* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヤギと男と男と壁と』

2011/01/15 21:31 ジャンル: Category:映画【コメディ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕THE MEN WHO STARE AT GOATS (2009年)
監督:グラント・ヘスロヴ
原作:ジョン・ロンスン
脚本:ピーター・ストローハン
ジョージ・クルーニー/ユアン・マクレガー/ジェフ・ブリッジス/ケヴィン・スペイシー/スティーヴン・ラング/ニック・オファーマン/ティム・グリフィン/ワリード・F・ズエイター/ロバート・パトリック/レベッカ・メイダー/スティーヴン・ルート

冴えないローカル新聞の記者だったボブは、編集長と妻の浮気によって離婚する羽目に。先の見えないどん詰まりの状態を打破したかったのか、折りよく始まったイラク戦争を取材するために旅立つ。しかし旅先でも結果が出せずにくすぶっていたところ、かつて聞き知ることとなった米軍に密かに存在したというエスパー部隊の精鋭リン・キャシディと出逢う。半信半疑のまま彼に同行して戦地に赴いたボブは、道中リンの驚くべき過去を知る。ラブ&ピースの精神で戦わずして敵の戦意を殺ぐべく訓練された兵士達。隊の創設者ビルとリンの師弟関係、彼らを脅かしたライバル、フーバーの存在などなど。そしてやがて、荒唐無稽と思えた思い出話が、真実と思える結末へと向かっていく。

そもそも、展開自体は大したことないだろうなぁ?という予想はあった。何しろキャストが良いので、観ないわけには行かなかったのだ。そんな期待値から行けば、なかなか面白かったと言える(笑)。
ただ何となく・・・何かが・・・全体的に足りない?という感じ。これと言ってこんな一捻りがあれば!という提案は無いのだが、何か一味足りない料理のよう。だからと言ってこういう料理は、単純に塩を足しても、単にしょっぱくなって余計不味くなるだけ。ことはもっと複雑なところにある・・・と思うのだが?
超能力の扱いを、どうしたいか分からなかったところが難有りなのかな?笑いの方向性がいまいち掴みきれなかっただけか?個人的にはJ・クルーニー演じるところのリンのキャラクターが曖昧に感じられた。
とは言え、何度も言っているようだが、J・クルーニーのコメディは大好き。ブラック・ユーモアには最適なくどい顔と、真面目が笑いに変るあの微妙な間合いの演技。これに加えて、幾つになっても素敵な永遠の少年(という個人的願望)、E・マクレガーがすんばらしく素敵!丸々2時間余り、たっぷり堪能させていただきました。
その他も実力派俳優が脇を固めている。シリアスさとダークな笑いのバランスは絶妙で、配役の重要性ってやつを改めて感じたりする。
FBIや軍隊で超能力者を使った秘密工作がある・・・という噂は以前から度々耳にするので、その所在は確かなところと個人的には思っているが、思うに、これほど馬鹿げた話ではないだろうと(笑)。真実のほどは論議できそうもないが、映画としてはまずまず楽しめる出来だった。

ヤギと男と男と壁と [DVD]ヤギと男と男と壁と [DVD]
(2011/01/07)
ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー 他

商品詳細を見る


ぽすれん『ヤギと男と男と壁と』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。