* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジュリエットからの手紙』

2012/03/02 20:52 ジャンル: Category:映画【ロマンス】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕LETTERS TO JULIET (2010年)
監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:ホセ・リベーラ/ティム・サリヴァン
アマンダ・セイフライド/クリストファー・イーガン/ガエル・ガルシア・ベルナル/フランコ・ネロ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/マルシア・デボニス/ルイーザ・ラニエリ/マリナ・マッシローニ/リディア・ビオンディ/ミレーナ・ヴコティッチ/ルイーザ・デ・サンティス/ファビオ・テスティ

婚約者ヴィクターとプレ・ハネムーンでイタリア・ヴェローナに来たソフィだったが、自信のレストラン開店に向けた準備に忙しいヴィクターは、料理のことしか考えていなかった。独りぼっちにされて暇を持て余したソフィは、『ロミオとジュリエット』の舞台であるジュリエットの家であるボランティアの女性と知り合いになる。ジュリエットの家の壁に無数に挟まれた恋の手紙に返事を書くそのボランティアは、ライター志望のソフィの気持ちを動かした。彼女等を手伝い始めソフィは、壁の奥深くに隠された50年前の手紙を見つける。手紙の差出人クレアに返事を出したところ、本人がイタリアへやってきた。孫のチャーリーと3人で手紙の相手ロレンツォを探すことにし、彼らは50年前の恋の足取りを追って旅に出る。

おっそろしいぐらい定石を逸脱しない展開、ラストまで完璧に予想できる物語、果ては演出すら想像通りのベタな出来。正直最後まで観て驚いた、なんて、なんて教科書どおり、ニコラス・スパークスが悔しがって3日間自棄酒飲んじゃうんではないか?と思われるほど。
それでも結構面白かったよ、というのは、何百年も前から変わっていない男女間のロマンスの王道を全て詰め込んだ安心感だろうか。そしてイタリアの美しさ、主演のA・セフライドの愛らしさ、V・レッドグレーヴの穏やかな美しさ、G・G・ベルナルの必死ゆえの滑稽さ・・・のお陰だろうか。
とにかくもう、ハーレクインロマンスか!?と思うほどの展開である意味失笑。しかしながら、女子たるもの、これを甘く見てはいけません。イタリアの美しさにうっとりしつつ、安直な恋愛ドラマを楽しむが良いのです。何しろどこもかしこもハッピーエンド、たまにはこんな作品も良いじゃないですか、ねぇ?
それにしても、私個人としてはヴェローナには余り良い思い出が無い。確かジュリエットの家にも行ったはずだが、余り良くない思い出に掻き消されているようだ。映画だとなんだか楽しそうな町並みだったが、私が覚えているのは駅から遠い旧市街と、比較的近代的な町並みと、曇った空、ミラノの暗澹たる思い出・・・。この映画を観て少しでもあの悪夢が消え去れば・・・。

ジュリエットからの手紙 [DVD]ジュリエットからの手紙 [DVD]
(2011/11/25)
アマンダ・セイフライド、ガエル・ガルシア・ベルナル 他

商品詳細を見る


ぽすれん『ジュリエットからの手紙』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。