* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バーナード・アンド・ドリス』

2011/01/11 19:50 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕BERNARD AND DORIS (2006年)
監督:ボブ・バラバン
脚本:Hugh Costello
スーザン・サランドン/レイフ・ファインズ/ドン・ハーヴェイ/クリス・バウアー/モニーク・ガブリエラ・カーネン/マリリン・トレス/ニック・ロルフ/ジェームズ・レブホーン/ドミニク・ダン

ドリス・デュークは、父親の遺産を全て受け継いだ、アメリカでも有数の富豪の女性。2度の離婚を経て、中年を過ぎた頃には気ままな独身生活を送っていた。使用人には冷淡なドリスだが、新しく雇ったバーナード・ラファティーは気に入っている様子。献身的で寡黙なラファティは、エリザベス・テイラー等著名な女優の推薦状付きだった。飲酒の問題を抱えるラファティだが、その献身は本物で、ドリスは常にラファティと行動を共にし、密接な関係を築いていくのだった・・・。

限りなく真実に近い話、、、ということらしい。特典映像を見てみると、ドリスとバーナードがかなり近しい関係にあったというのはかなり伝聞らしいのだが、ドリスの死後、バーナードは多額の遺産を遺贈され、尚且つ遺産の管財人に指名されて世間を驚かせたというのは事実だそうだ。そのためバーナードには、殺人疑惑までかけられた騒動だったとか。
確かに、その親密な関係は表沙汰にされていなかったようなので、もしかして弱みでも握っていたのでは?などとは凡人の考えるところ。そのためか本作では、2人の密接な関係が築かれてゆく様を、創造的で好意的に描いた感がある。そこには、孤独な魂が呼応するかのような、ベールに隠された富豪ドリスの人間味と、バーナードの醸しだす影が交錯する姿も垣間見える。
ゲイで孤独で影があって、恐らくは『女性として』ドリスやリズ・テイラーのような芯のある強い女性に憧れを抱いていたであろうバーナード、彼のドリスに対する献身は、そういった憧れが根底にあると分かるので、そんな純粋なバーナードの心をドリスが信頼したというのも素直に受け入れられる。ドリスという女性は福祉活動も熱心だったそうなので、女に憧れ、しかし女性になれないバーナードの苦悩を無意識に保護したかったのかも知れない・・・なんて?実際のバーナードを見ると、もうまんま!色白ででっぷりした、典型的な『アイルランドの酒飲みおやじ』。
いささか不気味さまでも感じるバーナードを、ある意味繊細に演じたR・ファインズとは大違い。余談だが、こういう気味悪い役をやらせたら本当に上手いのよね、この方。ご当人を見てしまうと、こんな複雑な人間関係が密やかに紡がれたとは・・・う~ん、思えない。なんだか狡猾そうな印象まで受けたのだけど?
従ってこれは、純粋にフィクションだとして受け入れるのが良さそう。S・サランドンの演技は紛れも泣く素晴らしく、尊大で自信家で、それでいて縋れるものを求めてしまう女性らしい脆さも巧みに演じていた。莫大な資産を持ち、尚且つそれを増やし、偉大な父の影を守り、しかし母の愛は失った孤独な女性ならかくあらん、といった感じね(笑)。先にも書いたがR・ファインズははまり役で、ドリスとバーナードの閉鎖的で次第に濃密になっていく関係に、彼のいやらしい不気味さはもう最高のスパイス。面白いか?と言われると微妙だが、史実を交えて鑑賞する楽しさは味わえるだろう。

ぽすれん『バーナード・アンド・ドリス』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。