* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕たちのアナ・バナナ』

2012/03/07 22:18 ジャンル: Category:映画【ロマ・コメ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕KEEPING THE FAITH (2000年)
監督:エドワード・ノートン
脚本:スチュアート・ブルムバーグ
ベン・スティラー/エドワード・ノートン/ジェナ・エルフマン/アン・バンクロフト/イーライ・ウォラック/ロン・リフキン/ミロス・フォアマン /ホーランド・テイラー/リサ・エデルスタイン/レナ・ソファー/スージー・エスマン/ブライス・オーファース

N.Yに暮らすジェイクとブライアンは幼馴染。ジェイクはラビ、ブライアンは神父として共に神の道を歩んでいた。若い2人は伝統に縛られずに教会活動を行い、人気が高くて今ではちょっとした有名人だ。そんな2人の元に、幼い頃に親友だった大切な女性、アナが訪ねてくると言う。また3人で仲良く過ごせると喜んだ2人だったが、成長したアナは美しく聡明な女性になっていた。子供の時のような楽しい時間を過ごす3人だったが、次第に彼らの気持ちに変化が現れ、ラビと神父としての立場が思わぬ障壁になってしまうのだが・・・。

観たかった、随分長いこと観たかった。これまでも観るチャンスがニアミスであったのだが、その度に、ゴルフのボールがホールの僅か数ミリを通過してしまうかのごとく、僅かなチャンスをものにできずにいた。その期間、制作年から考えても10年くらい経過していると思われる。ようやく神が私にほほ笑んだ、なんだかもう、感無量だよね(笑)。
そんな熱い思いも相まって、感想は極力温かい目線で書きたいと思う。というかやはり、制作から12年の時を経てしまうと、いささかの古さを感じずにはいられないのよ。物語はさすがにE・ノートンが手を出すだけあって単純なロマ・コメ路線ではないものの、N.Yで暮らすラビと神父という設定の面白さが日本でどれだけ伝わるか?というと微妙かも。
なおかつ、神父という職業の特異性は時に牧師のそれと混同されがち、アイリッシュ系のブライアンが神の道を捨てると思い詰めるにはかなりの根性がいったと思うが、その辺がいとも簡単に描かれているのは惜しい。何せタイトルは『KEEPING THE FAITH』な訳ですから。
今やすっかり良い中年となった俳優陣の若き姿を楽しみつつ、B・スティラーがいけてる男子役なのも面白がりつつ、時々、それこそ10年に一度くらいコメディをやるE・ノートンの貴重な姿を楽しみつつ、そういえばJ・エルフマンってどこ行った!?とか思いつつ。←最近の写真拝見しましたが、やはり今でもお綺麗です。
まぁ・・・随分長いこと観たくてようやく観られた私は大変満足なのだが、そんな思い入れが無いと極々普通の友情&恋愛ドラマかなと、思われる。

僕たちのアナ・バナナ [DVD]僕たちのアナ・バナナ [DVD]
(2003/08/20)
エドワード・ノートン、ベン・スティラー 他

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。