* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブーリン家の姉妹』

2009/11/03 22:30 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕THE OTHER BOLEYN GIRL (2008年)
監督:ジャスティン・チャドウィック
原作:フィリッパ・グレゴリー
脚本:ピーター・モーガン
ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/デヴィッド・モリッシー/クリスティン・スコット・トーマス/マーク・ライランス/ジム・スタージェス/ベネディクト・カンバーバッチ/オリヴァー・コールマン/アナ・トレント/エディ・レッドメイン

男の世継ぎが生まれないことに業を煮やしていたヘンリー八世に、宮廷に出入りするノーフォーク公爵は身内のアンを紹介する。しかし、勝気で自我の強そうなアンではなく、ヘンリー八世はその妹のメアリーを愛した。失意の内にフランスへ渡ったアンは、その王宮である種の『人生』を学び、強かな狙いを持って帰国した。開花した魅力でヘンリー八世に言い寄るアン、その頃ヘンリー八世待望の男子を出産したメアリーだったが、アンの画策によりその子も私生児とされてしまうのだった。そしてついに、ヘンリー八世を離婚に追い込み、自らがイングランド女王となる日を迎えるのだが・・・。

さぁ皆さん!歴史(イングランド史)のお勉強をしっかりして挑みましょう!などと思いそうだが、別に・・・、大河ドラマとして大袈裟な雰囲気を楽しめれば十分なのではないかと。以外にS・ヨハンソンの英国訛りが上手くて面白かった(笑)。
賛否両論あるようなのだが、個人的にはこれ『上手い』と思う。脚本は『クィーン』を手がけるP・モーガン、なるほど納得。『ラストキング・オブ・スコットランド』でも似たような印象を持ったが、シリアスにするならどこまでも突き進めそうな物語を、良いように俗っぽく描ける脚本家なのだと思う。
ポイントがとても明瞭だ。混乱した物語が好きな方には、かなり不満足な結果を呼びそうなほど明確化してしまう。しかも中心に据えるべき物が、たいてい俗っぽい。この俗っぽさが、万人には受けるのだと思う。私もその内の1人(笑)。
複雑なイングランド史、特にヘンリー八世の時代は、新しい宗教が生まれたり、カソリックと決別したり、何人もかみさん変えたり、圧政に苦しんだり、まぁ、色々。アン・ブーリンのこと然りだが、そんなもの、結局は氷山の一角に過ぎないわけだ。
何よりどでかいヘンリー八世の遺物としてはやはり、エリザベス1世を誕生させたことではないだろうか?曰くつきつきの親父に代わって、イングランド随一の栄光の時代を築いたエリザベス1世。明暗を分けた親子の交わった時、それがアンの時代。
そんなものを2時間弱で語ろうとするほうが土台無理な話で、ポイントを明確にして周囲をぼかすことで、見事な大河(メロ)ドラマに仕上がっている。焦点は『姉妹の愛憎』、そして『権力と愛の狂騒劇』だ。
確かにディティールの処理はだいぶ大まかで、委細詳細なんてものは度外している気もするが、ことの『真相』自体が大昔のことで曖昧なのだから仕方が無い。想像80%は必要な物語としては、1人の男と付随する権力を得ようとする女の執念、その後の転落と絶え間ない危機感など、十分にドロドロした昼メロ世界を楽しめる。
初めてこの映画のキャスティングを知った時、そんな愛憎劇に不似合いな2人の女優・・・と思った。しかし流石は押しも押されぬ若手実力派女優たち。十分に魅せてくれる演技合戦だった。S・ヨハンソンは個性勝ちという気がするが、N・ポートマンは体当たりだね、とっても良かったわ。処刑シーンはいまいちだったけど?
男性陣が追いやられるのは仕方の無い脚本なので、ここで『不細工のくせに女好き』だったと評判のヘンリー八世を、思い切って権力だけでなく、美しさももったE・バナにしたのは正解かな?観ていて楽しい♪おまけにちょっと・・・印象薄い人だから、丁度良い・・・。個人的にはJ・スタージェス!やっぱり可愛い!ということでしっかり満足。

ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/04/01)
ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソン

商品詳細を見る


ぽすれん『ブーリン家の姉妹』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。