* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリスおばさんモスクワへ行く』

2012/06/06 22:54 ジャンル: Category:読書【シリーズ】
TB(1) | CM(0) Edit

ポール・ギャリコ 著/亀山 竜樹・遠藤みえ子 訳/fukkan.com
ロンドンの通い女中のアダ・ハリスことハリスおばさんは、最近顧客になったロックウッド氏の恋人でありロシア人のリズを救うロマンスを暖めていた。と同時に、出始めたばかりのカラーテレビが欲しい!という現実的な欲望もあった。バターフィールドおばさんと出かけた組合のクジでカラーテレビを当てようと奮発したおばさんは、替わりに鉄のカーテンの向こう側、ロシア旅行を当ててしまうのだった。ならばロックウッド氏の為に一肌脱ごうと決心したおばさんだったが、その熱意が思わぬ展開を呼び・・・。

子供の頃の愛読書・・・と言えば語弊があるが、幼い頃は読書が大嫌いだった私が読んで、心に残った数少ない作品の1つ・・・のシリーズファイナルである。大人になって完成版を読んで初めて、この作品の面白さに目覚めたわけだが、実直で威勢が良くて大らかで短気(笑)なハリスおばさんとも、これでお別れかと思うと残念至極なんである。今回も若い2人のロマンスを取り持ったおばさんだが、ご自信のロマンスはどこへやら?ロールスロイスと共に走り去っちゃったの?
このシリーズを読んでいて毎回思うのは、作者の愛が存分にハリスおばさんに注がれていると感じること。紛れも無い愛情を感じる描写を読んでいると、もうそれだけで楽しい気持ちになってくる。
数々の無理難題を陽気に、場当たり的に乗り切ってきたハリスおばさんは、今回鉄のカーテンの裏側へ行く。正直言って、ここまで書いて大丈夫なのか?と感じる旧ソビエトの描写だ。思い返せば子供の頃、ソビエトのバレー選手に憧れて、『あたし絶対ソビエトに行く』と夢見る発言を繰り返していた際、諭すように脅すように母に言われた言葉そのまんまの描写だったのが笑えた。
特に良く言われたのは、『ソビエトに行ったら捕まって帰って来られなくなっちゃうから!』というものだったが、果たして、今回のハリスおばさんにも同様の窮地が!?その後、アエロフロート・ロシアのヘビーユーザーになりかかっていた頃訪れた空港には、結構良い思い出があるのだが・・・。
ともあれ、いつも通りロマンスたっぷり、ユーモアたっぷり、豪快さたっぷりで描かれたハリスおばさんとバターフィールドおばさんの冒険、今回はいささか辛辣な社会風刺なども織り交ぜ、最後までたっぷり楽しませてくれた。これでお別れなんて・・・、いやいや、ハリスおばさんはイギリスの片隅にて永遠なのです。

ハリスおばさんモスクワへ行く (fukkan.com)ハリスおばさんモスクワへ行く (fukkan.com)
(2005/07/01)
ポール ギャリコ

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『ハリスおばさんモスクワへ行く』】
ポール・ギャリコ 著/亀山 竜樹・遠藤みえ子 訳/fukkan.comロンドンの通い女中のアダ・ハリスことハリスおばさんは、最近顧客になったロックウッド氏の恋人でありロシア...
[2012/06/09 05:38] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。