* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メアリー&マックス』【なんとなくネタばれ】

2011/12/31 22:10 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔豪〕MARY AND MAX (2008年)
監督:アダム・エリオット
脚本:アダム・エリオット
トニ・コレット/フィリップ・シーモア・ホフマン/エリック・バナ/ベサニー・ウィットモア 幼いメアリー

オーストラリアに暮らす8歳のメアリーは、友達も家庭も滅茶苦茶だった。孤独な日々を埋めようと、偶然選んだアメリカの誰かさんに手紙を送ってみた。一方アメリカでそんな少女からの手紙を受け取ったのはマックス・ホロウィッツ。40歳を過ぎた肥満体の孤独な男で、アスペルガー症候群を治そうとセラピーに通っていながら、そんな自分の日常をメアリーに書いて送った。孤独な心が呼応したのか、チョコ好きの同盟が結ばれたのか、年齢も国境も越えた2人の長きに渡る文通が始まった。

予告や作品紹介からも、何やら猛烈に良さそうな匂いが漂ってくるじゃないかぁ!と期待値マックスで観始めた。なるほど、こういうお話ね、こういうテイストなのね。何となく・・・期待していたのとは違うような気が・・・する。
私の感性が鈍っているのか、メアリーとマックスの友情の強さが余り伝わって来なかったのね。そういうものだ!と思い込むことしかできなかった。その結果、成長したメアリーの行動にマックスが激怒したのは分かるが、そので傷つけられた友情の重みや意味が薄れてしまったというか・・・。
想定内で良いお話だったとは思うし、アニメーションは可愛すぎずに好みだった(笑)。なんとも可愛気の無い感想でお恥ずかしい限りだ。
しかしここから挽回させて頂きたい。『友情』が生まれる根拠や原因とは何だろう?現代において、『友情』という言葉や実態は軽んじられているのではないだろうか?年齢や距離や性別などで、得られる友情の幅を狭めてはいないか?友情を築く上で、損得勘定や打算は芽生えていないだろうか?時にこうして、全ての障害を取り払い、顔すら知らずに人間性の根本で付き合える友情が得られる。
人との出会いが容易になり、インターネットを通して世界中の人々と安易に知り合えるようになった昨今、こうした心で繋がりあえてぶつかれる友情の物語はいつだって美しい。(綺麗にまとめようと必死)

メアリー&マックス [DVD]メアリー&マックス [DVD]
(2011/11/02)
フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレット 他

商品詳細を見る


ぽすれん『メアリー&マックス』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。