* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ある秘密』

2011/06/06 23:06 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

フィリップ・グランベール著/野崎 歓 訳/Crest books
一人っ子のぼくは、幼い頃から想像上の兄と共に過ごしてきた。屋根裏で見つけた縫いぐるみに、なんとなしにつけた名前を呼ぶと複雑な表情をする母、ひ弱なぼくを悲しげに見守る父に、不自由なく育てられてきた。体育会系で美しい両親、その出会いや過去を想像していたぼくに知らされた真実の過去。それはあの大戦時代、ぼくの想像とはかけ離れた男女の物語だった。

高校生が選ぶゴンクール賞受賞作、あのゴングール賞を高校生が選んだら?という主旨の作品賞らしいのだが、本選を当ててしまうこともあるそうで、侮れない賞なのだとか。なるほど高校生が選んだらしい簡潔な物語であったのだが、これを高校生が選んだのか!と感心できるような内容の物語でもあった。こうした視点を享受し、評価できる高校生がいるって将来が期待できるよね(笑)。
第二次世界大戦において、ヨーロッパ中が逃れ得なかったユダヤ人迫害を軸とした、著者の自伝的作品である。はっきりとは書かれていないが、ほぼ完全なる自伝であるようだ。主人公のぼくは著者フィリップなのであり、美しく逞しかった両親の過去とその後も真実なのだろう。
第二次大戦中の憎むべき迫害は、多くの物語を生んだ。その生々しい悲劇を綴っているのだが、文体は簡潔で清潔で読みやすく嫌味が無い。この文章を綴る事で、著者自身のわだかまりが浄化されていたのが何となく理解出来るような仕上がりだった。1つの物語としてはドラマティックであり意外性があるのだが、この話題としては悲しいことに『良くある』物語だ。本当にあの時代、多くの人の人生を狂わせたのだと改めて思った。これは、紛れも無いノンフィクションなのだと痛烈に思う。
この作品を高校生が賞賛したのには、もう1つの視点があったからかも知れない。両親もそれぞれ1人の人間であり、過去には自分の知らない、自分と同じような青春や愛があったのだということ。当たり前に誰かを愛し、それ故に人間臭いこともする。それが汚いことであれ、過ちであれ、両親ではなく1人の人間として見つめ直すきっかけを高校生に与えたのかも知れない。
主人公の両親は大ロマンスではあったものの、それ以上の悲劇が2人のロマンスを包んでいた。ぼくの知らない悲壮な過去。幸せだったはずのぼくが背負った、もう1つの人生。自分が生まれる前の人生が余りに密接に背後にある感覚、両親の生きた全く別の人生。自分軸ではない家族の歴史に戸惑うぼくの気持ちが手に取るように理解できて、とても不思議な気持ちになった。これがもし自分だったら?と、ありもしない劇的な過去をリアルに感じてしまったのだ。
この作品を読んだ学生達はきっと、両親を1人の人間として見直し、彼等のもつ人間性を再考したことだろう。両親とより多くの話をするきっかけを作ったのかも知れないと考えると、著者が示した赤裸々な過去は、現代において有意義な時間を多く生み出したことになるだろう。悲劇を背負い、それに打ち勝つことが出来なかった彼の両親も、その事実をもって昇華してくれれば嬉しいと思う。読みやすく飛ぶようにページをめくれる作品ではあるが、一読の価値はあるだろう。

ある秘密 (新潮クレスト・ブックス)ある秘密 (新潮クレスト・ブックス)
(2005/11)
フィリップ グランベール

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。