* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キック・アス』

2012/05/03 10:52 ジャンル: Category:映画【戦争・アクション】
TB(1) | CM(0) Edit

〔英/米〕KICK-ASS (2010年)
監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー/ジョン・S・ロミタ・Jr
脚本:ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン
アーロン・ジョンソン/クリストファー・ミンツ=プラッセ/マーク・ストロング/クロエ・グレース・モレッツ/ニコラス・ケイジ/ギャレット・M・ブラウン/クラーク・デューク/エヴァン・ピーターズ/デボラ・トゥイス/リンジー・フォンセカ/ソフィー・ウー エリカ/エリザベス・マクガヴァン

人気者でもなくオタクでもない高校生のデイヴは、なぜ誰もヒーローになろうとしないのか?と疑問を持ち、ネットで見つけたスーツを着て夜の街のパトロールを始めた。偶然遭遇したチンピラの喧嘩に果敢に挑み、その姿がネットで公開されて『キック・アス』として一躍話題となったデイヴ。調子に乗って片想いの彼女の頼みでキック・アスとして乗り込んだ先で、あわや危機一髪!というところで『真』のスーパー・ヒーローに助けられる。裏社会のボス、ダミコに復讐心を燃やすデーモン(ビッグ・ダディ)とその娘ミンディ(ヒット・ガール) は、長年の鍛錬の末手に入れた見事な戦術があったのだ。格の違いを見せ付けられて落ち込んだデイヴはキック・アス引退を決意する。しかし、数々の取引をビッグ・ダディによって阻止されたダミコは、ヒーロー=キック・アスと結論付け、彼の抹殺を決意するのだった・・・。

別に狙ったわけではないのだが、TSUTAYA利用者ではない私としては、観られる時がチャンス!だったので、たまたま『スーパー!』と続いてしまっただけでして(笑)。
オタクですらない、何の取り柄も無い男がチープな衣装に身を包み、勝手にスーパー・ヒーロー宣言をするというベースは同じだが、それ以外は当たり前にぜんぜん違う。お気楽なコメディかと思いきや、意外にも凄惨なシーンがかなり含まれているくせに、妙に日常的であるというアンバランスさは一緒かな?
大体これ、主役はミンディ(ヒット・ガール)でしょ?デイヴは特にいてもいなくても良かったよね?というか、ビッグ・ダディとヒット・ガールにしてみれば、確実にいないほうが良かったよね(笑)。物語に上手く絡めていたようで、実は微妙にすれ違っていたキック・アス。
M・ヴォーン監督は好きなので、かなり楽しく見られた。(勝手に思うところの)M・ヴォーン監督作品の特徴としては、いくらでもスタイリッシュになれるはずなのに、あえて俗っぽくして大衆的な娯楽度を上げているところだ。
なので時々、押さえ切れないおしゃれ度やスタイリッシュさが出てしまう(笑)。一度、とことん感性剥き出しにした作品を観てみたい気がするのだが・・・。なんて、もしかして単にお洒落さんに見えるだけのおっさんだったりして?いやいや、そんな男にクラウディア・シェーファーが惚れるわけが無い!
閑話休題・・・。モテない取り柄無い目立たない痛い高校生のはずのデイヴだが、演じるのがA・ジョンソンじゃぁ、、、無理あるわな。あの髪型すらキュートに見える、恐るべし旬の男。黒ぶちデカメガネがあれほど妨げにならない美形さんも珍しいわよね。ということで、キャスティングにはいささかのわだかまりを覚える。
親友役の2人は、画面に出た瞬間ダメ高校生だな・・・とオーラが噴出しているのだが、その片割れのE・ピーターズは実は結構可愛い子。『アメリカン・ホラー・ストーリー』をご覧の方ならピンと来るはず。A・ジョンソンは桁違い、という向きもあろうが、役者たるもの、演技1つで自分の大切な何かをあれほど見事に消してしまえるというのも重要だわ。
ということで、イギリス出身のM・ヴォーン監督のもう1つの特徴は、とかく通好みの配役だ。この件では語りだしたら止まらないこと請け合いなので、あえて貝のごとく口を閉ざす方針で行く。
ただあえて言わせて頂くならば、ただいま話題真っ盛りのC・G・モレッツに、可愛いだけじゃない、ただならぬものを感じた。大方は代役なのだろうが、それとわかるアクションシーンも結構ハードで、何より、あのようなすれた役を『演技』で立派にこなすその役者魂、見事だ。この後一気に旬な女優にまで上り詰めただけはある。売れても発言がいちいち優等生なのも見事だ、大人顔負けのプロの顔を持つティーン、今後がとても楽しみな俳優なんである。
とまぁこのように、俳優のことを書くと止まらないのでこの辺で・・・。そういや?N・ケイジがなぜこの映画に?と配役当初不思議だったが、観て納得。しかもここ最近の趣味だけ満喫した駄作と比べると、かなりましな感じだった・・・いやもう、この辺で辞めておこう・・・。

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
(2011/03/18)
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ 他

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『キック・アス』】
〔英/米〕KICK-ASS (2010年)監督:マシュー・ヴォーン原作:マーク・ミラー/ジョン・S・ロミタ・Jr脚本:ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーンアーロン・ジョンソン/クリ
[2012/05/05 13:26] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。