* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チズラーズ』

2011/07/07 00:08 ジャンル: Category:読書【シリーズ】
TB(0) | CM(8) Edit

ブレンダン・オキャロル著/伊達 淳 編/恵光社
3年前に突然家長を失ったブラウン一家だったが、母アグネスの大らかな教育の元、子供たち7人は無事に成長していた。長男マークは家具職人としての道を歩み始め、ローリーは美容師見習い。双子のダーモットとシモンは工業学校に入り、娘のキャシーは13歳とおませな年頃に。おっとりしたトレバーには意外な才能が秘められていたりと一家は幸せ・・・のはずが、次男フランキーはパンクな不良になって問題ばかり引き起こし、ダブリンの都市再開発計画のため、一家は郊外のフィングラスに引っ越すことになってしまった!マークの勤め先のワイズ・コーポレーションは倒産の危機にあり、ローリーの素行にもなにやら問題が・・・。賑やかなブラウン一家の第2章。

前作『マミー』から3年後の1970年から物語が始まる。本作も、笑って、笑って、泣いて大泣きした。この作品は、私がアイルランドを愛する理由がぎゅっと濃縮されている。どこを切り取ってもアイルランド、アイリッシュの不屈で愛すべき素質が垣間見られる。アグネスのあっけらかんとした様、マークの柔和で不屈な様、ダーモットの利発で巧妙な様、キャシーの奔放で、しかし純粋な様、悲しいかな、フランキーの堕落していく様までもがアイルランドそのものなのである。
前作より子供達が成長した分、アグネスだけではなくて子供たちのあれやこれやに当てられる部分が増えている。比例するように、アグネスの苦労も分散されている。さぞやアグネスも大変だろうと思いきや、マークの成長が著しく、前作ではしっかりしていたが子供らしい健気さがあったものが、今作では立派な大人として、家族とアグネスを支えていく。
前作ではブラウン一家が立ち直り、アグネスが家族の長として成り立っていくという一本柱があったのだが、子供たちの経済的援助に加えて、彼らの成長という要素が入り込むことによって問題の質が変化し、より社会的に深刻なものへと変わっていく。それでもアグネスは相変わらず愛らしいまでの大らかさを発揮し続け、それゆえにマークの助力が大きく影響していくのだ。
相変わらず、映像が脳裏にまざまざと浮かぶ文章だった。映像関係の方の作品は本当に、見せる言葉に長けていると思わせられる。細かく散々笑わせておいて、いとも簡単に感動の大波を打ちつけてくる。。全く、、、まんまと楽しませて貰いましたよ。電車の中で何度涙を飲み込んだことか(笑)。
前作の観想でも書いたのだが、やはりアグネスは幸せ者だ。私も子供たちから黄色と真っ赤なバラを貰ってみたい(笑)。『世界中のバラを集めてもまだ足りない』、なんて賛辞の言葉を受けてみたいものです。少しずつ子供たちはアグネスから離れていくけれど、アグネスの真直ぐな思いは子供たちから離れることはないのだろう。小奇麗ではないけれど、心に真直ぐに突き刺さる飾らない愛情が余りに暖かい。
ラストは衝撃の展開が待っている。まさかと思うが、アイルランド文学として妙に納得してしまうところもあった。現実は何より絶対的に厳しい、それはアイルランドの人達が長年の歴史で学んできたことだろうから。例え物語の中ででも、絶対的な厳しさがあるのが当然なのかも知れない。それでも甘ちゃんな私が思うには、アグネスにもうちょっと努力させて上げて欲しかった。幻想を追い続けるのではなくて、現実を知って助ける努力をさせて上げて欲しかった。その結果が例え変わらなかったとしても、アグネスにはそうするだけの権利があったのだから。せめて最後の言葉を、交わさせて上げて欲しかった。
この作品がアイルランドで受け入れられるのは良く分かる。かつて『
アンジェラの灰』が熱狂的に受け入れられた反面、余りの貧困描写の激しさに苦情が出たというのと比例していると思うのだ。『アンジェラの灰』の貧しさは本物だろう、しかしあの作品には、アイリッシュたちが闘う糧としてきた陽気さと奔放な前向きさ、ひたむきさが無い。悲惨さは認めてしまえば苦しみだけしか残らない、アイルランドの人々は、悲惨さを笑いに、闘志に換えて生き抜いてきたのだから、本作の陽気さや純粋な感謝の気持ちの方が、読み手の感情にぴたりと寄り添ったのだろう。
無知であることを恥じない、がむしゃらであることに気負わない、精一杯であることが当たり前の人生。アグネスのそんな人生は半ばに差し掛かった。子供たちの個性がはっきりと描きこまれた本作、そんな彼らの結婚、新たな人生の始まり、喜びと悲しみが半分に分かれた今作、最後を飾る3作目への期待が弥が上にも高まるというものだ。嬉しいことに、本作を出版して下さった恵光社さんで続編の刊行が予定されているという。前作の観想での公約通り(笑)、お取り寄せにて新刊購入。次回も新刊で購入すると誓います、一日も早い発売を期待しております。

チズラーズチズラーズ
(2011/05/20)
ブレンダン・オキャロル

商品詳細を見る

No title
>伊達さま
凄い!お忙しいのに、もうお読みになったんですねぇ~。
私なんて自分のblogすら確認する余裕・・・なし。
どこでもなんでも、コメントいただけるのは嬉しいです!パディも気に入って頂けたようで、重ねて嬉しいこと(笑)。

私はほとんどをただただ楽しく読み続け、ラストで一気に少年が『大人』にっていく様に猛烈に胸を打たれたのを覚えています。この頃はアイルランドを良く知らなかったのですが、だからこそ、アイリッシュの力強い雑草のような国民性を無意識に感じられたのかも知れません。

『コミットメンツ』は映画ともども名作ですしねぇ。『アイリッシュはヨーロッパの黒人だ』って、言いえて妙、名言だと思っています。
[ 2011/08/15 22:10 ] [ 編集 ]
『パディ・クラーク ハハハ』
hiyoさん、

こんにちは。毎日暑いですね。

『パディ・クラーク ハハハ』を読みました。ダイナミックな展開があるわけではないけれど、強烈な印象の残る本ですね。いたずらとか、びっくりするぐらい度を越えていますし。ハハハ、なんて笑っていられないぐらい。

だけど、永遠に自分たちの遊び場だと思っていた町がどんどん開発されていって、そういう寂しさに敏感な子供たちの心情はよく分かります。両親がどうやら喧嘩をしているみたいだとか、それを自分がどうにかしたいと思うところなど、不憫に思ってしまいそうなシーンも何となくおかしみがあって、笑い飛ばすことはできないけれど温かい気持ちで見守りたくなるようなユーモアが散りばめられていて、じわじわと感じるものがありました。

いい作品を紹介してくださってありがとうございました(ここに書き続けていいものかと思いながら書いてしまいました)。
[ 2011/08/08 12:49 ] [ 編集 ]
No title
伊達さま
そうなんです、『ザ・コミットメンツ』がやはり有名ですかね。
是非、お試し下さい♪

『翻訳されていない名著(なはず)の作品に関しての考察』を語らせたら、2~3時間ぶっ通しで話せる自信あります(笑)。
だから、翻訳者の方、もちろん翻訳作品を手がける出版社は私の命綱なのです。小説が読めなくなったら生きていけないわ
[ 2011/07/17 19:04 ] [ 編集 ]
No title
hiyoさん、

『ザ・コミットメンツ』の原作の方ですね。今度読んでみます。そしてなるほど、色々と翻訳されていない作品がたくさんあるんですね。未訳の良書の発掘は翻訳家として大切な仕事の一つだと思っています。
[ 2011/07/14 12:01 ] [ 編集 ]
ロディ・ドイルです。
伊達さま

ご質問の作品ですが、結構有名な作品です♪
『パディ・クラーク ハハハ』ロディ・ドイル著です。
ブッカー賞受賞作ですが、実は私、ブッカー賞受賞作品ってかなり鬼門でして、逆に言ったら、なぜこれほどストレートな作品がブッカー賞?という(笑)。

ロディ・ドイル無くして私のアイルランドは語れないのですが、この方も余り日本では翻訳されていない作家の1人。無駄にアイルランドから買ってきても、結局読めずに本棚の肥やしになっています。。。
ええそうなんです、翻訳されていないんですよ~。
[ 2011/07/12 23:42 ] [ 編集 ]
No title
hiyoさん、

 >お暑い中大変でしょうが、巷で首を長くしている者がいることを励みに頑張って下さい(笑)。

ありがとうございます。これでもう暑くても寒くても頑張れます!

「素敵なブラウン一家とも次でお別れと思うと寂しい」だなんて、翻訳家冥利に尽きます。ありがとうございます。ぼくもこの三部作を初めて読んだ時に、読み終えたくないと思ったことを今でもよく覚えています。

hiyoさんがアイルランドに惹かれるきっかけとなった一冊というのを教えていただけませんか? ぜひ読んでみたいと思います。
[ 2011/07/11 12:52 ] [ 編集 ]
そうなんです
伊達様
コメントありがとうございます!
こちらこそ、翻訳、出版していただいて感謝の言葉もありません。
本当はもっともっと書きたいことがあったのですが、blogの記事なんてほどほどの長さでないと。十分長いといつも言われますが(笑)。

素敵なブラウン一家とも次でお別れと思うと寂しいですが、次が読める幸福をかみ締めて『グラニー』の刊行を待っています!年内刊行予定とのこと、お暑い中大変でしょうが、巷で首を長くしている者がいることを励みに頑張って下さい(笑)。

私がアイルランドに惹かれた理由は、一冊の小説でした。まさにブラウン一家のような気質を持った少年の物語。アイルランドという国が持つ複雑で悲壮な歴史的要素が生み出した力強い人々の姿にいたく感動して、以来アイルランドそのものを追い求めるようになったのです。

本作のようなアイルランドらしい作品が多く日本で出版されることは、とてもとても嬉しいこと。今後のご活躍を期待しております。

ところで、そうなんです!7日は私の誕生日!なんですが、さすがにそろそろ嬉しくもないというか(笑)。併せてお祝いのお言葉、ありがとうございました。
[ 2011/07/08 22:40 ] [ 編集 ]
No title
hiyoさま、

こんばんは。前作『マミー』に続いて今回も素敵なご紹介文をありがとうございます。本当に嬉しくて、何度も読み返しました。hiyoさんのようにアイルランドを愛されている方に、「アイルランドそのもの」だと評していただけて、翻訳、そして出版してよかったと心から思えました。サイドバーの「おすすめ!Novel」のコーナーでもご紹介いただき、ありがとうございます。

子供たちの自由奔放な成長に伴って、子供たち一人一人も家族としてのブラウン家もこれまでのようには無邪気ではいられなくなって、そんな中でも前向きな姿勢を失うことなく、本当に愛すべき家族だと思います。それでもやっぱり、子供が(特にフランキーのような形で)親の手の届かないところに行ってしまうのは、幸福ではない形の一つだと痛感しました。hiyoさんがおっしゃるように、アグネスがもう少しでも手を差し伸べることができていれば、この哀しみも少しは性質を変えてくれたのかもしれません。

「アイルランドの人々は、悲惨さを笑いに、闘志に換えて生き抜いてきた」というのは重みのある言葉ですね。そういう気質を備えたブラウン家のみんなと出会えたことを、出会った当時と同じぐらい今も幸福に感じます。最終章もぜひ楽しみにしていてください。

hiyoさんは今日お誕生日だったんですか? おめでとうございます。素敵な一年になりますように! これからもよろしくお願いします。
[ 2011/07/07 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。