* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛のパレード』

2011/08/11 21:37 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

セルヒオ・ピトル著/大西 亮 訳/現代企画室
大学教授でもあり歴史家でもあるデル・ソラールは、妻を亡くして海外生活を辞め、2人の子供をつれて故郷メキシコに帰ってきていた。メキシコが大きく変わった1941年の出来事をまとめた論文がもう直ぐ出版されるが、自らの研究成果にどこか満足の出来ない気持ちがあった。そんな折、子供の頃に一時期過ごしたミネルバ館を訪れる。子供時代の朧な記憶の中に残る発砲事件。尊大で謎めいた伯父、厚顔無恥で大袈裟な伯母、病弱な従兄、派手な隣人達。激動のメキシコ史の中で忘れられた事件を追って、デル・ソラールは当時の隣人達を訪ね始める。

余り大した知識も持たぬまま読み始めて、これはなんだ?ミステリなのか?と。ほとんどがミネルバ館のかつての住人たちの語りによる進行だ。主人公デル・ソラールが幼い頃に出逢った発砲事件は、3人の人間を傷つけ、その内2人の若者の命を奪う。果たしてそれは事故だったのか?それとも、政治が絡む血生臭い陰謀なのか?
語りだけで進んでいく作品は余程構成がしっかりしていないとつまらなくなると思うのだが、本作は緻密な構成と巧みな言葉使いによってサクサク読み進める仕上がりだ。が、しかし、いかんせん『メキシコ』のことを良く知らない。アメリカと国境を境にしてある南米の国で、スペイン語が公用語で、物価が安く(アメリカから見たら)、治安が悪く、なにやら色々過去に政治的な問題があって、今現在までも不安定さが解消されていない・・・らしい。何より私がはっきり知っていることは、ディエゴ・ルナとガエル・ガルシア・ベルナルの故郷ということと、サッカーのメキシコ代表のエルナンデスが結構可愛い!ということなのだ。
本作は、そんな私の無知を果てしない彼方に置き去りにして、がっつりメキシコの政治状況や歴史が本流として脈々と組み込まれいる。正直、物語の筋の半分は理解不能な情況だ。時々書いているのだが、これがアイルランドの1916年から1950年頃までを題材にした作品だったら、かなり理解できるであろうものを。例えば置き換えれば、1923年ころのコークかドネゴール辺りが舞台で、アングロアイリッシュの領主の屋敷がアパートに替えられていて、そこで暮らす有権者や芸術家達の一夜のパーティとその後の事件。亡くなったのはプロテスタントの若者とIRAを継父に持つフランス人の青年・・・とかだったらまだしも・・・。う~ん、多分そんな要素の物語だったのだろうな?と。
というわけで、自ずとミステリ部分に意識が集中する。果たして、その夜の出来事の真相はなんだったのか?幾つかの銃弾が変えた人々の人生とは?と期待して読み進んだのだが、なんとも反則な結末。作者自身の言葉が後書きにあったが、真実とは意外にもあっけないものらしい・・・。そう、これは断じてミステリ小説などではなく、はなから誰もそんなことは言っていないのだ。私が勝手にそう思って読み進んでしまっただけで、まさに、これもまた『不条理小説』の一端にあるのではないか?と。
結局は、主人公デル・ソラールと同じく、メキシコの歴史をある意味で緻密に描いた作品だったのではないだろうか。題材はまさに歴史そのものであり、変革期にあったかつてのメキシコが本作の主人公なのだろう。この作品の裏にどれほどのものが読み取れるのか?その答えは1からメキシコの歴史を学んだ後に再読すれば得られるだろう。。。ということは、そのチャンスは訪れないのだろうな・・・。

愛のパレード (セルバンテス賞コレクション 7)愛のパレード (セルバンテス賞コレクション 7)
(2011/04)
セルヒオ ピトル

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。