* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブロークン』

2009/10/24 16:54 ジャンル: Category:映画【サスペンス・ミステリ・犯罪】
TB(0) | CM(0) Edit

〔英/仏〕THE BROKEN (2008年)
監督:ショーン・エリス
脚本:ショーン・エリス
レナ・ヘディ/リチャード・ジェンキンス/ミシェル・ダンカン/メルヴィル・プポー/アシエル・ニューマン

ロンドンでX線技師として働くジーナは、職場で左右対称の内臓を持った珍しい症例のレントゲン写真を見る。その夜、父の誕生日に弟とそれぞれのパートナーが集まった時、団欒を打ち壊すように大鏡が突如割れてしまう。その時は不吉な予感を笑い飛ばしたものの、後日ジーナは自分とそっくりの女性を見かけ、その直後にあった自動車事故によって記憶が混乱してしまう。しかし周囲の変化に気付き始めたジーナは、自分にそっくりな女性の存在を探し始めるのだが・・・。

ああ、こりゃ、ああ・・・。『フローズン・タイム』の監督のね・・・。観ようかどうしようか迷って、全体像の想像は大体つくから止めたのだが、うん、結局こちらも予想通り・・・。単にM・プポーが出るから観ようと思っていて、時間が経ってすっかり忘れ、同じくM・プポー出演で似たタイトルの『ブロークン・イングリッシ』と混同していた(笑)。
フォトグラファーとしても名高い監督だというが、映画に関してはより多くの観客が生まれるため、多少の俗っぽさがあったほうが良いと思う。俗世的な世知辛さとか、観客の側に立った視点が無いと、全般的な共感は得られないだろうなと思うのだ。
反対に、絵画や写真、なんでも良いがそうした『美術館系統』の作品に関しては、俗世感を突き放した芸術性がもてはやされ、付いてこられないならそれで結構!という高慢なスタンスが、むしろ人気の礎だったりするだろう。
この映画はそんな感じ。監督の研ぎ澄まされた感性には恐れ入るのだが、物語としての映画と捉えると・・・中途半端なのだ。映像にはこだわりを感じるし、雰囲気も何やら大仰しくアーティスティックな感じは十分。物語としては子供騙しではあるが、手法としてはそれなりのファンが確立できそう。私は映画に強い物語性を求めるので、そうした観点からは満足できないのである。
ラストではそれなりに『なるほどねぇ』と思わせるのだが、サスペンス作品を観終わった後のような、心地良い疲労感や満足感は微塵も無い。監督の自己満足を押し付けられたなぁ・・・という、違った疲労感はあるのだけど(笑)。
サスペンス・スリラーとして、鑑賞中解けない謎にやきもきし、ラストの展開に驚き、心地良い疲労感と満足感を与えてくれたのは『シックス・センス』や『マシニスト』などなど。こちらは映像センスや演出の芸術性以上に、物語が充実し、あたかも現実に起こり得そうだと感じさせる、俗っぽさを保っていた良い例だと思われる。
大体ですねぇ・・・鏡が割れ、そこから呪いだか異次元だかが派生して、ヒロイン達を脅かす・・・というプロット止まりというのがどうもえねぇ?物語が全然広がって無いのに結末だけあやふやに着けられても・・・。視野は広いのだが視点が狭い。だからなんなんだ!?という気がどうしてもしてしまう。ダフネ・デュ・モーリアの『鳥』などは、鳥の大発生という小さな基点から、あれだけ膨らんだ展開に繋がっていく。しかもあの短い小説を、堅実かつ名作映画に仕上げたヒッチコック。先人達を見習って、もう少し自己主張を抑えられたら・・・と老婆心ながら思ってしまうのだ。

ブロークン [DVD]ブロークン [DVD]
(2009/05/22)
レナ・ヘディリチャード・ジェンキンス

商品詳細を見る


ぽすれん『ブロークン』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。