* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マイ・ファミリー/遠い絆』

2009/11/12 17:14 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔仏〕NE T'EN FAIS PAS JE VAIS BIEN (2006年)
監督:フィリップ・リオレ
原作:オリヴィエ・アダム
脚本:フィリップ・リオレ
メラニー・ローレン/カド・メラッド/イザベル・ルノー/ジュリアン・ボワッスリエ/アイサ・マイガ/クリストフ・ロシニョン

1ヶ月のスペイン留学を終えて帰国したリリは、双子の兄ロイックが数日前に家出したと知らされる。何も心配していない様子の両親に腹を立て、連絡の無いロイックを心配する余りに病気になってしまったリリ。そんな彼女の元に、ロイックから手紙が届き始める。兄の家出をきっかけに、自立の道を歩み始めるリリ。学校も辞め、都心に出て1人暮らしを始める。ロイックは父親と諍いをしたために家出をしたと信じるリリだったが、実はその裏に、意外な秘密が隠されていたのだった。

う~ん・・・、なんだか・・・むつかしい家族・・・。両親の取った行動は十分に理解出来るものの、劇中のトーマスの1言に尽きる。『おかしいですよ』。
娘を心配する余り、子供達を愛する余り・・・、とても良く分かるし、それゆえに彼らが取った行動が、どれほどの苦悩を彼等に引き起こしていたか?真実を知った後にその苦痛にいささか胸が痛かった。ただし、その原因を考えると、、、やはりおかしい。特に父親の自虐的な後悔、娘に対する密やかな助言、辛過ぎますねぇ、お父さん。
もちろん、両親のある決断と行動がなけれ成り立たなかったお話。その行動が個人的に理解したくない類なだけで、その行動から生まれる展開は非常に重みもあって上手いと思える。リリの急激な心の変化、両親に対する思いの変化。そして、兄に対する気持ちの変化。推測ではあるが、ラストでリリは全てを知ったのじゃないかな。そして両親を許し、無言で全てを受け入れたのでは?とにかくね、両親が切な過ぎて、何だか可哀想だったのだ。
だって結果的に、あのままではロイックもリリも結局は不幸になる。どこかで真実を告げるなら、早いに越した事は無いと思うのだ。言い辛い真実であれば尚のこと、家族なのだから正直に話して、支え合うべきだと私は思う。美しい家族愛というよりは、偽善の充満した形だけの家族になってしまう。その始まりを見てしまった思いだ。
仮に、それが本作の意向だとしたら、う~ん・・・だったら何故、そんな救いようの無い話を描いたのか?と。ラストの展開からは、僅かな希望と愛情が映し出されていたような気がしたので、これはやはり、私の受け止め方の違いと言えるのかも知れない。

マイ・ファミリー/遠い絆(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初DVD化】【初回生産限定】マイ・ファミリー/遠い絆(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初DVD化】【初回生産限定】
(2008/11/13)
メラニー・ロランカド・メラッド

商品詳細を見る


ぽすれん『マイ・ファミリー/遠い絆』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。