* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『抱擁のかけら』【ネタばれあります】

2011/04/13 23:11 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔西〕LOS ABRAZOS ROTOS (2009年)
監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン・オチャンディアーノ/タマル・ノバス/アンヘラ・モリーナ/チュス・ランプレアベ/キティ・マンベール/ロラ・ドゥエニャス/マリオラ・フエンテス/カルメン・マチ/キラ・ミロ/ロッシ・デ・パルマ

2008年、事故によって視力を失ったかつての映画監督ハリー・ケインは、脚本家として成功し、不自由無い生活を送っていた。ある時、ライ・Xと名乗る男が現れて、父親の横暴と憎悪に関する映画を一緒に作りたいと申し出る。声の響きからライ・Xを過去の知人と結びつけたハリー、そんな過去からの亡霊は、ハリーがマテオ・ブランコだった頃を思い出させた。かつてハリーは本名のマテオ・ブランコとして活動し、意欲的に映画製作を進めていた。そして1994年のある日、映画監督と女優として出会ったマテオとレナは互いに惹かれ合って行く。しかしレナの愛人であり実業家で富豪のエルネストは、嫉妬のあまり2人を精神的に追い詰めて行くのだった。レナの行動を疑い、息子を撮影現場の記録係として送り込む。その息子こそ、ライ・Xの若き日の姿だった。

そうねぇ?悪くは無かったかな。面白かったかと問われると、P・アルモドバル監督の他作品に比べれば、個人的に惹き込まれるポイントが少なかった。例えば『ボルベール <帰郷>』のように、女性の性や生き方をじっくりと描くような面白さは薄く、人軸よりもサスペンス的な物語性が強かった。かといって『バッド・エデュケーション』のように、秘められた過去が次第にトーンを上げながら暴かれていくような緊迫感もなく、その中途半端さがある意味監督の新境地なのか?と、主人公マテオを重ね合わせて考えてしまったり。私が勝手にこの監督の特徴と思っている、人間的な泥臭さや耽美なエロスも余り感じず・・・。
美しいP・クルスがとにかく美しいのは良いのだが、まずそれだけ・・・といった印象。この監督、どうも男性俳優の選び方に難があるのか、マテオ役のL・オマールがいささか薹が立り過ぎ?それだけなら別に良いのだが、場面が1994年にプレイバックした瞬間、余りの安っぽい若作りに思い切り心が萎えたのである。
妙な鬘を被り、若々しい肌に見せるためかファンデーション塗りすぎの不自然な肌。17歳年下のP・クルスと釣り合いを持たせようとしたのか、単に14年という時間の流れを表現したかったのか?だったら!50歳過ぎたおっさんを使わずに、せめて40代半ばくらいの役者にしておけば良いものを・・・。
とまぁ散々な書き方をしてしまったが、悪くは無かったというのは本当だ。後半に向けてサスペンス色が濃くなっていくのだが、その盛り上げ方がヒッチコック風・・・あれ、違う?サスペンスが苦手な私としては、程よくドキドキしながら楽しめた。とはいえ、やはり。。。あの状況で連絡先を残すマテオの軽率ぶりってのも・・・。エルネストが明らかに崩壊した人間性なのは立証済みだったのでは?
ラストはライトなタッチで、いささかコメディ色を感じないでもないのだが、それより何より、マテオの長年の友人ジュディットのキャラクターが、私にはコメディに思えて仕方がなかった。なんでしょうね~あの自分勝手な解釈と告白癖。息子ディエゴもディエゴで、実は本当の父親はマテオなのよ!と朝っぱら一番言われて、『なんだそうか~!そうだと思った!さっ、食べよう!(朝ごはん)』って、なるものですか?
とにかく、結果として個人的に映画本筋以外に気になる突っ込みポイントが多すぎて、本編に集中できなかったのが敗因なのだろう。劇中劇の『謎の鞄と女たち』も、格段面白そうには見えなかったりして・・・(笑)。

抱擁のかけら [DVD]抱擁のかけら [DVD]
(2010/07/07)
ペネロペ・クルス、ルイス・オマール 他

商品詳細を見る


ぽすれん『抱擁のかけら』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。