* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャンス』

2009/11/21 18:55 ジャンル: Category:映画【コメディ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕BEING THERE (1979年)
監督:ハル・アシュビー
原作:イエジー・コジンスキー
脚本:イエジー・コジンスキー
ピーター・セラーズ/シャーリー・マクレーン/メルヴィン・ダグラス/ジャック・ウォーデンー/リチャード・ダイサート/リチャード・ベースハート/ジェームズ・ノーブル

あるお屋敷の庭師として働くチャンスは、いつからかそこに住み、外の世界はテレビでしかみたことが無かった。しかし突然のご主人の死によって、チャンスは突然外の世界に放り出されてしまう。当てもなく町をさ迷っていたチャンスは、財界の大物ベンジャミン・ランドの妻であるイブの車と接触し、イブに請われてランドの屋敷で治療することになる。病気で衰弱した当主ベンジャミンは、朴訥として飾らないチャンスを気に入り、財界の大物たちもまた、隠喩めいたチャンスの庭の話に勘違いした感銘を受ける。財界や政界で次第に存在感を増していくチャンスだったが、彼の経歴は大統領が探しても不明のままだった・・・。

そうねぇ?シニカル、ブラック・ユーモア、風刺、乗せられやすい知識人に対する警鐘、この辺の言葉で全てを表せそうな作品。主に槍玉に上がっているのは政治家や財界の大物、メディアの人々。そんなところにあざとさを感じたりもするのだが。
残念なのか笑えば良いのか、己が知識にあぐらをかいて安穏としている人に限って、その無知や理解力の無さを感じると虚勢を張る様が妙にリアルだ。チャンスが語る庭の話を勝手に政治状況に置き換えて満足する姿は、確かにある種の悲哀をもって滑稽である。
そうした身勝手な興奮を表す人々を尻目に、唯一その勘違いを寛容に受け止めさせたのは、御大ベンジャミン・ランド。彼の場合は、チャンスに見出した文字通りチャンス、そして純粋さ、そこに見出せる希望にすがっただけなのじゃないかな?常態なら疑ってかかるはずの機敏さを押し留めて、チャンスをあるがまま以上に受け入れたかったとか?儚さと豪胆さが入り混じった役者の演技も素晴らしかった。
チャンスの語る庭の話、映画といえど、そこにはギリギリの言葉遊びが詰っている。チャンスの語る言葉は、微妙なラインで正常に受け入れられる。大げさな勘違いのおかしさを引き出す直前で手綱を引き締めたような言葉遊びの面白さがあった。
色々な方の感想を調べて見ると、結構多いのが『ラストがいまいち』。そこは私の同感。なかなかこった質の高いブラック・コメディと思わせておいて、製作者は更なる高みを目指したのか?何が言いたかったか?と問われれば、2~3の解釈も捻り出せるだろうが、あえてそこまで考え込むほどの作品か?という感じだ。
本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされたP・セラーズ、こちら噂に違わずという感じ。淡々とした演技で世間知らずのチャンスを演じきっていたが、笑わせようという意図以前に、その飄々とした目に見えない純朴さが笑いを誘う。この作品で主演男優賞は難しかったか・・・とも思うが、助演男優賞を受賞したM・ダグラスの方がやはり上だったかな。

チャンス [DVD]チャンス [DVD]
(2001/07/06)
ピーター・セラーズシャリー・マクレーン

商品詳細を見る


ぽすれん『チャンス』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。