* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヴァージン・スーサイズ』

2009/10/17 16:00 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕THE VIRGIN SUICIDES (1999年)
監督:ソフィア・コッポラ
原作:ジェフリー・ユージェニデス
脚本:ソフィア・コッポラ
キルステン・ダンスト/ハンナ・ホール/ジェームズ・ウッズ/キャスリーン・ターナー/ジョナサン・タッカー/ジョシュ・ハートネット/チェルシー・スウェイン/A・J・クック/レスリー・ヘイマン/マイケル・パレ/ロバート・シュワルツマン/ジョヴァンニ・リビシ

厳格な両親に育てられた美しい5人姉妹、彼女等の崩壊は、末娘セシリアの自殺未遂から始まった。3女ラックスは奔放な性格で、それが元で母親の怒りを買ってしまい、娘達は半ば監禁のような監視生活を強いられる。世間から隔離された姉妹のことを思いながら、『僕ら』はひと夏を過ごした。そして季節は過ぎ、大きな悲劇が姉妹を襲うのだった。

原作『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』、読んだのは大分前だ。確かそのあと書きに、原作者は更に陰鬱な・・・とは書いていなかったが(笑)、込み入っていてい膨大な作品を執筆中!とかなんとか紹介してあったと思うのだが、結局それ(『ミドルセックス』)が、ピューリッツァー賞を受賞した模様。
そんな未来を象徴するかのような、一風変わった、それでいて普遍とも思える、思春期の少女と、彼女等を見守る『僕ら』の姿を描いた青春物語が原作だ。確かに変わった趣旨で衝撃的な内容ではあったが、ラストに向かうにつれて必然と思える展開と、正直サイコホラー的要素もある作品で、引き込まれる作品だったのは覚えている。
娘への暖かい気持ちと、自身の信じる厳格さ、妻への従順さによって崩壊していく父親の姿や、次第に偏執的になっていく母親の恐怖。閉ざされた家が朽ちる様を、ただ外側から見るしか出来ない多感な時期の少年達。一口には語れない複雑な要素を秘めた作品だったはずなのに・・・、えらい単純な話になってますけど?
いや~、あの物語の重要な複雑さを綺麗さっぱりこそげ落とし、残った核だけを自分好みのテイストでデコレートして、『あたしの作品♪』にしちゃったS・コッポラ。いくらデビュー作とは言え、作家は怒らなかったのかな?
土台のある人だし、映画界のサラブレット。父親や親戚一同とは違う道を歩みたいのよ!という気概は分からないでもないが、慣れ親しんだ『進むべき道』というのもあると思うのよね。この作品は、もっと経験豊富な大人に撮ってもらいたかったな。
ここまで物語を単純化されてしまうと、展開やラストが同じでも、作品としては全く別物。第一、姉妹が自殺する必然性が感じられない。原作では、それ以外考えられない!という危機感がある、だからこそ、両親が感じたであろう絶望感も伝わってくる。また、語り部が『僕等』として姿を現さないからこそ、傍観者であり関係者である、微妙で不可思議な視点が生まれるのである。僕等がそもそも目立ち過ぎ!
ついでに、美しく幻想的ですらある儚い姉妹が、『美しくない』のも問題。『あたしの好きな役者』を使いたいのも分かるのだが、根本的に成り立っていないのよね。J・タッカーは可愛かったのだけど(笑)。それだけじゃ、満足できないわな。R・シュワルツマンもほどほど気持ち悪かったけど、いやいや待って、彼は確か可愛い子のはず・・・。
基本的に、こうしたタイプの作品を撮る監督ではないのでは?と常々。極端な話、ハリー・ポッターでも撮らせたら、随一の成績を上げられるかも?結局、大蛇の子はいずれ大蛇ということで・・・。

ヴァージン・スーサイズ [DVD]ヴァージン・スーサイズ [DVD]
(2001/02/02)
ジェームズ・ウッズキャスリーン・ターナー

商品詳細を見る


ぽすれん『ヴァージン・スーサイズ』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。