* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダンデライオン』

2012/05/19 21:51 ジャンル: Category:読書【ヤングアダルト】
TB(1) | CM(0) Edit

メルヴィン・バージェス 著/池田 真紀子 訳/東京創元社
14歳のタールは、父の暴力に耐えかねて家出をした。その恋人で同い年のジェンマは、両親の監視から逃れるために家出をした。都会で落ち合った幼い2人は、アナーキスト達が開放する空き家で暮らし、自由や安全を謳歌すると共に、次第にドラッグに溺れて行った。数年の好き放題の暮らしの末、ジャンキーに成り下がった2人。それでも理想を持ち続けた彼らの行く末は、破滅の淵か、再生への道なのか?

私個人としては、この作品を爽やかな青春小説だとか、感動的な再生の物語だとかは受け取れない。ジェンマは最初から最後まで救い難いし、最初は同情したタールも、次第に単なる腑抜けに感じられてきた。
本作と『トレインスポッティング』を比較する方が多いようだが、あの同調不能の狂気の中に隠された良く練られた物語、友情や恋などが絡むドラマなど、本作とは全く毛色が違うと思う。
つまらなかったわけではないが、ただ余りにもリアルだったのではないか?と思う。私は知り合いにジャンキーなどいないので実態は解らないが、著者が冒頭で表したように、実体験に基づく真実を描いたが故の救いの無さ、なのではないか?と。物語があるようで、実はない。そう感じてしまったのだ。
物語中頃までは、ジェンマの身勝手な保身が余りに子供らしくて苦笑いしつつ、若干イライラさせられつつ、しかしタールの健気な心情にやきもきしたり、それなりに楽しめた。登場人物それぞれの語りが入れ替わる手法で描かれているのだが、そうしたジェンマの身勝手さを見るタールだとか、それぞれの視点に立った目線の違いを感じる面白さ・・・には余り活かされていなかった。
どこまでも身勝手にドラッグに落ちていく若者。単に弱いだけなのに、それに理屈を付けて自分を正当化する様は滑稽すら通り越してしまう。その先にあるのが怒りなのか何なのかわからないまま読み進め、あのなんとも言えないラストで虚脱。
結局のところ、あの虚脱感を表したかったのか?だとしたら、ヤングアダルトに分類するのは間違いだろうな。タールとジェンマの生活に憧れる子供達は残念ながらたくさんいそうだし、ラストのあの虚無感を感じ取って恐怖を覚える子供は少なそうだ。
ラスト、この物語の最後に見出せるのは若者の希望か、それとも悪循環なのか?物語としては希望だと思いたいのだが、現実は?きっと多くの悪循環で満ちているんだろうなぁ・・・などと少し虚しくなった。ある意味で、奇麗事ではない若者の姿。色々な意味で多感な青春の時期を描いている作家の、また別の一面を見た気持ちになった。

ダンデライオンダンデライオン
(2000/02)
メルヴィン バージェス

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『ダンデライオン』】
メルヴィン・バージェス 著/池田 真紀子 訳/東京創元社14歳のタールは、父の暴力に耐えかねて家出をした。その恋人で同い年のジェンマは、両親の監視から逃れるために家出をした...
[2012/05/20 03:21] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。