* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『山羊の島の幽霊』

2012/06/18 22:31 ジャンル: Category:読書【幻想・奇想・奇譚】
TB(1) | CM(0) Edit

ピーター・ラフトス 著/甲斐 理恵子 訳/武田ランダムハウスジャパン
愛妻をお産で亡くしたシプトンは、死ぬために孤島にやってきた。そこでピストル自殺を図るが失敗、その代わりとでも言うのか、フィンチと名乗る幽霊と出逢う。威圧的で横柄なフィンチは、シプトンに『復讐』を果たして欲しいと持ちかける。彼の生前の恨みを晴らすため、遠方『大学』へやってきたシプトンだったが、命令ばかりで役に立たないフィンチに苛立ち、巨大な要塞のような大学内部に辟易していた。一向に復讐の全貌が明かされないまま、人生に行き詰まった男が遭遇した奇想天外な出来事とは?そして復讐はいかなる結果を生むのか?

若手作家が『頑張りました!』感は伝わってきたのだが?これはもう、本当に『ごめんなさい』なのだが、『大学』が登場した瞬間から私の脳内を占めたのは先に読んだ『夢宮殿』。
文章運び、雰囲気、構成などを総合して、個人的好みは『夢宮殿』の方が上だったので、どうしてもいちいち文脈を比べてしまう。だから『ごめんなさい』なのだ。
不条理と意味不明は紙一重、この匙加減は作者が決めるのか、読者が決めるのか?難しいところだとは思うのだが、シンプルで深淵なのが不条理、なのではないかな?ダニイル・ハルムスのようなね(笑)。となると、図書館員の暴動の辺りから不条理を通り越して意味不明に突入し、その後その強引さが加速度を増していくばかり。
オチに近付くと共に暴挙的雰囲気は落ち着いていくのだが、逆にそうくるか!?と。逆説的な意外性を狙ったオチなのかも知れないが、なんだか妙に正統派なオチに思えてしまって・・・。うん?結局どうしたいのかな?という激しいモヤモヤが残った。
著者はこうした作品を多く上梓しているようなので、これが結局到達点なのかとば口なのかは不明。結局のところ、こういう作品は読み手の微妙な好みに大分左右されるよね・・・ということで、私てきには微妙な結果だったのだ。

山羊の島の幽霊山羊の島の幽霊
(2008/09/19)
ピーター ラフトス

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『山羊の島の幽霊』】
ピーター・ラフトス 著/甲斐 理恵子 訳/武田ランダムハウスジャパン愛妻をお産で亡くしたシプトンは、死ぬために孤島にやってきた。そこでピストル自殺を図るが失敗、その代わりと...
[2012/06/24 05:34] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。