* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キャデラック・レコード』

2011/02/05 20:43 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕CADILLAC RECORDS (2008年)
監督:ダーネル・マーティン
脚本:ダーネル・マーティン
エイドリアン・ブロディ/ジェフリー・ライト/ビヨンセ・ノウルズ/コロンバス・ショート/モス・デフ/エマニュエル・シュリーキー/セドリック・ジ・エンターテイナー/ガブリエル・ユニオン/イーモン・ウォーカー/タミー・ブランチャード/ノーマン・リーダス

1940年代のシカゴ、レナード・チェスという青年が黒人専用のバーを開いた。そこにやってきたのは、人を魅了する歌声とギターテクニックを持ったカリスマ性のあるマディ・ウォーターズと、彼の率いるトリオバンドだった。当時まだ黒人だけの音楽と白人社会に疎まれていたレイス・ミュージックに目をつけたチェスは、マディを誘ってレコードを作る。それが、R&B、ロック、ポップスなどの現在の音楽業界の礎ともなった、チェス・レコードの始まりだった。マディはヒットを飛ばし、天才的なハーモニカプレーヤーのリトル・ウォルターも後に続く。チャック・ベリーやエタ・ジェイムズなど華々しいメンバーを揃え、チェス・レコードは黄金期を築いていく。

まぁあれですね、これまで数々作られてきた音楽の伝記的映画のカテゴリーに綺麗に収まる1本。多くのものは1人のアーティストに焦点を当てているが、これはいわば『スタジオ』メイン。そのスタジオを作ったのが1人の白人であり、その彼が1つの黒人音楽の歴史を作ったという辺りが見所か?白人による黒人差別や、偏見が無かったと言われるチェスによるブラック・アーティストとの微妙な関係も描かれている。サン・スタジオ・・・を思い出すが、これも何か映画になっていなかったか?単に多くの音楽系伝記映画に登場しているから記憶に深いだけなのか?サン・スタジオはエルビスだしね・・・。
役者も良い、演技も良い、演出や展開もスムーズで見やすいのだが、どうも平板な印象。特にこれといって感情移入できる部分が無いのは、単に私が音楽に余り興味が無いからだろうか?確かに、良く知っているアーティストはチャック・ベリーくらいだったしね(笑)。とは言え、例えばチェスの搾取は本当にあったのか?という疑問は僅かに残り、チェスとマディ達アーティストの関係も、余り深く描かれていなかったように思う。個人的には、チェスとアーティストとの繋がりは、金だったのか人情だったのか?どうも良く分からなかった。恐らくはその半々の複雑なものだったのだろうし、当時として、チェスの存在が無ければ、マディはきっと田舎に帰っていたことだろう。必要悪・・・という言葉も浮かぶのだが、チェスという人を、そういう言葉で括りたくないという思い。
そんなチェスを演じたのがA・ブロディ。やっぱりこの人・・・微妙だわぁ~、とにかく微妙なのよ。動いちゃダメの完全モデルタイプ。黙っていれば素敵なのだが、動いてしまうととにかくションボリさん。おまけに、白人通り越して青いから、アフリカ系アメリカ人の皆様と並ぶと亡霊のよう・・・。
劇中で使用されている楽曲の数々は、これは確かに、思わず身体がウズウズするような素晴らしいものばかり。ビヨンセのみならず、全ての楽曲を俳優がパーフォーマンスしているというから、なんとも多彩なハリウッド俳優達である。
特に、リトル・ウォルターを演じたC・ショートの『マイ・ベイブ』がセクシー!本家よりこちらの方が気に入ってしまった。ついでに、M・デフが良いのよ!単に私が好きなだけなのだが、チャック・ベリーじゃん!と1人にんまりほくそ笑む。しかしあれだな、J・ライトを観るたびに、『バスキア』の時はあんなに可愛かったのに・・・と思わずにいられない(笑)、いられないでしょ?それでも本作では、カリスマ性のある存在感のあるマディを魅力的に演じていた。
ということで、これと言って悪く言う部分はないのだが、娯楽作というより教育映画的な淡白さがあったかな?という感じ。

キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/08/25)
ビヨンセ・ノウルズ、エイドリアン・ブロディ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『キャデラック・レコード』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。