* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『馬を盗みに』

2011/06/17 22:49 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

ペール・ペッテルソン著/西田 英恵 訳/EXLIBRIS
1948年の夏、ぼくは何度目かの父との旅行に行った。山小屋を借りて男2人の通じ合った時間。近所には年の近いヨンという友達がいて、毎夏毎にぼく等は親友になる。しかしある事件が起こった翌日、ヨンは姿を消していた。それまでの夏とは違って、急速に大人にならざるを得ない夏。その夏ぼくは、父の戦時中の過去を知ることになる。そして父は、ぼく等にとって重大な決断をしていた。

少年の魔法のような一夏を描いた物語とは違い、急速に大人になるための、心の痛みを伴う一夏の成長を描いている。知りたくなかった父の過去、僕と父だけの小さな世界が壊されてしまう父だけの過去。大戦中に父の不在を健気に堪えた少年にしてみれば、その父の過去は裏切りとも言えるのではないだろうか?そして、父の過去に関わる美しい女性、少年はその女性に淡い恋心を抱く。なんとも、、、興味深い要素がたっぷり詰った物語なのだ。
文体も穏やかでどこか幻想的で、ノルウェーという北国に訪れる短い夏を鮮やかに描いた感がある。美しい自然の描写、交錯する過去と現在。過去に関する記述は、少年らしく爽やかで暖か味がある。少年はまだ何が起こるのかを知らず、ゆえに父との濃密な男だけの時間を、宝物のように大事に過ごしているのが分かるのだ。その父との親密な時間が親密であればあるほど、その後の少年の成長に暗い影を落とす起点となってしまうのだが。
暗い影が徐々に差し迫って来ているにも関わらず、少年らしい無関心さと解釈で、父親との時間を守ろうとしている姿は健気ですらあると思うのだが、対して父の行動は、不誠実ではないか?と思ってしまった。戦時中、生死をかけた活動をしていたのかも知れない、人の死もたくさん見たのかも知れない、生きるということに、それまでとは違った意義を見出したのかも知れない。愛する家族、愛する息子と安穏と暮らしていく以上に大切な、裏切りの人生に意味を見出したのかも知れない。
父の真意は分からない、父という人物像が上手く描かれていなかったわけでは断じてないが、父の気持ちを脇に追いやることで生まれる効果もあったのだろう。ただしその曖昧さが、結局物語のドラマ性を損なったと私は思う。敢えて淡々とした展開を貫き通す事で生まれた深みがあるとは思うのだが・・・。
結局、主人公が思い悩んだ謎の答えは得られぬまま、読者としても興味深く見守ったつもりが肩透かし。想像にお任せするということか、その答えは大きすぎて答えられなかったか、私が思うほどに重要なポイントではなかったのか?いずれにしろ、父の誠実さを信じたかった気持ちにはもやもやが残った。とは言え、そんな父の極端な相反する印象を包括して完璧だと思える仕上がりなのがなんとも・・・くやしい(笑)。私のそうしたもやもやも、計算ずくの誘導だったのか?と思えてくる完成された世界観がある。読後の印象は、透明感のある穏やかさ。痛みを伴う内容の作品のはずが、とても美しい物語を読んだ気にさせる。これこそが、文学の持つ威力なのかも知れない。物語の本質と美しい文章の相乗効果をお楽しみ頂けるだろう。

馬を盗みに (エクス・リブリス)馬を盗みに (エクス・リブリス)
(2010/12/16)
ペール ペッテルソン

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。