* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の砂

2011/08/05 23:00 ジャンル: Category:2011年☆日記☆
TB(0) | CM(0) Edit

松田直樹選手の訃報が、どうにも自分の中で上手く受け止められない。
倒れたと聞いたとき、何となく漠然と、『こういう人達』は奇跡的に回復するものだと思った。まさか、そのまま逝ってしまうだなんて・・・。ただとにかく悔しくて、悔しくて。
何がそれほど悔しいかと問われれば、答えは多岐に渡って山ほど浮かぶ。一度は日本代表としてあの青いユニフォームに身を包み、全ての選手の夢舞台であるワールドカップのピッチにも立った。その後も横浜のピッチに立ち続けた松田選手の新たな挑戦、夢は所属する松本山雅FCの『J1昇格』。長年在籍したチームからの戦力外通告は痛手だっただろうが、それをバネにして新たな挑戦を探す、無類のサッカー馬鹿、熱い男だったのだ。

夢半ば、それは余りに虚しい言葉だ。34歳、余りにも早い、人生はまだまだこれから。サッカー選手としての人生を全うした後は、私は彼のような存在こそ、日本人監督として将来日本を率いることが出来るのではないかと考えていた。彼の第二の人生は、歩むことなく閉ざされてしまった。
『無言館』というのをご存知だろうか?絵画の世界を志し、筆を持ち、夢を追った若者達が、戦争に行ってその命を散らし、無名のままに、成し遂げることなく逝ってしまった。そんな若者達の作品を展示しいている美術館だ。繊細なタッチ、挑戦的なタッチ、決して名画と呼べないまでも、彼らの生きた証が飾られている。こうした若者達の無念の思い、夢を断ち切られた思い、戦争で国のために戦うという大義のために失われた才能を思うと、松田選手はまだ幸せだったのだろうか?などと考えてしまう。
いずれにしろ、夢を持つのは素晴らしい、それを達成するのは自分自身だ。しかし達成できる時間は、運命のみが決められるのかも知れない。私たちに当たり前にある時間は、決して無限ではないと、今夢があるのなら、一刻も早く叶える努力をすべきなのだと思わせられる。無為に生きるな、ただそれだけを痛烈に思う。

そんなこんなの中でも、私の大きな後悔、悔しいという気持ちの根源は私自身にある。
私は、代表の頃から、Jリーグで活躍している頃も、密かに松田選手が好きだった。横浜に越してきた時も、『横浜か~、横浜F・マリノスか~、松田選手がいる!』と真っ先に考えたのだが、引越しと同じくして移籍、とても残念にも思ったものだった。常々言っているが、選手の質や技術より、人間性を重視してスポーツを見てしまう。そんな基準からしても、サッカー馬鹿の塊のような男らしさが好きだったのだ。

テレビで取り上げない試合や選手のことは、日々の忙しさにかまけてなかなか追い辛い。それでも松田選手のことは常に気にかけていたのだが、松本山雅FCに移ってからはままならず。HPを見てみようとか、ニュース検索してみようとか色々考えるのだが、もっと身勝手な理由、勉強だとか仕事だとか遊びだとかで、それもせぬままだった。それでもまだ時間はあると、元気に活躍している姿はいつでも見られると当たり前に思っていたのに、もう2度と、今を駆け抜ける松田選手の姿を見つけることが出来なくなってしまった。
やはり今だ、今を大事にしないと、後には結局、後悔しか残らない。過去の松田選手の活躍はいつでも見られる、でもこれからの松田選手の活躍はもう見られない。何度も言うが、私はそんな自分の怠慢を、今一番後悔している。

あれをしよう、これをしよう、でもやっぱり、明日にしよう。その明日は、来ないかも知れない、私にも、誰にも。刹那的に生きろ!とまでは言わないが、『明日にしよう』は危険なのだ。明日はもう無い、私にあっても、私が望む人には無いのかも知れないのだから。
やはりこんな後悔は、もう2度としたくない。取り戻せない時間を、赤の他人の死をこれほど悔やんだ事は無い。いつだって一生懸命に生きよう、今思うのはそれだけだ。松田選手の生きた濃密なサッカー人生を考えて、私にその100分の1でも苛烈に力強く生きることが出来たなら、きっとこんな後悔は、もう2度としなくて済むのだろう。

安らかに、幸せに、お眠り下さい。ご冥福を、心より。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。