* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メタルヘッド』

2012/03/02 15:17 ジャンル: Category:映画【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕HESHER (2010年)
監督:スペンサー・サッサー
脚本:スペンサー・サッサー/デヴィッド・ミショッド
ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ナタリー・ポートマン/レイン・ウィルソン/デヴィン・ブロシュー/パイパー・ローリー/ジョン・キャロル・リンチ/フランク・コリソン/オードリー・ヴァシレフスキ/ポール・ベイツ

交通事故で母を亡くし、祖母の家で暮らすことになったTJ。父は虚脱状態から抜け出せず一日中そソファーから離れず、TJは心の傷が癒えずに鬱憤が溜まっていた。そんな時出逢ったヘッシャーは、長髪で体に大きなタトゥーを刺れ、薄汚れた格好をした狂気染みた男だった。突然現れたヘッシャーは、なぜかTJの家に居座ってしまう。一方、スーパーの駐車場で不良に絡まれたTJは、レジ係の二コールに助けて貰い、彼女に淡い気持ちを抱き始める・・・。

そこそこまとまっていて、まずまず観られた作品だった。ハリウッドの新鋭が本当かは知らないが、今後を期待させる・・・気がしないでもない監督作品だとは思う。それにしても、ヘッシャーって何なんだ!?
とことんエキセントリックで意味不明な男が、悲しみに暮れる家族を救う。こうした映画の場合、その男の狂気の根本に意味があり、しかし観客を戸惑わせるほどブチ切れており、異様なまでの印象を残すものだと思うのだが、とにかくヘッシャーが中途半端。家族に絡んでいるようで全く絡んでおらず、TJはまさに振り回されただけで独りで立派に脱皮していく。ヘッシャーの存在なんて何の意味も無かったよね、J・ゴードン=レヴィットは頑張っていたけども。
見方を変えれば、母親の死から目先を変える問題を提示したに過ぎないヘッシャー。強烈であるはずの存在が全くぼやけていたので、結果的に作品全体がぼやけてしまうのは無理ない話。脚本が悪かったのか演出家が悪かったのかは解らないところなのだが。
N・ポートマンは何をやっていても可愛いから良いのだが、二コールに関してもTJと出会ってどうしたわけでもなく、単なる出会いを描いただけで精神的な作用にまでは至っていないように思う。あえて映画として語るなら、ただ出逢った事実を表現しても面白味としてはいまいち。
雰囲気は悪くなかったのだが、全体的に表面的だけという印象は拭えず。かと言ってグズグズな駄作というわけは無いので、これからに期待かな~というところ。

メタルヘッド [Blu-ray]メタルヘッド [Blu-ray]
(2011/09/21)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


ぽすれん『メタルヘッド』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。