* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイラム・ホリデーの大冒険 上・下』

2012/07/09 22:11 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

ポール・ギャリコ 著/東江 一紀 訳/ブッキング
14年間、地味に新聞の校正員として働いてきたハイラム・ホリデーは、長年の夢を叶えるべく、突然巡ってきた長期休暇を利用してヨーロッパへと旅立った。1939年、時正に世界が対戦へと突き進んでいる頃だった。ロンドンでハイジという美しい女性とその甥ペーターと出会ったホリデーは、何者かに追われているという2人を無事にフランスへと逃がすことに成功する。ヒーローに憧れて鍛錬を積んできたホリデーは、実は射撃にフェンシングに武術に長けた男だったのだ。そして何より、純真たる騎士道と正義感に満ち溢れていた。ロンドンでの窮状を切々と綴った記事が本社の目に留まり、校正員から一躍ヨーロッパでの記者に昇進したホリデーは、次なる任地フランスで美しいハイジの消息を追う。しかしそれが、思わぬ冒険の幕開けとなるのだった。

愛らしい装丁、P・ギャリコという作家の印象から、愛すべきハリスおばさんや、ジェイニーなどと言った穏やかなる物語を想像していた。お子様が読んでウキウキわくわくしちゃうような、楽しい冒険活劇かな?くらいに。
なんのどうして!『ポセイドン・アドベンチャー』なんかも書いてる作家だったっけ。わたし個人としては、これはもう社会派作品と読んでしまっても良い気持ちですらある。
やはり子供向けの作品らしく、最初は大分多い振り仮名に読み慣れなさを感じてしまったが、途中から逆に、これはお子様が読んでも大丈夫なのかな?と。中学生くらいならなんとか・・・?などと考えていた。
決定的な戦況の激しさを増す直前のヨーロッパで、ホリデーはイギリス、フランス、オーストリア、イタリアなど、後に第三帝国、ファシズムに苦しめらる国を巡る。中でもオーストリアのある女王ハイジとの出会いや繋がりは、ホリデーの更なる窮状を招き、しかし彼の内に眠る情熱を呼び覚ましていくのだ。
1939年頃のヨーロッパ情勢は、読書を楽しむ知的なお子様にはわけないことなのかも知れない。しかしながら、ホリデーのロマンスはどうだろう?
太めで冴えない風貌のホリデーだが、ヨーロッパでの旅を通して持ち前の精神と同様、精悍な風貌に替わっていくらしい。おまけに、どこか憂いを帯びた真青で実直な瞳は(大分誇張入ってますけど)、女性を不思議と虜にしてしまう魅力があるらしいのだ。
そんなホリデーが思いを寄せるのはハイジ王女。その身分差に苦しみつつも悩むホリデー氏はいささか色っぽく、ドイツで出会った女公爵とのロマンスに至っては・・・。あの刹那的で傷つけ合う愛、解るかなぁ~、伝わるかなぁ~、大分セクシーな緊張感があって、結構ドキドキできますけど?
翻訳に関しても、最初こそ当たり障り無く優しい雰囲気で訳していたようだが、この頃にはもう普通の大人向け作品ばりの文章運び。純真無垢な小学生とかがお母さんに色々聞いちゃったら大変だろうな・・・。逢うべきではないのに、その危険が、お互いの身体が、余計に想いを熱くして引き寄せるなんて?むしろそれを理解する子供がいても、何だか嫌なのではあるが。
・・・とまぁとにかく!戦火に怯えるヨーロッパの国の人々の姿を生々しく伝える作品なのです(大分強引に)!後書きに詳しいが、実際に本作は取材も行われつつ1939年当時に描かれたそう。その後の状況を予見するかのようなホリデーの記事や思想は、作家たるもの、これほどの鋭い視点が必要なのかと感嘆するほど。
繰り返すが、全てが公になった戦後に書かれた作品ではないことを、十分に考えてお読みいただければと思う。男性は心の中に眠る(起きてても良いですが)騎士道精神を呼び覚まし、ホリデーの活躍に胸躍らせ、女性は愛する人の為に闘う男性のロマンスにちょっとドキドキしながら楽しめるだろう。

ハイラム・ホリデーの大冒険 上ハイラム・ホリデーの大冒険 上
(2007/05/30)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る



ハイラム・ホリデーの大冒険 下ハイラム・ホリデーの大冒険 下
(2007/05/30)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。