* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルイユから遠くはなれて レーモン・クノー・コレクション 6』

2012/06/07 22:40 ジャンル: Category:読書【コメディ・その他】
TB(1) | CM(0) Edit

レーモン・クノー 著/三ツ堀 広一郎子 訳/水声社
パリ郊外のルイユで暮らすジャックは、映画を観れば画面の中へ、白昼夢では貴族に英雄に、自分の『あるはず』の姿を思い描いていた。大人になったジャックは製薬会社で働いていたが、とある旅芸人の一座と出会ってルイユを飛び出した。意にそぐわない役者をやりながら、いまだ人生に迷いがあるジャック。幾多の女性と恋に落ちつつ行き着いた先は・・・?

レーモン・クノーと言えば『地下鉄のザジ』。『地下鉄のザジ』と言えば・・・最後まで観られなかった映画・・・。どっぷり私の苦手なタイプのフランス映画・・・。しかし本書を読んで良く解った。きっとこの方の作品は映画にするのが難しい!
読書中ずっと頭に浮かんでいたのは、映画『ビッグ・フィッシュ』。とは言え、本作の方が遥かに現実的と言える。ジャックの妄想はさほどでもなく、子供の頃に映画の中に入ってしまったり、自分は高貴な出なのだとか、そんな風に考えるのは割合普通のこと?なのではと思う。
どちらかと言えばナルシストで高慢な男であるジャックだが、その姿を描写していくと、突き詰めてファンタジックな様相を呈してくるのだ。確かに、現実社会でもナルシストで高慢な男って、どこか滑稽というか浮世離れしているというか(笑)。
翻訳に苦労したと言う原文らしいのだが、その苦労の跡が十分に伺える仕上がり。ご苦労されたろうな、と思うと同時に、その苦労が報われるであろうコミカルで言葉遊びに満ちた筆致だった。
全編通して、存在感がありつつ掴み所の無い詩人のデ・シガールとしらみがキーワードだ(笑)。しらみが大真面目に展開の要となって散りばめられている。この辺りだけでも、大分人を食った飄々とした雰囲気が感じられないだろうか?
たぶんに散りばめられた言葉遊びと独特の雰囲気、もちろん映画化されたものは高い評価を受けてはいるが、この方の作品は個人的には文章で楽しむほうが良いな。

ルイユから遠くはなれて (レーモン・クノー・コレクション)ルイユから遠くはなれて (レーモン・クノー・コレクション)
(2012/02)
レーモン クノー

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『ルイユから遠くはなれて レーモン・クノー・コレクション 6』】
レーモン・クノー 著/三ツ堀 広一郎子 訳/水声社パリ郊外のルイユで暮らすジャックは、映画を観れば画面の中へ、白昼夢では貴族に英雄に、自分の『あるはず』の姿を思い描いていた...
[2012/06/09 15:24] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。