* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活』

2011/03/10 12:15 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(0) | CM(0) Edit

ニール・ゲイマン著/金原 瑞人 訳/角川書店
ある夜、両親と幼い娘が惨殺される事件が起こった。しかしその時、まだ赤ん坊だった少年は1人、墓地に迷い込んで命拾いをする。今は閉鎖されて保護区になっているその墓地には、古の住人が平穏な『余生』を送る場所であり、そこで少年は育てられることとなった。幸福なカップルとして人生を終えたオーエンズ夫妻に引き取られた赤ん坊はノーボディと名付けられ、後見人である謎めいた男サイラスに見守られながら成長する。しかし、暗殺者の本当の目的はノーボディだったのだ。時を経て迫る暗殺者の影、彼らが属する友愛組織とは何なのか?

なかなか面白かった。この作家は初めてなのだが、なんと!映画『スターダスト』の原作者なのね
。馴染みはあるわけだ。まだ観ていないが、『コララインとボタンの魔女』の原作者でもある。その辺からも、この作者の作風を推測することは容易い。
少し戸惑ったのは、全般的に物事の説明が少ないこと。冒頭からいきなり凄惨な殺人シーンが展開され、不可思議な男が赤ん坊を殺そうと躍起になる。しかもその赤ん坊には幽霊が見え、それは彼が思春期になるまで続く。謎の男サイラスとは何者なのか?もちっと現実的なところでは、ボッドはいかにしてお風呂に入ったり散発したり、日常的な生活を支えられていたのか?その辺に関しては幾分触れられてはいるのだが、ボッドを表面的に描写する部分は少ないし、それゆえかキャラクターの姿が余り浮かび上がって来ないのだ。
ボッドは日常の中でいくつか不思議な体験をするのだが、それもいまいち説明不足で『???』という気がしないでもない。物語に絡む幾つもの『???』は後半に連れ解明されていくのだが、それとてやはり、説明不足感は否めない。サイラスの不在の謎や友愛組織に絡む現実感とファンタジーの境界線なども不可解なまま。
なのだが、面白く興味深く読めてしまったから不思議。これまで挙げたことが些細な不足だとは思わないのだが、確立された世界観が全てを帳消しにしてしまえたのかも知れない。純粋に『こういうものだ』と受け止めて、浮き彫りにされた物語の核だけを楽しむことが出来た。ボッドの浮遊するような掴み所の無い雰囲気や、彼を取り巻く漠然とした孤独などが寒々とした墓地の描写と相まって、作品全体が幽霊のような印象。こうした世界観を生み出せる著者の力量は、特筆すべき点だと思う。
私たちが過ごす日常とはかけ離れたボッドの日常だが、その中でボッドは友情を見つけ、幾つもの世界を生きる。魔女狩りにあったライザとの時を超えた友情、現実世界でのスカーレットとの交流。生活環境がその人を作るとでも言うか、姿を消したり壁を通り抜けたり、人々に恐怖を植えつけたり夢を操作できるボッド、彼の日常は、子供たちにはある種憧れの世界であるかも知れない。
友情や信頼を知り、自らの価値観を見つめ自己発見をしたボッドは、広い世界へ旅立って行くのだ。良くある教訓めいた児童書も大好きではあるが、異色でありながら、要点を完璧に押さえたエンターテイメント性の高いこうした作品は貴重だと思う。

墓場の少年  ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活
(2010/09/25)
ニール・ゲイマン

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。