* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェイカーズ』【ネタもないけどネタばれ注意】

2011/02/03 21:37 ジャンル: Category:映画【サスペンス・ミステリ・犯罪】
TB(0) | CM(0) Edit

〔英〕FAKERS (2003年)
監督:リチャード・ジェーンズ
脚本:ポール・ガーステンバーガー
マシュー・リス/ケイト・アシュフィールド/トム・チェンバース/トニー・ヘイガース/アート・マリック/ルーラ・レンスカ

ケチな詐欺師のニックは、マフィアから借金5万ドルの返済を迫られていた。返済の目処が立たずに困っていたところ、行きつけのバーで働くイブの弟トニーと出会う。トニーには画才があり、折りよくニックは、90年前のイタリアの画家アントニオ・フラチーニの幻のデッサンを手に入れた。そこで彼らは、借金返済のために画商詐欺を思いつくのだが、それだけでは返済額に足りず、ニックは危ない話にも手を出してしまう・・・。

これは残念ながら、脚本が悪すぎる。詐欺師ものの話としては、ラストに驚きと共にスッキリするどんでん返しなどがあるべき!と思うのだが、これはもうだだ崩れで突っ込みどころ満載のグダグダ。同じくイギリスで放映されている詐欺師ドラマ『華麗なるペテン師たち』の方が遥かにレベルが高い。というかこのドラマ、1時間でよくもこれだけ!と毎回感心するほど充実してるからね、比べるのも失礼か。
もうとにかくね、誰も知らないデッサンなら詐欺にうってつけと始めたはずが、ラストで簡単にアラを見つけられてしまう。一介の学者が分かるネタなら、画商なら知っていて当然だろう!と・・・思ってしまえば、この物語全体がダメになる歪み。
ラストのイブの行動も支離滅裂。なんで金を盗んだのか?だったらなぜニックのアパートに戻ったのか?結局あの意味不明で張りぼてみたいな裁判シーンに繋げたかっただけなのか?と。無理やりな人情劇もありがち過ぎて全く響いてこない。ついでに、仮釈放中と指名手配犯は、パスポートがあっても国外旅行はできませんよ!とオーラスで脱力系突込み。
なんかもう・・・イギリス的スタイリッシュさだけを醸し出しているものの、全く内容がついて行ってないのよね。余りにダメダメ過ぎて笑ってしまうぐらいなのだが、造り以外にもしっかりしている。一応映画として成立してるのが不思議。なんと言うか・・・小型版ジェリー・ブラッカイマー作品のような(笑)。
脚本が徹底的に残念なだけで、演出云々は観られるレベル。ついでにどうやら私、M・リスが結構好きみたいで(笑)。余りお目にかかることの無い役者なだけに、これはこれで結構満足だったりする(笑)。

フェイカーズ [DVD]フェイカーズ [DVD]
(2010/11/24)
マシュー・リス、ケイト・アシュフィールド 他

商品詳細を見る


ぽすれん『フェイカーズ』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。