* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワルキューレ』

2009/11/07 01:53 ジャンル: Category:映画【戦争・アクション】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米/独〕VALKYRIE (2008年)
監督:ブライアン・シンガー
脚本:クリストファー・マッカリー/ネイサン・アレクサンダー
トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン/トーマス・クレッチマン/テレンス・スタンプ/エディ・イザード/ジェイミー・パーカー/クリスチャン・ベルケル/ケヴィン・マクナリー/デヴィッド・バンバー

アフリカ戦線で負傷し、本国ドイツに帰還したシュタウフェンベルク大佐は、アフリカの不毛な闘いから、大戦と総統に対して、大きな疑問と反発心が芽生えていた。負傷のために前線に戻れなくなったシュタウフェンベルク大佐は、本部において反ナチスのレジスタン活動に加わる事となる。彼等の計画の大きな要としては、総統を殺すこと。それによって生まれる暴動と鎮圧部隊を利用して、クーデターに持ち込もうというつもりだった。総統暗殺の重要な任務を任されたシュタウフェンベルク大佐、時は1944年、ヒットラー暗殺未遂、最後の事件が幕を開けようとしていた。

既に『失敗』と分かっている事件を描いているのに、これほどの緊迫感、これほどの重要性を持たせられるというのは大したものだと思う。相変わらず言葉が英語だし、やたらと『イギリス人俳優』の起用が目立ったが、それはそれとして、これは一級のエンターテイメント作品だった。
T・クルーズが主演なのに、全体的に地味なんだね。戦争映画というよりは、ヒットラー暗殺事件を緻密に描いたサスペンス。人の心の動き、状況により移り変わる危機感など、地味ながら十分に魅せてくれる。この地味だが堅実な作りが、本国でも意外なヒットに繋がる所以と解説されていたが、それもやたらと納得だ。
『彼以外のドイツ人がいたことを世に示せ』、泣かすわ。分かっている、集団性の恐ろしさの脅威と共に、それほどの脅威に流されず、国内においてナチス政権と戦ったドイツ人が沢山いたことは分かっている。しかしそんな彼等の意思を目の当たりにすると、やはり改めて胸がズシンと重くなる。
しみじみ、やはりT・クルーズって良い役者だな・・・と思った。国を愛するという純真さ、大義のための正義感、そういう役が良く似合う。良く似合うし、嫌味じゃない。無謀な戦いと思われたものだが、彼の熱い信念というフィルターを通すと、可能なことのように思われてくる。そして、本当に可能だったら、歴史はどれほど変わっていただろうか・・・と思わずにはいられない。作戦が失敗に終わる予感の中、果敢に挑むシュタウフェンベルク大佐の毅然とした姿には惹き込まれたわ。
もう1人、シュタウフェンベルク大佐の右腕となるヘフテン中尉がやたらと良い。とにかく猛烈に良いのだ。気になって調べてみたら・・・『ヒストリーボーイズ』のスクリップス役!?ウソ、大作だからか?2~3度完全脱皮したのか?というくらい良かったのだ。
さてさてこの映画は、そんな素晴らしいスタッフに支えられた、壮大な、壮大な『失敗』の映画だ。主役達の末路も、想像以上に悲惨である。しかし、大戦以前の、本当に心から素晴らしかったと思える祖国に戻る為に命をかけた人々の、壮大な失敗なのだ。ラストに流れる素晴らしい碑銘が、この作品の本質を見事に表していると思えた。

『自由と正義と名誉のために抵抗し、命を捨てたものに恥はない』
you did not bear the shame.you resisted sacrificing your life for freedom, justice and honor.
抵抗運動記念碑より

久々に、とても美しい言葉にも巡り合えた。

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]
(2009/07/24)
トム・クルーズケネス・ブラナー

商品詳細を見る


ぽすれん『ワルキューレ』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。