* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕が結婚を決めたワケ』

2012/03/07 22:24 ジャンル: Category:映画【コメディ】
TB(0) | CM(0) Edit

〔米〕THE DILEMMA (2010年)
監督:ロン・ハワード
脚本:アラン・ローブ
ヴィンス・ヴォーン/ケヴィン・ジェームズ/ジェニファー・コネリー/ウィノナ・ライダー/クイーン・ラティファ/チャニング・テイタム/エイミー・モートン/チェルシー・ロス/ランス・ハワード/クリント・ハワード

親友ニックと起業したロニーは、恋人ベスとの結婚を遂に決意する。ロマンチックなプロポーズを画策していた矢先、ニックの妻ジェニーヴァが浮気している現場を目撃してしまう。親友の危機は自分の危機。重要なプレゼンを前にして、繊細なニックに真実を話すべきか思い悩むロニー。なんだかんだでプロポーズどころではなくなってしまうのだが・・・。

R・ハワードって本当にほんとぉぉぉぉ~~~~~っに、良く分からないおじさんだ。例えば『フロスト×ニクソン』『ビューティフル・マインド』『遥かなる大地へ』の監督であり、反面『グリンチ』とか本作の監督でもある。なんだか時々踏み間違える、、、何かを、大きく、外す。
それ以外でも、『型通り』の監督という印象がある。30年くらい前の教科書を、今も忠実に教えとして守っているような無理の無さというか、遊びの無さというか。綺麗ではあるのだが、面白みは削がれてしまうよね。
本作は、いわゆるちょっぴり感動友情ロマンス系。ロニーとニックの友情を軸に、それぞれの恋愛や結婚を描いているが、あくまでもメインは男の友情。笑いすら全くぶれる事の無い仕上がりなのだが、そのセンスがどうにも時代錯誤に感じてしまう。
個人的にいまいち理解できなかったのが、ロニーが友人に浮気を隠すばかりか、恋人ベスにも言わないところ。確かにそれで初めて物語が転がっていくのだが、その設定に無理がある気がしてしまう。なんで『俺1人で解決しなくちゃいけないんだ!』とかってなるんだろう?愛するベスに相談してこそなのでは?
コメディ俳優としては嫌いじゃないV・ヴォーンとK・ジェームズの共演だし、何しろJコネリーは冗談みたいに美しいし、コメディとしては個人的に楽しめる要素は十分だったんだけどね。それにしてもこの、80年代臭さは何とかならないのかしら?
長いこと若々しさを保っていると思い続けていたW・ライダーにとうとう老化の波が押し寄せている事にいささかの狼狽を覚えつつ、小奇麗にまとまった役者陣の中では断トツの異彩。あの味わいの彼女がもっとフューチャーされても良いと思うわよ。珍しく頭の軽そうな筋肉男役だったC・テイタムと妙にお似合いで(笑)。
本作で最も称えられるべき個所は、もしかしたらC・テイタムのキャスティングだったような気が・・・する?ちなみに、Q・ラティファは勿体ないくらい印象薄かったわぁ。

僕が結婚を決めたワケ [DVD]僕が結婚を決めたワケ [DVD]
(2012/05/09)
ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズ 他

商品詳細を見る


ぽすれん『僕が結婚を決めたワケ』紹介

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。