* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぼくのエリ 200歳の少女』

2011/08/24 21:06 ジャンル: Category:映画【青春】
TB(0) | CM(0) Edit

〔スウェーデン〕LAT DEN RATTE KOMMA IN (2008年)
監督:トーマス・アルフレッドソン
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
カーレ・ヘーデブラント/リーナ・レアンデション/ペール・ラグナー/ヘンリック・ダール/カーリン・バーグクィスト

いじめられっ子のオスカーは12歳、友達もおらず、父親もいなかった。いじめっ子にやり返す空想を独り楽しむだけの日常だったが、住まいのある団地の中庭で不思議な少女と出会ってから、そんなオスカーの日常は変わっていく。少女の名前はエリ、雪の中を裸足で歩き、青白い顔をした美少女だった。自分とは違いはっきりとした意見を持つエリに惹かれるオスカー、エリも徐々にオスカーに心を開き始めた。そんな2人の友情の外では、残忍な殺人事件が立て続けに起こっていた。その事件の中心にエリがいることを知ったオスカー。エリは200年もの間少女のままでい続けるヴァンパイアだった・・・。

余りの高評価に、普段ホラーを観ない私も遂に借りてみた。観た。確かに、ホラーと片付けてしまうには惜しい作品ではあったのだが、好みにもよるかな?というところ。
素晴らしく詩的な作品だった。とにかく作品の隅々まで映像やセリフ、演技などが美しい。それでいて恐ろしく、残忍なシーンも多々ある。それらを凌駕して全編『詩』として成り立っているところが凄い。正直こういう詩的な作品はいささか苦手なのだが、この作品は面白く観られた。
少年と少女の瑞々しく危険な恋・・・と言いたいところだが、妙に俗っぽいところが垣間見える。エリは何よりも失いかけていた『保護者』を求めていたように思えた。普通の子供であるオスカーの方が純粋に思えるが、エリの正体を知ってからの彼の態度はちょっと意外。エリを恐怖に感じるよりも、自分が優位に立ったというかのような尊大な態度。『純粋』という言葉の意味するところが変わってきたのかな?という思いとともに、主人公達の生身の不器用さが見えた気がして面白く感じた。
エリが生きてきた200年余の年月を想い、今後この先過ごしていく膨大な年月を想い、父親の愛情を知らず傷つけられてきたオスカーを想い、互いに頼るしか生きる術を見出せなかった2人の未来を想い、なんとも切なく儚いエンディング。しかしその先に、エリを守り続けて消えていった幾人ものオスカーを想う・・・。どうせ私、O・ヘンリの『賢者のおくりもの』を読んだとき、『髪なんてどうせ直ぐ伸びるんだから、櫛を貰った女の方が絶対得じゃん!』と言ったくらいですから(注:中学の時の意見)、使い古され失われていった影の存在のほうが気になり、オスカーの未来像を明確に観た気になって妙にしこりが残った気分だった。
とは言え、純白に輝く白い雪、その雪が生み出す閉塞感、簡素な町並みなどが生み出す静謐な世界観と対象的な血塗られた事件が印象的。そうした全ての事件の裏に息づく孤独や悲劇的な愛など、隠喩に表現された悲壮感が肌身に染みる美しい映像、決して嫌いではない。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る


ぽすれん『ぼくのエリ 200歳の少女』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。