなら大歓迎!ってことか(笑)。
時代考証などもかなりこだわっているようで、エディンバラの博物館で見たような生活様式が見事に再現されており、出演者が総じて『汚れている』様にもこだわりを感じた。女性陣は僅かだが、当然『フルメイク』なんぞはしておらず、いささか綺麗過ぎか?と思いつつも気になるほどではなかった。唯一気になったのは、相変わらず『剣が良く切れ過ぎる』ことくらいか(笑)。
堂々177分とかなりの長尺だが、そんなのは全く気にならない。実際はもう少し小規模だったろうし、もっと姑息な思惑が脈々としていたのだろうが、そんなことも気にならない。とある解説にあるように、国の威信や愛国心などというより、貴族間の争い云々というのもあろうが、その辺も気にならない。
迫力ある戦闘シーン、時折差し挟まれる史実の融合の上手さ、アイルランドネタも中々面白かったし(笑)、盛り上がる展開もさすが噂通りで満足。完全なる憶測のイザベル王女との妙な恋愛話は余計だったし、ウォレスが捉えられてからの失速が気になったが、この長さなら息切れ必至ということで良しかな。
M・ギブソン、変なゴシップばかりばら撒いていないで、もっと監督業に専念すれば良いのに。第二のC・イーストウッド・・・はやはり言い過ぎか(笑)。演技がねぇ~、いまいち魅せないのよね、この方。

ブレイブハート [DVD]ブレイブハート [DVD]
(2007/01/26)
メル・ギブソンソフィー・マルソー

商品詳細を見る


ぽすれん『ブレイブ・ハート』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。