* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『見わたすかぎり人生』

2011/04/14 22:27 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔伊〕TUTTA LA VITA DAVANTI (2008年)
監督:パオロ・ヴィルツィ
脚本:パオロ・ヴィルツィ/フランチェスコ・ブルーニ
イザベラ・ラゴネーゼ/サブリナ・フェリッリ/エリオ・ジェルマーノ/ヴァレリオ・マスタンドレア/マッシモ・ギーニ/ミカエラ・ラマツォッティ

大学を優秀な成績で卒業したマルタだったが、世界的な不況の波の影響か就職浪人になってしまう。同棲していた恋人は研究のためにアメリカに行ってしまい、生活の場にも困り始めたマルタは、偶然出会った母子に住み込みのベビーシッターとして雇われる。若く奔放でルーズな母ソニアに誘われて、テレフォンアポインターの仕事にも就いたマルタは、ネットを使った効果的な話術でセールストップになり、リーダーのダニエラに特別扱いされる。しかし希望の職にはなかなか就けず、実家の母は病気が悪化する一方、まるで洗脳集団のような強迫観念と崇拝が支配する職場に不安感を感じ始めたマルタは、単発労働者の利益を守る団体に所属するジョルジオと急速に近づいていく。

イタリアでもどこでもこんな商売あるもんだねぇ~と、変なところで感心(笑)。テレアポの強引な営業と客の反応は世界共通のご様子だが、そこはイタリア、猛烈な早口でまくしたてて有無を言わさぬ様は圧巻。マルタ役のI・ラゴネーゼも、相当NG出したろうなぁ?なんて(笑)。加えて、インチキ商売の一種怪しい宗教団体のような様も、知らない世界でもないので世界共通なのだと感心。ヨーロッパの映画を観ていると、風景や価値観など、日本のそれとはかけ離れた部分に魅力を感じたりするのだが、本作は妙に親近感が湧いたりして。マルタの勤め先が、新宿の怪しい界隈に見えたりして。
マルタの迷走する様も、これまた世界共通な部分なのだと思った。日本でも今、有名大学を卒業したり、優等成績であったりしても、職にあぶれる現象が起こっている。そんな人たちと中途採用で戦わなければならない私のような高卒高年齢者には、勝ち目なんぞ無いわと嘆いたものなのだ。マルタは学者の道を目指しているが、それがまた狭き門。夢を叶えるためにこれまでとは違った世界に飛び込んでいく、一夏の物語と言えるだろう。
病身の母、恋人との別離、未知の世界との遭遇、思いがけず母性にも目覚めたりして、これは確かに、マルタにとって『いつもの夏』とは違う、成長の過程で出会う特別な夏だったのだ。人生の道筋に悩む聡明な女性が、思いがけず飛び込む奇妙な世界。本来なら知る必要の無かった世界を客観的に、しかしディープに見つめるマルタの思考の揺れが上手く表現出来ており、それによって物語が進んでいく。学者を目指すマルタと違い、ソニアは生活能力ほぼゼロの女性。しかしそんな彼女にもプライドがあり、その持ち方に誤りはあるのだろうが、これもまた『生きている』女性の一つの姿として良く描かれていた。
そして訪れるラストの意外性、その裏に隠された恐怖、、、サラリと描いているけど、、、結構怖いよこれ?などなど、色々な要素が絡まりながら、やたらと共感できる部分が多くて、個人的には不思議な感じ。こんな風に環境や背景など、生活レベルで共感できる欧米作品は余りない。全体的に良かったと思うのは、恋愛に偏らずにその辺のゴタゴタを適度に描いている点。恋愛に左右される10代や20代前半を越え、大人としてもっと別の要素で人生を一歩前進させる姿が、今風らしく(笑)肩ひじ張らずに描かれていて良いのだ。少女、タイプの違う若い女性、老女が一堂に会して迎えるラストはとても爽やかで、難しい環境を乗り越えて、女性が支えあって生きていく強さ、そんな心地よい空気が感じられた。
当然と言えば当然のごとく、E・ジェルマーノが観たいだけで借りた本作だが、意外にじっくりと楽しめた作品だったな。E・ジェルマーノと言えば・・・チョビ髭変だし、やばい役だし、眼鏡が妙にファッショナブルだし最後の方でキラリと光るものがあったが、情けなさにおいて。。。という残念感は否めない。次に期待だ!

見わたすかぎり人生 [DVD]見わたすかぎり人生 [DVD]
(2010/02/26)
イザベッラ・ラゴネーゼ、サブリーナ・フェリッリ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『見わたすかぎり人生』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。