* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アフター・ザ・レイン』

2011/02/10 00:45 ジャンル: Category:映画【サスペンス・ミステリ・犯罪】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕DARK MATTER (2007年)
監督:チェン・シーチェン
脚本:ビリー・シェバー
リウ・イエ/エイダン・クイン/メリル・ストリープ/エリック・アヴァリ/ブレア・ブラウン/ロブ・キャンベル/ジョー・グリファシ/ビル・アーウィン/ボリス・マクギヴァー/ジョン・ロスマン/ジョディ・ラッセル/テイラー・シリング

中学から優秀な奨学生としてアメリカにやってきたリウ・シンは、憧れの教授の下で研究に勤しんでいた。ライザー教授は、優秀で勤勉な中国からの奨学生を多く抱えており、リウにも気の合う仲間ができた。地域で中国コミュニティの面倒を見る女性ジョアンナの助力も得て、リウは次第にアメリカに馴染んでいく。しかし天才的な知能のリウは、指導教授であるライザーの理論を否定する論文を書いてしまう。ライザーの反感を買った彼は、論文を認められず博士号を逃してしまう。

アメリカであった乱射事件を基にしたらしいのだが、結論としては、本作に類似した事件を基にしているのか、いわゆる残念ながら幾度と無く繰り返される、乱射事件全般を基にしているのかは分からない。
余り情報は無いのだが、以前見た『
小さな中国のお針子』に主演していたリウ・イエのことをふと思い出して調べたら、本作に出演していたことを知ったのだ。おまけに私の大好きなA・クインが出ているし、『あの』M・ストリープが出演しているなら、まぁ、まずくは無いだろう?という読み。
先にリウ・イエのことを書いてしまうと、以前の日記にも書いたのだが(というかこの日記で、既に本作のことを書いていた(笑))、私が唯一気になった中国系俳優と言って良い。本作でも、暗い印象を残してしまったが魅力的な演技で、アメリカ同様広い土台を持った国で伸びている役者の底力が見えた気がした。御大M・ストリープと渡り合っても奪われることも無く・・・というか、なかなか凛々しい美形さんだから、こちらの目が奪われてしまうだけかも?(笑)
映画としては・・・残念ながらいまいちだったかな?天才と何とかは紙一重という言葉が浮かんだ。リウ・シンは天才的な科学者だったがまだ若く、得てしてこうして頭脳が突出したタイプは、社会に適合するのが不器用だ・・・という個人的な認識。
周囲の友達は博士号を獲って、仮に獲らなかったとしても、優れた頭脳を武器に上手く立ち回って行っただろう。挫折を受け入れる事が出来ないのは、リウがより科学を理解し、その意義を知っていたから。そして、人生よりも宇宙の謎を解明することが重要だと思ってしまったこと。というのは私が必死に導き出した答えであり、映画からは、リウが最終的に乱射事件を引き起こした必然性が全く伝わって来なかった。残念ながら、あれでは挫折を受け入れられないひ弱な子供のようだ。
効果的にリウの本来の生活の場である中国とその両親の姿を差し挟み、それによってリウが中国系アメリカ人ではなく、真髄の中国人としての魂を持っているということが思い出させてくれる。それは上手い手法だったと思うのだが、あれではなんだが、アメリカに裏切られた中国人という縮図が見えて、もしリウがアメリカ人だったら?という偏見的な見方をしてしまう。それはそれで間違いではないのかも知れない?リウが慕ったカフェの女性との一件もあるし。
リウは果たして何に負けたのか?アメリカか、ライザー教授か、いずれにしろ、彼を心から擁護してくれたジョアンナの存在は何だったのか?映画としては、リウが事件を起こす経緯を自然に見せるはずであり、その重要な点に関してはいささか問題が残ったのだ。
時間の流れも良く分からなかった。最後の方で、冒頭からラストまでで3年以上が経過していることが分かったのだが、その流れが全く掴めなかった。多少わざとらしくても、リウの英語が上達するとか、ファッションが急激に変わるとか、もう少し生活の変化を見せるとかしてくれれば、理解しやすかったと思うのだが。まさか3年以上が経っているとは!そう考えると、リウの気持ちも幾らからは考慮できる気もするのだが・・・。
地味でシンプルな作りだが、時間が短いのでラストまでしっかり観られた。特に浮き沈みも無いので、むしろ飽きることも無いといった感じ。ただし!先に言ったL・イエの静かな名演は印象深かったし、M・ストリープは力余ったかというほどそつなくこなしていた。もちろんA・クインは嫌味な役でもとっても素敵・・・というか、嫌味な役が似合うんだ、この人。出演者はこの3人か?と思うほど、3人の存在感が良かったので、全体的にはダメ出しするほどの物ではないと言える。

アフター・ザ・レイン [DVD]アフター・ザ・レイン [DVD]
(2010/05/12)
メリル・ストリープ、リウ・イェ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『アフター・ザ・レイン』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。