* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プチ・ニコラ』

2011/09/30 21:59 ジャンル: Category:映画【コメディ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔仏〕LE PETIT NICOLAS (2009年)
監督:ローラン・ティラール
原作:ルネ・ゴシニ
脚本:ローラン・ティラール/グレゴワール・ヴィニュロン
マキシム・ゴダール/ヴァレリー・ルメルシェ/カド・メラッド/サンドリーヌ・キベルラン/フランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾン/ミシェル・デュショーソワ/ダニエル・プレヴォスト/ミシェル・ガラブリュ/アネモーネ/フランソワ・ダミアン/ルイーズ・ブルゴワン/ヴァンサン・クロード/シャルル・ヴァイヤン

愉快なパパと優しいママに大切に育てられたニコラ、ある日学校の友達に弟が生まれたことから、自分にも弟が出来るのでは?と疑い始める。疑いは確信に変わり、必要の無くなったニコラは捨てられてしまうのだと大慌て。悪友達とつるんで、あの手この手でパパとママの愛情を得ようと努力する・・・が、結果は裏目に出てばかり。格なる上は、マフィアに弟を誘拐してもらおうと思いつく・・・。

なんとも可愛らしい映画、何かほのぼのしちゃうよねぇ~(笑)。同時に思うのは、結局やはり、『昔は良かった』ということ。60年代という平和な時代が舞台というのがまた良い。先日観た『グレッグのダメ日記』とディティールは似ているが、決定的に違うのはこの年代から生み出されるほのぼの感。『グレッグのダメ日記』を観たときは、最近の子供は大変だなねぇ~と思ったものだが、本作を観ている間中、なんとも懐かしく自分の子供の頃を思い出していた。
子供らしい勘違いと必死さ、そこに見え隠れする純真さ。ああ、、、私にもあんなとっ散らかった、傍から見たら爆笑ものの勘違いや大作戦があったあった。一番思い出されるのは、図書館の本を失くしてしまって、家中探したけれど見付からず、公共の物を失くしてしまったのは泥棒と一緒だから刑務所に入れられてしまうんだと真剣に思い悩み、遂には家出をしようと思いつめたのだが、やはり夜の街が怖くて・・・ニコラと一緒(笑)。居間にディズニーランドを作ろうと思ったこともある!
学校の先生も無条件に尊敬していたし、授業中は静かだった。休み時間は思い切り遊び、放課後は妄想と共に公園で遊ぶ。テレビゲームも、インターネットも無かったがすこぶる楽しめたあの日々。こんな子供たちは『古き良き』になってしまったのかなぁ・・・などと思いつつも、『グレッグのダメ日記』にしっかりと描かれているように『子供は子供』、普遍的な天真爛漫さがあるのだとつくづく。コミックのような幻想的な世界観、コミカルで、愛らしくて、ふと香るエスプリがなんとも小憎らしい仕上がりだ。まず40代以上の方なら、国境を越えて在りし日の自分を懐かしく思い出すだろう。
まぁなんとも可愛らしい子供達が、大人顔負けの真剣さでとんでもない計画を次々繰り出してくる。学校の先生達もおおわらわだが、これまた個性的な大人たちの面白いエピソードもたっぷり。子供たちのキャラクターはそれぞれ、まさにコミックを想起させる面白味があって、がり勉君、おぼっちゃま、貧乏人のお馬鹿さん、いじめっ子のガキ大将、ひょうきんなおどけ者、ちょっぴり印象の薄い子、太っちょ君などなど、楽しい面々が揃う。こりゃ、長らく愛されて人気が出るはずだわ。日本でも普及の人気を誇るあの漫画やあの家族など、全てこの同じ路線上にいるのが分かる。
大人でも楽しめる物語性、子供なら同調できる普遍性を兼ね備えたスキの無い正統派な良作だった。しかしどうも気になったのは、ニコラの両親が妙に老けていること。まあ、あり得ない年齢でもないのだが、あと10歳くらい若くても・・・?割と頻繁に思うことなのだが、フランスって中年に優しい国だよね~。

プチ・ニコラ [DVD]プチ・ニコラ [DVD]
(2011/05/27)
マキシム・ゴダール、ヴァレリー・ルメルシエ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『プチ・ニコラ』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。