* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オスカー・ワイルドのコント集 白鳥の歌』

2009/11/08 23:20 ジャンル: Category:読書【古典】
TB(0) | CM(0) Edit

ギヨ・ド・セ編集/堀江 珠喜 訳/アートダイジェスト
フランス滞在中のオスカー・ワイルドは、その類稀なストーリーテリングの才を発揮して、夜毎サロンで小話(コント)を披露していた。それは、ギリシャ神話あり、キリスト教神話あり、祖国アイルランドやイギリスのたわいない人々の物語あり。その小話の数々を書き留めた編者がまとめた、貴重なコント集。

コント・・・と聞くとどうしても、漫才系を思い浮かべてしまう(笑)。オスカー・ワイルドが?などと思うが、『真面目が肝心』などから見ても、確かに、コメディセンスは・・・。なんて、違いますから(笑)、普通の物語、ショートショート。
後書きに詳しいが、果たして真にオスカー・ワイルドによる物語なのか?という真偽は甚だ疑問らしい。何やら必死に『ワイルドらしさ』を論じたてているのだが、さて?全編読んで、誰が語っても不思議ではないような・・・。
3部構成になっているのだが、最初はギリシャ神話、次がキリスト関係と、いささか信仰寄りの内容だ。普通に深い意義が込められた崇高な話・・・というのではなく、オチがシニカルなものが多いので、まぁ確かにこの辺は耽美主義のオスカー・ワイルドらしい・・・と、私もこじつけてる(笑)。
それにしても、巧妙かつ卓越した台詞回しのオスカー・ワイルドが、夜毎サロンで物語を語るなんて、なんとも贅沢なことで羨ましい。ジェイムズ・ジョイスが夜毎パブで飲みながら歌っていたというのも、そこそこ羨ましいのではあるけどね(笑)。

オスカー・ワイルドのコント集―白鳥の歌オスカー・ワイルドのコント集―白鳥の歌
(2009/09)
ギョ・ド セ、

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。