* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

2009/10/17 12:40 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米/英〕REVOLUTIONARY ROAD (2008年)
監督:サム・メンデス
原作:リチャード・イェーツ
脚本:ジャスティン・ヘイス
レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/ゾーイ・カザン/ディラン・ベイカー/ジャック・オードウェイ/ジェイ・O・サンダース/リチャード・イーストン/マックス・ベイカー

将来に確たる展望の無いフランクと、女優になる夢を持ったエイプリルは出会い、結婚した。フランクは父親と同じ地味な会社員となり、エイプリルは平凡な主婦になり、次第に2人の間の情熱は倦怠へと変わる。喧嘩を繰り返す2人だったが、エイプリルが『パリ移住』の話を持ち出したことから、それまでの剣呑とした日々が急激に変わり始めた。しかし運命の悪戯か、彼等の道はやはりあらぬ方へ導かれていくのだった。

う~ん、R・イェーツ・・・。イェーツという名前に惹かれて何度か手に取ったものの、う~んと唸って何度も読むのを止めてきた作家だ。読もうと思っていた作品は、現在では名前を変えて発売されているがもちろん、『家族の終わりに』。読んでおけば良かったな。もう今更、読む気も起きないかも・・・。
しかし何だな、この映画を正統に評価するには、原作の知識あってこそ、という気がする。個人的には、原作ありきの映画の場合、それもありだと思っている。文章では表せない、視覚効果としての補足という位置付けになってしまうが。
映画を観ただけだと、人生の平凡さに満足していた夫が、妻の熱意と、若き頃に多くの人が抱く熱烈な人生賛歌の余韻に突き動かされ翻弄され、妻は結局、平凡である自分に負けた・・・と、何やら単純でバカらしい夫婦に思えてしまう。
恐らく若くして結婚したのだろうし、この作品には『両親』の影響が余り出てこない。フランクは父親の幻影を何度か語るのだが、それは反面教師としてのみ。成長途上で大人になることを強要された子供大人の悲しき末路・・・という気がしてしまうのだ。
しかし、事はそれ以上の含みがあるとは分かるのだ。しかし映画からは、その『何か』を確信するほどでは無いのね。このままだとなんともションボリな内容なので、原作の内にある『はずの』何かしらの深い意義を読み解く必要があるのかも?と思うわけだが、これはこのままでも良いかぁ~という気がする。格段深く掘り下げたいと思うような主人公達でもなかったというかね(笑)。
自分の未来に、自分自身に、過大な期待を寄せるのは良いのだろうが、等身大の自分を理解することもまた重要。それを受け止めて初めて、人生が輝き、幸せだと思えるのじゃないかな。有り得ない繁栄を信じ込んでしまうような、根拠の無い自尊心は恐ろしい。目先を変えることも時に重要で、私のような悲しいオールドミスからすれば、かつてであろうがなかろうが、愛のある相手と巡り合い、落ち着いた家庭を築き、半年間外国で家族で暮らせる貯金もあり!!!なんて、幸せだと思うけどな(笑)。
何一つ諦めず、満足しきった人生なんて有り得ないと思うし、岐路に立った時の自分の選択を後悔するのは、それ自体が負け犬。劇中エイプリルが証明の為に妊娠したと語るが、そんなんで産まれて来た子供も可哀想。結局それを後悔しているわけだしね。母であり、妻であり、人生も謳歌して成功したい・・・、簡単には手に入れられない生き方だと思うが、それを、類稀な才能と努力で掴み取ったK・ウィンスレットが演じるあたり、アイロニックだよねぇ~と(笑)。
レオ様、結婚できず、選ぶ女は皆スーパーモデル、でも結婚できず。アカデミー賞も獲れず、大作に出てもブーイングされ、結局今回も、同時期の別作品でK・ウィンスレットはアカデミー主演女優賞、やはりレオ様見向きもされず・・・。ある意味、L・ディカプリオのフランクは信憑性あったかも(笑)。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
(2009/06/05)
レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る


ぽすれん『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。