* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ニューヨーク、アイラブユー』

2011/05/24 22:47 ジャンル: Category:映画【ロマンス】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米/仏〕NEW YORK, I LOVE YOU (2008年)
監督:チアン・ウェン/ミーラー・ナーイル/岩井俊二/イヴァン・アタル/ブレット・ラトナー/アレン・ヒューズ/グリニッチ・ヴィレッジ/シェカール・カプール/ナタリー・ポートマン/ファティ・アキン/ジョシュア・マーストン
出演:ヘイデン・クリステンセン/レイチェル・ビルソン/アンディ・ガルシア/イルファン・カーン/ナタリー・ポートマン/オーランド・ブルーム/クリスティナ・リッチ/マギー・Q/イーサン・ホーク/ロビン・ライト・ペン/クリス・クーパー/アントン・イェルチン/オリヴィア・サールビー/ジェームズ・カーン/ブレイク・ライヴリー/ドレア・ド・マッテオ/ブラッドリー・クーパー/シャイア・ラブーフ/ジュリー・クリスティ/ジョン・ハート/カルロス・アコスタ/ジャシンダ・バレット/テイラー・ギア/ウグル・ユーセル/スー・チー/バート・ヤング/イーライ・ウォラック/クロリス・リーチマン/エミリー・オハナ/エヴァ・アムリ/ジャスティン・バーサ

アメリカの大都市ニューヨークでは、毎分毎秒の出会いがあり、別れがある。ナンパした女性の愛人の財布を盗んでしまったスリの青年や、街角で気取ってナンパしたつもりが、相手が素人では無かった男性どちょっと不器用な出会いがあれば、プロムの夜の魔法の一夜、レストランの前の不思議な男女の会話、老夫婦のハートフルな一時など、素敵な出会いや関係もある。親子の愛、宗教を超えた愛、行きずりの本気の愛、愛とも言えないただ見つめるだけの気持ち、ファインダーを通せば誰もが主人公、ニューヨークを舞台に、様々な『愛』の物語が紡がれていく。

パリ、ジュテーム』に続く大都市物語。個人的には、前者とり見やすかったし面白かったかな。そこはかとなく漂うヨーロッパ感、それでも根っこはハリウッド。何にしろこの豪華なキャストが面白い。監督の知名度も本作のほうが上かな?オムニバス感が強かった『パリ、ジュテーム』より連続感があったのも良かった。物語のバラエティー感は『パリ、ジュテーム』の方が格段に上なのだが、本作は徹底的に『愛』にこだわった作りなので十分な仕上がりだろう。それに、どの愛も『幸福』であるのが良い。『痛さ』があったほうが質は上がるのだろうが、必要ないと思う人だっている、ここに(笑)。
『愛』『出会い』『ニューヨーク』をキーワードにスタイリッシュに展開する物語、個人的に知っている監督も多かったので、その特色も楽しみつつ、フワっと気持ちが暖かくなる雰囲気の映画だった。M・ナイールの作品は余りにも彼女らしく、F・アキンの作品もエッジの聞いた感じにらしさがある。個性的な監督の作品が上手く調和されていて、編集の大変さを考えると共に、きっと面白かっただろうななんて思ったりして(笑)。実力のある監督の個性を繋ぎ合わせる作業って、プロ冥利に尽きるでしょうね。
岩井監督の作品は唯一くらいに孤立したエピソードだったのだが、実はこの話が一番好き。可愛いわ、心の片隅でカビが生えて固まっていた乙女心が少しばかり再生した感じ(笑)。本の影から現れたC・リッチのキュートな顔にこちらも思わずニンマリしてしまった。J・バーサのさりげないラストエピソードも微笑ましかったが、やはり老夫婦の悦の言った口喧嘩がなとも微笑ましい。出会いがあって、幸せで困難な結婚生活を経て、ただ2人、お互いを傷つけることもなくなった軽口程度の戯れの口喧嘩を繰り返しつつ、共に歩んでいく姿が素敵過ぎる。
短編を描くのは難しいと何度もこのblogで描いているが、本作のどの話も素晴らしい構成と展開で楽しめた。E・ホークとM・Qの町角の語り合いなんて本当に上手い。最初と最後で見事に覆される立場、がらりと変わる雰囲気、短編を読むのは大好きだが、こうした質の良い映像としての短編も実に高い満足感がある。削ぎ落とされた物語の核とその表現手段の妙技、いやぁ、好きだねこういう映画。

ニューヨーク, アイラブユー [DVD]ニューヨーク, アイラブユー [DVD]
(2010/08/27)
不明

商品詳細を見る


ぽすれん『ニューヨーク、アイラブユー』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。